円本位制
[Uncyclopedia|▼Menu]

独自研究:この記事や節の内容は独自研究であるとする見方もあるようですが、ここアンサイクロペディアで笑いを取るためには自分のアイデアを記事に注ぎ込む事が不可欠です。自己言及的なページにならない程度に我が道を突き進んでみてください。

円本位制(えんほんいせい)とは、アルミニウムを元に成り立つ疑似貨幣経済である。ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「円本位制」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。
目次

1 概要

2 実例

3 問題

4 関連項目

概要

円本位制とは、と交換出来るという保証をつけることによってただの紙など金銭的価値のないものに通貨としての性質を与えることである。その円自体の信用は日本銀行や国が担保することになっており、究極的には1円=1gのアルミニウムと交換出来るアルミニウム本位制が敷かれることで円の価値を保っている。手数料のことは気にするな。
実例
商品券
商品券とは記された金額と同額の対象商品と交換出来る権利書であり、その効力が及ぶ範囲では円と同様に利用でき、端数もお釣りとして返ってくる。商品券は同額の商品または手数料を支払うことで円に変えることができることによってその価値を維持しており、映画や劇場の半券つきチケット、さらには国債なんかとともに金券ショップやオークションによって額面よりちょっと低い価格で取引されている。
仮想マネー
ドラクエ世界のゴールドなどWeb世界で流通する通貨である。本来ならば仮想世界の通貨は円と非可逆でありオフラインゲーム内の通貨と同じくゲーム内で金持ちでも現実では庶民ということがよくあるはずである。しかし、リアルマネートレーディングという市場を開拓したことにより、仮想マネーは円に変換できるようになった。ゆえに仮想マネーは円と世界の創始者の信頼を元に成り立つ貨幣経済を支えるものとなったのである。仮想世界でのマネーはよく電子マネーと混合されがちであるが、電子マネーは現実世界で利用でき、その多くは円と非可逆になってるため円本位とはいえない。
ジンバブエ・ドル
本来ならばジンバブエ政府がジンバブエ・ドルの信用を担保しなければならないのだが、ハイパーインフレにより政府の信頼は地に落ちた。そこでジンバブエ政府はドルや円など一セント硬貨や一円玉と大量の紙束を交換出来るようにレートを設定したかったようだが、固定相場制であっても論外な提案を日米両政府は当然のように拒否したという。
アメリカ・ドル
1ドル360円の固定相場制の時代はある意味日米両政府が互いの通貨の信用を元に自国通貨の信用を担保していた。特にアメリカ政府は金本位制を敷いていたため、日本円も連動して金に変えることができたのだ。だが、ニクソンショックという名のプラザ合意によって金本位制は廃止されドル円相場も変動相場へと移行した。変動相場移行後の為替はなんやかんやで円高の方向に向かっていき、バブル時代はドルが100円を切ったり、バブル崩壊後にはドルが120円の時代になったりとはあるもののその方向は変わっていなかった。しかし、アメリカ発のリーマンショックで状況は一変する。アメリカ・ドルの信用ががた落ちし、ドルの信用を円やユーロで賄う時代がやってきたのだ。先ほどあげた頼みのユーロもギリシャのせいで信頼を失い、現在世界の通貨の大半はドルを経由する形で円の信頼を元に流通しているのだ。現在日本円が高いのはそのせいであり、世界経済は皮肉にも不景気日本の通貨である円のおかげで成り立っている。
問題

円本位制も金本位制と同等の問題を抱えており、円本位制でも円が無尽蔵に沸いてくるわけではなく、円発行には発行通貨と同等の価値がある資産が必要であるとされている。日本円の場合それがアルミニウムなのだが、もしもすべての円をアルミに変えようとしたら、アルミニウム鉱山が枯渇するどころか地球上すべてのアルミニウムがあっても足りない計算である。日本政府や日本銀行は、かつて資金を引き揚げられて潰れた銀行の二の舞を避けるためにも高額紙幣のアルミニウムへの変換には割高の手数料を取ることにしているのだ。本来両替は等価交換でなければならないのだが、国や銀行が行う両替商さながらの手数料を嘆いてもそれには相応の理由があることを理解し、引きつけ騒ぎを起こして経済崩壊よりはましと思う他ないのだ。
関連項目

円 (通貨)

金本位制

大東島紙幣 こちらは砂糖本位制


更新日時:2018年3月24日(土)10:20
取得日時:2020/07/01 07:04


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6292 Bytes
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef