利用者:Higrik/Sandbox
[Uncyclopedia|▼Menu]

利用者:Higrik/Sandboxとは、どっかの馬鹿が主に書き加えを行ったどうしようもない記事を保管しておく場所である。これにより元記事が消されても誰も気にしない。この利用者ページの内容を消されると変態が悲しみますのでおやめください。

この項目「Higrik/Sandbox」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)

『絶対にググってはいけない言葉』(ぜったいにぐぐってはいけないことば)とは、Googleなどの検索エンジンにてサーチすると、直接的、あるいは間接的に精神に何らかの悪影響を与える、あるいはPC二悪影響のあるサイトにリンクされる言葉のことであり、代表例としてhigrikなどがあげられる。
目次

1 概要

2 実例

3 概要

4 ストーリー及び設定

5 ステージ作成

6 反響

7 そのほか

8 脚注

9 概要

10 歴史

10.1 初代(永遠の17歳)

10.1.1 派生車種

10.1.1.1 シロッコ(Scirocco)

10.1.1.2 ジェッタ(Jetta)

10.1.1.3 キャディ(Caddy)



10.2 二代目(永遠の19歳)

10.2.1 派生車種

10.2.1.1 ゴルフシンクロ(Syncro)

10.2.1.2 カントリー(Country)

10.2.1.3 コラード(Corrado)



10.3 三代目(心機一転)

10.4 四代目(さらに心機一転)

10.5 五代目(なおさら心機一転)

10.6 六代目(実は中の人は5代目)

10.6.1 シロッコ

10.6.2 エステート

10.6.3 かぶりおれ


10.7 七代目


11 関連項目

12 脚注

13 概要

14 主な人物

15 主な配下の一覧

16 概要

17 具体的に成功させる方法

18 成功例

19 失敗例

20 効果

21 結論

22 関連項目

23 その神々しい能力

24 未確認情報

25 脚注

26 外部リンク

27 経歴

28 人物

29 主な得意技

30 タッグパートナー

31 主なライバル(被害者)

32 追記

33 脚注

34 会社の歴史

35 主な牧場

36 口蹄疫伝播に関して

37 風評に関して

37.1 和牛預託商法

37.2 口蹄疫伝播

37.3 黒幕

37.4 ネット検索


38 まとめ

39 関連項目

40 脚注

概要

検索禁止用語の種類としていくつかの種類があげられる。

PC被害検索されたサイトにアクセスするとPCにウイルスやキーロガー、マルウェアなどを埋め込むものである。例:

嫌悪感事故画像や変色した死体などの画像や映像が表示されるものである。


ドッキリ最初は普通の見た目であるが、開いていると悲鳴と恐怖画像が現れるものである。


恐怖の神秘いわゆる都市伝説やオカルトなどの内容である。


精神破壊Webページを見た人の精神に悪影響を与えたり、不安にしたりするものである。


畸型/奇病検索すると、各種理由により外見上異常を呈するものの画像が表示されるものである。グロテスク系画像とは異なるので注意が必要。


反道徳検索すると非常識であったり反道徳的な行為が表示されるものである。例:

電波検索すると、一般の人間とは少し、あるいはかなり波長のずれた意見や主張などが表示されるもの。


変則生物通常の生物とは異なる、あるいは通常の生物が持っていない能力を持つ動物など。


悲劇救いようのない物語などで、検索者の精神的に不安にさせたり、滅入らせるもの。


エロ系通常の人には理解できないような性的な表現。

真理あまりにもあまりなので知ると危険な真実。

ネタいろいろ。
実例

禁則事項リトルビックプラネット(通称:LBP)とは、体長7cmの藁人形がバカみたいにピョンピョン跳ねる、2011年1月の時点ではPS3PSPのみで発売されているゲームソフトである。
概要

このゲームソフトはソニー・コンピュータエンタテインメントにより[1]PS3用ソフトとして2008年10月30日に日本にて[2]発売された。

このゲームは基本的には3Dで構成された横スクロールタイプのアクションゲームである。また、「隣でコントローラを持つ人やインターネット回線の向こうの人と協力してひとつのステージをクリアする」ということも可能である[3]。また、キャラクタのカスタマイズも可能である。このゲームに関してのアクションゲーム単体としての評価はたいしたことがないように思われる[要出典]。

このゲームにおける最大の特徴は「ゲームのステージを作成することが出来、それを回線を用いて公開、評価を受けることが出来る」という点である。しかも、作り手側に知識があるならば、かなり細かい点まで作る込むことが可能ということである。この点がこのゲームの一番の利点であるといえる。
ストーリー及び設定

この世界に住むわれわれの夢、それが具現化した存在、それが「リトルビッグプラネット」[4]である。そしてその住人はまるでカートゥーンの住人のような性質を持つ。すなわち潰されようが燃え尽きようが感電や溺死で破裂しようが毒ガスで気化しようが、すぐに復活できるのである[5]

ストーリーモードにはあまりはっきりとしたストーリーはない。これはおそらくは長大なストーリーなど必要ない、むしろ邪魔であるとこのゲームを作った人たちが思ったからであると推測される[要出典]。

主人公たちの外見はソックパペットが進化したような姿であるといえる。その超クソ可愛いキャラクターを着せ替えできるので、萌え中毒による死亡者が年間1200万人にものぼるといわれている[要出典]。
ステージ作成

このゲームの最大のウリであるステージの作成であるが、これはゲーム中に獲得した素材、またはステッカーを使い、自分だけのステージを作ることが出来るというものである。しかもこれを回線を使って公開することも可能である。このステージ作成はチュートリアルなどもあり、もしくはゲームに入っていたステージを改変して作成することも出来るため、初心者にも簡単に作ることが出来るとされている。そして、出来ることも多岐にわたっている。よその会社のゲームに似たゲームや、テレビのアトラクションを真似たゲームも根気とセンスさえあれば作成することも可能である。さらにはレースゲーム、シューティング、パズルゲームなども作ることが可能であるなど、まさに高性能である。中には「どうやって作ったの?」と首をかしげるような作品まで。しかし、これらの出来のよい作品ばかりではない。2010年4月時点では30万点のステージが存在するが、そのうちのいくつかは「どこかで見たようなステージ」「開始とともにクリア」「どうやってもクリア不可能」というものであるとされている[要出典]。また、国内だけではなく外国でも人気であるため「外国専用ゲーム」のようなものも存在する。ちなみに、ここを見てどす黒い思念にとらわれる人がいるかもしれないが、ユーザーが作成した面に色々アレなものが存在する場合、通報できるシステムが存在することを記載しておく。
反響

発売後、外国においては絶賛され、日本においても人を選ぶ面があるものの[6]おおむね好評であった。そして日本においてもステージ作成のコミュニティなどがいくつか作られているようである。そして2011年2月10日に日本にて[7]続編であるLBP2が発売されるので、2月10日から引きこもりが現在の約1.12倍[8]になると言われている。
そのほか

Wiiで発売したら、某マ○オの10倍ほど売れると推測されるが、そんなことをしたら質の悪いユーザーによってろくでもないステージが量産されてしまい、さらにステージなどを保管するサーバが破損して、このゲームが持つ最大の楽しみが失われてしまう(断言)。この点においては(ユーザーが少ない)Xbox 360あたりで発売したほうがよさそうではある。しかしこのゲームソフトを発売したのはPS3というハードを持ち、さらには悪名高きソニーの子会社で? 50ab ?る、そこはSCPの発売しているソフトだからしょーがなさす。
脚注^ 開発はMedia Molecule社(英国)である。
^ なお、アメリカでは2008年10月27日、ヨーロッパでは2008年11月3日、英国では2008年11月5日発売である。
^ ただし、PSPで発売されたものにはこの機能がないので注意が必要である。
^ もうひとつの地球とも呼ばれることがある。
^ これは法規制によるものではないかという説がある。これはキャラクタがすぐに死んでしまうと「残酷なゲーム!」という烙印を押されるため、死んでいたとしても「いいえ、ここは夢の世界ですので死にません、すぐ復活します」とごまかしているだけ、と言う説である。
^ このゲームは、「インターネット回線をPS3などに接続することの出来る人」、「友達が多いひと」、「ステージを造る根気のある人」などに向くとされている、逆に「アクションが気になる方」「一人ぼっちのひと」などは徹底的に向かないとされている。
^ アメリカ及びカナダでは2011年1月18日、ヨーロッパでは1月中に発売の予定とされる。
^ あまり増えないのはこのゲームを手に取るのは廃人程度ですので、そんなものであると推測される。

フォルクスワーゲン・ゴルフ(Volkswagen Golf)は、1974年からVWが生産しているハッチバック型自動車である。車名の由来はどっかの風[1]であり、屋外競技の方のゴルフや、その他のスポーツのことではない[2]
概要

この車の形式はCセグメントのハッチバックであり、販売台数に関してはトヨタ・カローラとの接戦である。また、この車種は同じクラスの中でも日本の類似車種よりわずかに、韓国共産党に不法支配されたアジアの地域の類似車種よりもかなり高いので、禁則事項ですな四代目以降は無駄に豪華にしたりして同じ値段及び廉価な類似車種に対抗する姿勢をとっている。

さらに、フォルクスワーゲン社がこの車に相当の期待をかけていると判るエピソードとしては、「あえて派生車種を先行発売し、フィードバックさせている」という話がある。そんな先行発売車に乗せられるユーザーは気の毒であるが。また、この車種をオープンカーにしたカブリオはハッチバックのゴルフよりも人気であるが、五代目のカブリオに当たるイオスは超不人気車。意外な展開だった[3]。「ゴルフなんて名前が卑猥」という突っ込みはアンサイクロペディア上でももはや定番これから加筆者がはやらせようとする陰謀であるが、当然、表向きは卑猥なゴルフではなく、湾の流れのゴルフである。

必殺技はウィンドウ落とし。

歴史

この自動車の歴史は自動車の車種としては長いため、数々の特記すべき歴史が存在する。
初代(永遠の17歳)

初代はFFハッチバックであり、当時としては廃れかけていた三角窓を採用していた。またこの車種は人間のエゴによる排ガス規制等に伴う年次変更が多かった車種であり、現在購入する際には注意が必要とされる[要出典]。エンジンは1.5(リッター)、1.6、1.7などと複雑に変化し、ディーゼル1.5という際物まで存在し、非常に入り組んでいる。また、この車種は基本的に3ドアであるが、2ドア、4ドアも存在する。また、1980年からカブリオ(オープンカーモデル)が発売[4]された。この車種が製造されたのは1974年 - 1992年であった。
派生車種
シロッコ(Scirocco)

1974年に発売された、3ドアハッチバックのスポーツコンパクト車であるが、その実ゴルフ(初代)の試験用車両であった。1992年にお役ごめんとなり一旦モデル廃止となったが、2008年にブランドの再利用として新型の乗用車として再発売された。

近年、TopGearが新しいハプテマス・シロッコTDIの葬式をテーマにしたCMを製作したが…
ジェッタ(Jetta)

北米を中心に、欧州・中南米・中国・日本などで販売する、主に4ドアセダンを中心としたモデル。Cセグメントにカテゴライズされる。ちなみにヴェントや、ボーラといった形がそっくりのパチモンも存在するが一応ジェッタである。
キャディ(Caddy)

おそらく北米を中心にして販売していると推測する[要出典]車種であり、Typ14がそれである。はしご形フレームを持たない、ビルドインフレームのモノコックボディー ( ユニボディー )のピックアップトラック。1980年から1996年まで販売された。この車両のほかの機種は別車両の派生機種である。
二代目(永遠の19歳)

全長が少し長くなり、エンジンも1.8(リットル)エンジン及びディーゼル1.6(リットル)[5]また、三角窓は当初のモデルでは付属していたが、モデルチェンジによりなかったことにされ、次のモデルチェンジではバンパーが特有のものに変更された。この車種が製造されたのは1983年 - 1992年であった。永遠の19歳ではあるがなぜか「E」というものが付いてきた。この謎の「E」が何故付いたのかというのはこんな説がある。

「E」とはグレードの一種で、初代のゴルフにはLSEやGLEがあった事からそれを省こうとしてEをつけたのではないかといわれてる。(有力?)[要出典]

またある人は「Eとはエヴァンゲリオンのことであり、新世紀に向けて作られた代物だからEというのをつけたのではないか」といい

また別の人は「EとはEvolutionのことであり、ポケモンの様に進化したいという願いからEというのをつけた」との意見が存在する。

また、加筆者の意見によると「Ero Type」ということである。

派生車種
ゴルフシンクロ(Syncro)

ゴルフに植物のハイビスカスもどきのビスカスカップリングを搭載しフルタイム4WDにしたモデルであり、シンクロすることが出来ないようになったゴルフ。
カントリー(Country)

原野を駆け抜けるためにシンクロの車高を大幅に上げたモデル。しかしこれは日本では売れなかった。日本ではそんな原野は北海道くらいにしかない[要出典]ためである[6]
コラード(Corrado)

この車種は2ドア(3ドア)ハッチバッククーペであり、事実上のシロッコの後継車にあたる車であるが、実験機の立場は引き継がなかった。それがたたって、1988年?1995年までしか発売されなかった。ちなみにこいつもバーチャレーシング強力なエンジンを積んでる。
三代目(心機一転)

フォルクスワーゲン社も、日本車及びその他の車に対して危機感を感じたのか、この車種の中でも一番廉価なモデル(CLi2ドア)が存在し、ついにカブリオがモデルチェンジを行い、ゴルフ初のワゴンも登場した。また、強力なエンジンを積んだ車両[7]も存在した。エンジンに関しては1.8(リッター)、2.0、2.8(化け物)、1.9ディーゼルが用いられていた。この車種は1991年 - 1997年に製造された。

また、心機一転したにもかかわらず、なぜか「H」というものが付いているが、これに関しても多数の人間が考察を行っている。

ある人意見では「HというのはHotHatchで、その通りこの車がホットハッチだから付けたんじゃないか」

また、ある人は「HというのはHighで、もっと高い印象を持たせたいから付けたんじゃないか」と言い

さらに、ある人は「HというのはHydeで、車高を156cmにする予定だったから?」というのも存在する。

加筆者はヘッドランプの形状などからしても「Hentai Type」であると推測する。

四代目(さらに心機一転) 7ff9 ゴルフの3.2Lモデル

フォルクスワーゲン社の会長が何を思ったのか、「これからは高級路線だ!」ということで作り出したモデル。車両をより大きくし、塗装やボディパネルの継ぎ目、各パーツの組み付け精度など内外装共に品質が格段に向上したとされる[8]。使用されたエンジンは1.6(リッター)、1.8(2種類あり)、2.0、2.33.2であった。しかしなぜかディーゼルエンジン車がなくなってしまい、ヨーロッパのディーゼル信者が涙目だったという話がある[要出典]。また、ゴルフ・カブリオレは実際には3代目に4代目のフレームを乗せただけの代物であったとされる。

また、再度心機一転したにもかかわらず、なぜか「J」というものが付いており、「いい加減はずせよ!」といいたくもなるのだが、これに関しても多数の人間が考察を行っている。

ある人は「JというのはJordanで、マイケル・ジョーダンみたいになってほしいから付けたんじゃないか」という意見である。

また、ある人は「JというのはJRで、ジュニアという印象があるから付けたんじゃないか」と言い。

さらに、ある人は「Jというのはジャニーズで、ジャニーズに入れる車だから付けたんじゃないか」という意見も存在してる。

加筆者は無駄に豪華な点からしても「Japan Type」[9]であると推測する。

五代目(なおさら心機一転)

さすがに見た目だけの豪華さには会社にとってもユーザーにとっても飽きられてしまうため、操安性の向上と内外装や機関の質感の向上、居住空間の拡大、及びコストの見直しを行ったモデルである。エンジンに関しては直噴エンジンが全車に搭載された。種類は1.4(リッター)(ターボチャージャー+ダッヂチャージャー付き)、1.6、2.0(3種類)、3.2などが存在する。

そしてオープンカーがとうとう変化したが、何故か受けなかった。

あとミニバンモデルもどきである「トゥーラン」という車があるが実際のミニバンモデルはプラスの方であり、トゥーランはT5を縮小したモデルである。

また、なおさら心機一転したにもかかわらず、なぜか「K」というものが付いており、「いい加減はずせよ!」といいたくもなるのだが、これに関しても多数の人間が考察を行っている。

ある人の意見では「Kというのは軽自動車」とか言っている。

また、ある人は「KというのはKatanaで刀のようにいっぱい切ってほしい」という意見もある。

加筆者は正常進化であることより、「Kintama Type」であると推測する(いい加減疲れてきたが)。

六代目(実は中の人は5代目) こういう車は後に走れなくなる。この記事は、かつて“現在進行中の事に関する記事”と呼ばれており、誰もが先を争って編集していたホットな記事でした。
しかし、今はどうでしょう。この記事が最後に編集されたのは、もう105ヶ月も前のことです。みんな、この記事のことも、この記事で扱われていた主題のことも、忘れてしまったのです
どうか、せめて61.194.61.146さんだけでも、この記事のことをいつまでも憶えていて下さいますように。

正常進化と思われるが、どう見てもベースがシロッコの縮小モデルである。

この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

上記の方に引き続き解説させて頂くと、環境大好き先進国金持ちクラブの皆様が、車好きに喧嘩でも売るかのようにCO2の排出量を徹底的に制限を始め、ポルシェ・911やメルセデス・ベンツ SLSAMGなどが後々走れなくなるような世の中になり、ユーザーも多少燃費や環境について考え始めたため、3.2L R32は廃止し、2.0Lに格下げしてスバル・インプレッサと格闘しているが、日本でのWRX STi人気は絶大であるため'Rモデルの販売には苦戦している上に、同クラスであるオーリスやブレイドを追い出せずにいるので酷い有様だが、ちっさい方は驚くなかれ大豊田連邦国内でもかなりの人気で、走っているのを見掛けない日はない。

加筆者は正常進化であることより、「Six Kintama Type」であると推測する。
シロッコ

5代目ベースだったような気がするから、実質この車の姉妹車種に当たるはず。どこぞのiPodカーのような激しいカラーリングがあるがどこぞのiPodカーのようにMCでデミオグリーンやラクチスブルーを廃止することはないだろう。そこがVW

また、エンジンには1.4Lと2.0Lの2種類があるが、お金の無い大学生は一般に1.4Lの中古車を購入することが多い。

また、販売店によれば、この車は年収1500万円の人のセカンドカーとして日本では売っているようだが、ドイツに行けばトレビン以下の扱いに代わる。まあ言ってみればトヨタ・セラぐらいかな。
エステート

ブラジルで言うところのヴァリアントである。私は個人的には2.0Lのスポーツモデルが欲しいのだが、本革シートが臭いのでどん引きである。
かぶりおれ

シャルル・デュノアに恋する私が聞くところによれば、何を土地狂ったか再びモーターショーで出品した。だが、後部座席にはヘッドレストを設置していないようすであるため、ヨーロッパでは売る気はないようだ。え、何?何か私悪いこと言いました?
七代目

まだ作ってる途中なんだ。 byフォルクスワーゲン見たかったらあれ何だっけ・・・?ヂーゼルハイブリッドのデザイン行程のビデオに間違えてうつしちゃったから君菅で見てみん。
関連項目

国家主義


ナチズム

国家社会主義ドイツ労働者党

アドルフ・ヒトラー

ハーケンクロイツ第3帝国

フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲン・ポロ

トヨタ・カローラ

スバル・インプレッサ

脚注^ メキシコ湾流及び、その湾の流れに伴い吹く風(ガルフストリーム)であり、そのドイツ語がDer Golfstromからある。すなわち、漢字で表すと「湾」ということである。しかしながら漢字表記で湾Iとか表記すると中華民国製みたいだよな。
^ なお、余談であるが、このころのフォルクスワーゲン社の四輪車はこの車に限らず、風や流れの名前をつけている。
^ そのため、この車種をベースにしたニュービートルのオープンカーを製造販売しなければならなくなった。
^ これを設計したのはVWカブリオレやポルシェ・911 912のボディー生産を行ったカルマン社であった。
^ ディーゼル機関の場合、ガソリン機関よりも排気量に対する効率がよいため小さくなる傾向がある。
^ 群馬や鳥取には存在するかもしれないが、群馬は車が走るどころの騒ぎではなく[要出典]、鳥取は存在すら疑わしい[要出典]。
^ この車両は幅が広いため日本では3ナンバー車として扱われた。
^ 余談であるが、それほどひどかったのだろうか?
^ この件に関しては繁体字のアンサイクロペディアの「日本」の項目を参照されたし。

ロックフェラー「強敵が現れた。私の手には負えない。」
? ロックフェラー について、オスカー・ワイルド

ロックフェラーとは、日本を初め、世界の多くの政治学者達が言う事によると、アメリカをはじめ現在の世界を実質的に支配している組織または一族だそうだ。しかし、世界を支配しているといっても、その存在は俗に言う陰謀論と言えるほどの物では無く、ニューヨークにあるロックフェラーセンタービルという名称を初めとし、アメリカを中心にして世界的に見てもかなりポピュラーな存在となっているようだ。

独自研究:この記事や節の内容は独自研究であるとする見方もあるようですが、ここアンサイクロペディアで笑いを取るためには自分のアイデアを記事に注ぎ込む事が不可欠です。自己言及的なページにならない程度に我が道を突き進んでみてください。

概要

日本で特に、この一族の研究第一人者である政治学者の副島隆彦氏によると、ロックフェラー家当主であるデイビット・ロックフェラーは、別名「世界皇帝」であり実質上現在の世界を支配する者達の頂点であると指摘している。「地球王」と言う別称もある。

日本の皇室との交流もあり、大政党政治家達や企業体のトップも一概にデイビット氏の下僕でしかないという、戦後、本格的に日本支配に乗り出し、在日米軍特別捜査部自民党統一教会創価学会経団連みんなの党ネット中国北朝鮮、等を徹底して利用し、巧妙に日本の全てを支配し牛耳っている。

その証拠として反米的な政策を取ろうとした政権や、周辺国との連携を模索していた政治家や著名人はことごとくなんらかの理由で失脚している。また、2010年12月現在Googleにて検索すると「他のキーワード: ロックフェラー財団 ロックフェラー 陰謀 小沢 ロックフェラー ロックフェラー 資産 ロックフェラー 自殺」という検索ワードが表示される。これが何を粛清されました
主な人物

この一族は主に二つに分けられる。投資家一族と政治家一族の2種類である。なお、一族の中には学者なども存在するが、ここでは省略する。日本で言うところの石橋一族とか、そのあたりのようなものなのだろうか。

John Davison Rockefeller, Sr.

スタンダード・オイルの創設者。あまりにあくどい手法で会社を大きくしたため、後に偽善者となり、慈善活動としてロックフェラー財団、ロックフェラー医学研究所(現在のロックフェラー大学)、シカゴ大学などを設立した。

John Davison Rockefeller, Jr.

J.D.R Srの息子。投資家。ニューヨークにおける最大の不動産所有者。一族と共にロックフェラー財団とロックフェラー大学を創立。ニューヨーク国連本部の建設敷地。

David Rockefeller, Sr.

J.D.R Jrの息子。民主党員。銀行家。ロックフェラー家の当主。チェース・マンハッタン銀行の頭取兼最高経営責任者。

Nelson Aldrich Rockefeller

J.D.R Jrの息子。共和党員。ニューヨーク州知事およびアメリカ合衆国第41代副大統領。なお、腹上死したことを記載しておく。

Winthrop Rockefeller

J.D.R Jrの息子。共和党員。アーカンソー州知事。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:69 KB
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef