先パイ
[Uncyclopedia|▼Menu]
この記事「先パイ」は何故か「先輩」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

先パイ(せんぱい)とは、チャレンジ勧誘漫画の男性登場人物のひとりである。目次

1 概要

2 中学校時代

3 高校時代

4 主人公との関係

5 妬んでいる者

6 関連項目

概要

先パイはおおむね、主人公にチャレンジすることの尊さを説く役割を持っている。主人公に、先パイのようになりたいという気持ちを喚起させなければならないため、日本人が描く勝ち組像が濃縮されている。そのほとんどは、チャレンジする前から持って生まれた天賦の才と境遇である。たとえば、

背が高い

小遣いが多い(家が金持ち)

勉強ができる(ただし努力してできるようになったという場合もある)

スポーツ万能(テニスバスケットボールが得意であることが多い。柔道が得意という先パイはあまり聞かない)

イケメン(絶対条件!)

優しい(ただし誰もが声をかけやすいというより高嶺の花のような存在であることが必要)

いつもニコニコ(ニコニコ動画にはまっているというわけではない、決して)

髪の毛がありえない色(中学時代から染めているのである。それでよく学校推薦をもらえたものだ)

中学校時代

先パイはテニス漬けの毎日を送る。テニス部ではもちろんエースであり、県大会で別のイケメンとペアを組んで優勝するほどの腕前を持つ。そして部長。1年年下の女子部員と仲がよく、彼女達は先パイに憧れる者が多い。主人公もその一人である。

なぜ年下の女子部員と仲がよいかについては議論がある。短絡的な意見としてはロリコン、あるいは処女ハンターであるため処女率の高い低学年を好むというものである。だが1年ではなく2年と仲がよいことを考えるとこの指摘は正しくない。しかし少なくとも3年女子よりは2年女子の間で人気が高いことから、同学年から疎まれる理由があるのは間違いない。なおいじめられっ子が年下からやたら好かれることはよくあるが、先パイがいじめられているわけではないようだ(妬みは多いが)。

一方で勉強は可もなく不可もなくといったところであった。しかしテニス部を引退して3年の夏に進研ゼミに入ると成績は急上昇する。夏休みには相当ガリ勉していたように思われるが、2年女子と遊んでいたりする。その意味では時間管理の天才とも言える。

テニス部での実績と3年2学期の成績を引っさげて学校推薦をもらい、3学期早々に地元の名門高校に入学を決める。その後ふらっとテニス部に現れ、2年女子たちから大歓迎を受ける。2年男子にしてみれば面白くないが逆らえない。

テニスでペアを組んだイケメン以外に同学年との交流はあまりなく、クラスでも若干浮いていると思われる。また文化祭でも自分の学年の企画が山とあるはずなのに2年生と長々とおしゃべりしている場面などが見られ、クラス内で反感を買っている可能性が強い。

なぜか彼女がおらず、2年女子を適当にあしらって遊んでいる。
高校時代

地元の名門高校に進んだ先パイはそこでもテニス部に入る。テニスの強豪としてインターハイの常連校で、1年のうちからレギュラーの座を獲得する。その腕があったらなら中学3年のときは全国大会で表彰台に立てただろーが。おそらく2年女子と遊んでいて練習に身を入れていなかったのだろう。

また強豪校で練習が厳しいかと思えば、ふらっと中学にも遊びに行ったりする。年下の女子によほどご執心。そんな先パイも2年に進学すると、入部早 2687 々の主人公と付き合いだす。

今までの傾向を考えればそこからテニスの練習をさぼりだし、またかわいい1年にすぐに手を出したことから先輩にも睨まれるに違いない。可哀想なのは主人公で、金持ちイケメンだがみんなから疎まれている先パイと付き合うことで、嫌がらせも多いものと思われる。
主人公との関係

主人公は少なくとも中学2年の秋頃から先パイに憧れており、先パイが中学を卒業してもその思いを持ち続け、高校1年に晴れて付き合うことになる。恋愛のスパンが短いとされる中学時代において、その一途さは切ないほどである。

一方の先パイも少なくとも中学3年の秋頃には主人公を含む女子と仲良くしており、恋愛対象に入っていた可能性はある。また高校進学後も彼女を作らず、主人公が入学すると同時に付き合い始めることから、実は前々から主人公を好きだった可能性がある。こう考えると、遊んでいるように見えて先パイもかなり一途である。しかし先パイが3年の頃から主人公に思いを寄せていたとすれば、まだチャレンジしていない主人公のときから好きだったということになり、チャレンジしようがしまいが主人公は先パイのハートを奪っていたことになる。なんのためのチャレンジ勧誘漫画だ、コノヤロウ。

また主人公は仲のよい同級生といつも3人で行動している。性格や行動パターンも非常に似ている。しかし確実に、先パイはその3人の中で一番かわいい主人公を彼女に選ぶ。これは読者に世の中所詮顔であるということを教えているのである。
妬んでいる者

先パイのまわりは敵だらけである。
中学の男子テニス部員
先パイが2年女子の人気をさらっているので、男子部員からは妬まれている。なぜ先パイが部長になったのかは疑問だが、おそらく面倒くさいといって他の部員が先パイに押し付けたのだろう。テニスもうまいので表立って文句を言うことはできず、余計に恨みを募らせる。
中学の同学年の女子テニス部員
私たちもいるのになんで年下の子とばっかり遊んでいるのよ!
中学時代の県大会で戦った相手
後輩の黄色い声を聞いた途端に調子上げるなよ!テメエは女がいないと勝てないのか、コノヤロウ!
中学時代の同級生
テニスと後輩の女子にしか興味がない先パイはクラスの行事でも非協力的。そのくせ勉強もスポーツもできる。しかも学校推薦をもらうくらいだから教師受けも良い。なんかヤな感じ。そもそも先パイは同級生に友だちが少ない。
高校のテニス部の先輩
強豪校であるため他のテニス部員もテニス馬鹿であるが、先パイが入部早々レギュラーの座を奪ってしまい、その恨みは尋常でない。しかも2年に進学するや否や新入生に手を出し付き合い始めた。そろそろかわいがって
やらないといかんな。
高校の同学年のテニス部員
幸運にも先パイは出世頭としてレギュラーの座を奪ったにも関わらず、練習に専念するどころか中学に遊びに言ったり新入生と付き合いだしたりする。そんなことしてたら俺たちの評価まで下がるだろ、ちゃんと練習しろ!
高校のテニス部のマネージャー
私たちもいるのになんで入部早々の女の子に手を出すの!
「読者」
結局イケメンが勝ち続けるってお話ですか、コノヤロウ!
関連項目

先輩

チャレンジ勧誘漫画

進研ゼミ


更新日時:2011年10月22日(土)04:03
取得日時:2021/04/13 13:27


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:8441 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef