伊豆の踊り子
[Uncyclopedia|▼Menu]

伊豆の踊子(いずのおどりこ)は、ノーベル賞作家川端康成が記した小説。川端康成の実体験を小説にした少女売春の話であると言われている。
あらすじ そこは雪国だァーッ!ゆるさんッ!

「ドドドドドドド トンネルをッ!抜けるとッ!そこはッ!そこはッ!雪国だったァァァァァァーッ!ドッギャアアアアーン。」という書き出しは、余りにも有名。

主人公は20歳。旧制大一高等学校の学生であり、南海キャンディーズからドラフト1位指名を受けていたが、長いスランプのさなかにあり、伊豆へ自分探しの旅へ出た。

金回りの良い主人公は、事前にネットで予約しておいたコンパニオンを宿に呼びつけて大はしゃぎしていたところ、旅芸人の一行と意気投合し、その後の旅に同道することとなる。しかし,この「意気投合」は、主人公によって謀られたものである。旅芸人の一行には、薫という名の踊り子(少女売春婦)がおり、主人公は、伊豆へ来る道すがら、薫を見つけて目をつけていたのであった。

その後、主人公は、あの手この手で薫を手なずけ、遠距離ではあるが、その裸体を拝むことに成功する。そのとき主人公が発した名言「子供なんだ」は、しみじみとわき出してくる喜びと達成感を見事に表現したものとして、知れ渡っている。

主人公は以降も旅芸人の一行につきまとい、遂には実家の大島まで押し掛けるが、薫の家族はいよいよ主人公を怪しみ、主人公の討伐を決める。主人公は重層歩兵による中央突破を敢行。これに対し、旅芸人一行は、鶴翼の陣をもって迎え撃つ。初め優勢であった主人公も、両翼を破られ、包囲されるとパニックに陥り、伊豆へと撤退する。

そして物語は、「道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思うころ、追っ手が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た」という緊迫感溢れる一文をもって、突然に終わる。
評価

小児性愛(ロリータ)、ストーカー、アクション、スプラッタといった、様々な分野に渡る本作品は、その後の小説や映画に影響を与えたのみならず、多くの模倣者を生み出した結果、現在のオタク文化が形成されていった。オタク嫌いのPTAも、本作品のみは、容認せざるを得ない状況にある。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「伊豆の踊子」の項目を執筆しています。

更新日時:2016年1月1日(金)03:12
取得日時:2019/09/16 09:00


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:3294 Bytes
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef