何か
[Uncyclopedia|▼Menu]
この記事「何か」は何故か「なにか」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。「何かですが何か?」
? 何か について、何か

何か(なにか)とは、「なにか」とは違う何かである。
概要

何かは世界中のあらゆるところで使われており、また何かを使えば何をすることも可能になる。例えば、空を飛びたいときや時を止めたいとき、人の心を操りたいと思うことがあるだろう。それでも、殆どの人はそれを実行できない。しかし、ここで何かを使えばそれは可能である。他にも、何かを使えば宝くじの当選番号を予想したりあの子のスカートの中身を透視したりもできる。

ところで、「何か」という言葉をよく耳にするが、何かとは何か。「何かあったので遅刻しました」と言われても何があったのか分からないし、「何かごめんなさい」と言われるとまるで「何だかよく分からないがお前がキレ出したからとりあえず謝っておこう」と言われたかのようで、また「何かうざい」と言われるとどこがどううざいのかも分からないので、強いショックを受けることがある。しかし、何かが何であるかは未解明である。
詰問

何かはしばしば詰問にも用いられる。
何かとは何か

何かと言われても、何か分からない。覚えていないから。ショックが強すぎたんだろうね。何か、とてつもなく大きな何かが圧し掛かってきたんだよ。色は、それも知らない。見たというより、感じた。空から大きな鐘か何かが降ってきた感じ。音はどうだったか覚えていないが、何か「ガラガラガラゴロゴロゴロ」みたいな何かだった。でも、雷なんかじゃない。いきなり凄まじい熱のような何かに襲われて、ひたすら逃げようとしたけど体が動かなくて、気がつけば謎の空間に閉じ込められていた。空気がやけに重かった。体は浮いているのに、地面に押し付けられているような感じ。息も苦しかったのかな、気が動転して覚えていない。あと、ドップラー効果が生じたのだろうか、空間が全て歪んでいた。まるで四次元の世界だ。そして、何か複雑で、でも単純で、どうも何か言葉では表せないんだ。
ドップラー効果とは何か

これもどう説明すればいいかわからない。言うならば、いわゆる怪奇現象というやつだろうか。専門家の間では、近年になってヒステリシスとの関係が指摘されているようだ。それは、救急車のサイレンの音のような何かが、不思議な響きを持って近づいてきて、ずっと頭の中で鳴り響いている。今もだよ。あれは絶対に忘れたりしないね。何か、幼いころの記憶が蘇ってきたよ。テストで100点取って、当たり前のことなのに皆驚いてたり、皆があまりにも馬鹿すぎて説明できなかったり、そう、今みたいな感じだよ。君が馬鹿すぎて僕の言ってることが全く伝わらない。
ヒステリシスとは何か

エルニーチョ現象といったほうが分かりやすかったか。こっちはニュースで話題になっているから無知な君でも分かるよね。そうだよ、エルニーチョ現象だよ。
エルニーチョ現象とは何か

ネイティヴの間ではこう発音するんだ。これが後のカラムーチョの由来になったりもしている。いや、こういうのって、奥が深いよね。全く関係ないようなことがつながっていたりするんだから。例えば、一見何の変哲もないあの赤い花も、人の心を動かすことができるんだ。物理化学って、人生に似てるよね。

この節を書こうとした人は「人生とは何か」の答えを求め旅に出ました。
いずれ悟りを開く予定です。(Portal:スタブ)

用途

何かは便利であり、さまざまな用途に用いられる。特に便利な言葉としての用途は幅広い。
詰問として

何かは、上記のように詰問に用いられる。ウィキペディアで調べた単語を適当に並べて偉そうに語る奴がいれば、怪しい単語を見つけ次第それが何かを問い詰めてやるといい。そのうちボロを出すだろう。
対策として

何かは、詰問への対策としても使用される。詳しい使い方は、「何かさ、ガムか何か踏んだんだけど、何かうざい」というように文中で何度も使用することだ。文中で何かを使用することにより、相手にモヤモヤした響きと心地よい不快感を与えることができるので便利である。ただし、聞き手が警察(または警察気取り)だった場合は詰問に移るおそれがあるので十分に注意したい。

あまりにも何かを使いすぎると、日常生活でも何か何かと連呼してしまうようになるので注意。何かさ、昨日ね、あいつが「このメールどう?」とか何か言ってたんだけどさ。これ何かヤダよねー。ちょ見てみて。何かここ「I LOVE YOU」って何かキモくない?何かこの写真、豊臣秀吉か何かに似てない?何かちょーダサイんだけど。何かさ、もうさ、何かこのメール送るのやめたほうがいいよね、何か。


何か問題でも?
関連項目

なにか 似て非なるもの。

伺か

この項目「何か」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2016年10月30日(日)17:59
取得日時:2019/10/09 03:50


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6443 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef