出家
[Uncyclopedia|▼Menu]

出家(しゅっけ)とは、肉体的にも精神的にも家出をする事である。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「出家」の項目を執筆しています。
目次

1 概要

2 仏教用語としての出家

3 脚注

4 関連項目

概要

出家について説明する前に、「家」の概念について簡潔に触れる。

「家」とは、社会、いわば世間を構成する共同体(コミュニティ)の最小の単位であり、言い換えれば「世俗」の要素の一つともなっている。その「家」を出るというのは、即ち、そういった俗世からの脱退を指す事になる。しかし、ただ単に家を出るだけでは単なる肉体的な「家出」であり、「出家」として俗世からの脱退を完遂する為には、家という共同体・環境に対する未練を絶つ事に加え、財産に対する執着を捨てなければ成立しない。すなわち、俗世の共同体における全ての縁を切り、全財産を手放すことにより「家出」は「出家」となる。

ちなみに、女性の出家は、同時に尼となる事を意味するが、この時「髪」も剃髪しなければならない。女性にとっての髪は今昔にわたり美の象徴、果ては命とも言われており、平安時代においては髪の長さが美人の決め手とも言われてきた位に重要視されてきた。出家して尼になる事を意味して、『飾りを下ろす』という表現[1]も存在するくらいである。
仏教用語としての出家

現代において「俗世を捨てて仏に仕える身となる」という意味で使われている仏教用語としての「出家」は、上記に加えて、仏の身許に仕える形で身を寄せ、戒律を授かって修行者として生きると言う意味を付加する形で今日まで流布されている。
脚注^ 出典:『平家物語』(覚一本)巻八

関連項目

仏教


更新日時:2015年11月11日(水)11:03
取得日時:2019/11/13 19:28


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:2860 Bytes
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef