仮面ライダーW
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…ライバーで合体し変身する。亜樹子曰く『半分こ怪人』。別名、『仮面ライダー版エース』。メモリを使ってカラーリングが下半身も変わるという、目に優しくないライダー。その後このシステムは、後輩の理系ライダーに丸ごとパクられた[5] 今後心配な技

注意:ここには膨大となった【多すぎて省略せざるを得ないwのフォーム】があります。

 すべて表示するには近傍の[表示]をクリックしてください。

サイクロンジョーカー
風の切札。最初に出たフォーム。素早く動ける風の「サイクロン」(『仮面ライダー』に登場したマシン)と技の「ジョーカー」(『仮面ライダー剣』に登場するアンデッド)のUSBで変身する。黒と緑のジョーカーということでバランスが良い。翔太郎とフィリップにとってもっとも相性のいいフォームらしいが、「サイクロンジョーカーで登場→劣勢になりフォームチェンジで逆転」という番組的パターンが出来ているためそんなに強くしてもらえないかわいそうな子。仮面ライダーオーズ・タトバコンボにとっては先輩的存在。ただしタトバと違って何度も必殺技をキメている。必殺技は「ジョーカーエクストリーム」。なんと、自身の体をまっぷたつに引き裂き、傷口がら大量出血しているのもかかわらず敵怪人に右足と左足で交互にキックを喰らわせるという、そんなの子供に見せても大丈夫なのかという疑問が決して頭から離れない技。ヒーローというより怪人の領域な技である。まさにエクストリームスポーツである。視聴者の親御さん達から心温まるファンレターが届く事が予想される。なお、本フォームのマイナーチェンジバージョンと思われる、「疾風切り札」なる者もあるがどこが違うのか不明。 ヒートメタル大活躍のシーン。
ヒートメタル
炎の闘士。炎の「ヒート」と怪力の「メタル」のUSBで変身。赤と銀のヒーローなのでバランスが良い。武器は自身の脊髄から取り出したメタルシャフト。必殺? 42b8 ??は「メタルブランディング」。炎上したメタルシャフトを叩きつける。番宣での先行登場ではシャドームーンを容易く撃破したが、本編ではそこまででもない。
ルナトリガー
神秘の銃士。神秘の「ルナ」と銃使いの「トリガー」の(以下略)青と黄色の魔弾使いなのでバランスが良い。右半身用のくせにテンションの高いルナメモリと左半身用なのにテンションの低いトリガーメモリでバランスを保っている。武器はトリガーの胸を引きちぎることで現れるトリガーマグナム。ルナが超常現象を引き起こし、銃弾を曲げる。ひとり幻竜神。必殺技は「トリガーフルバースト」。バッシャーフォームよろしく弾丸が相手の動きを追跡する。
ファングジョーカー
牙の切札。弱々しいインパクトの欠ける切札とか言ってはいけない。ファングメモリというゾイドを装着して変身したパワーアップ…というより特殊形態。白と黒の「きば」なのでバランスが良い。いつもなら変身すると精神が翔太郎の方に行き失神するのだが、今回は逆に翔太郎が失神する。ギルスみたいに戦闘中叫んだりする。グランドフォームと互角のスペックを誇る。必殺技は「ファングストライザー」。かかとに鋭い何かが生えてエクシードヒールクロウ・・・ではなく回し蹴りを浴びせる。威力は45t。視聴者からはファングメタルや、ファングトリガーが出るのではと懸念されたが出なかった。フィリップが変身するゆえに他のメモリも持っていないのでハーフチェンジが出来ないのは当然ではある。しかし、フィリップに送るメモリがメタルかトリガーだったら……だが普通の変身の時でさえ、翔太郎の持っていない他のメモリが当然の如く送られてるので、ひょっとしたら失神中でも送れる原理があるのかもしれない。

下の6つは局地的な状況でなったり、気分で変えるフォームである。公式によると相性が悪い組み合わせ。でも必殺技はそれぞれある。アギトやキバと違って後半になっても出てくるが、やっぱり噛ませフォームとなった。
サイクロンメタル
風の闘士。風の「サイクロン」と怪力の「メタル」の(以下略)ふたりストームフォーム。サイクロンの速さをメタルの重さで潰しているため相性が悪いが、サイクロンだけあって一時しのぎなどで使われる。必殺技は「メタルツイスター」。くるくる回って何回もメタルシャフトを叩きつける。
サイクロントリガー
風の銃士。風の「サイクロン」と銃使いの「トリガー」の(以下略)トリガーのポテンシャルをサイクロンのパワー不足で潰しているため相性が悪い。三原色なので見た感じは相性が悪いようには見えない。が、亜種フォームの相性が良くて、主フォームが使われなくなるのを恐れたバンダイによって、悪いようにされた。必殺技は「トリガーバットシューティング」と「トリガーエアロバスター」。ただし後者は映画にしか出てこない。
ヒートジョーカー
炎の切札。炎の「ヒート」と技の「ジョーカー」の(以下略)ふたりマイティフォーム。あっちとは逆にパンチ専門である。サイクロンジョーカーと比べるとパワーが強い(設定)。必殺技は「ジョーカーグレネード」。体が真っ二つに割れて、燃える腕でパンチする。「ザヨコーー」と叫んだりはしない。
ヒートトリガー
炎の銃士。炎の「ヒート」と銃使いの「トリガー」の(以下略)どう見ても01である。系列が同じなので怒られないのか。ひとり超竜神。ヒートとトリガーが両方とも高火力すぎて使いづらい。必殺技は「トリガーエクスプロージョン」。ライジングイクサみたいに相手を焼却する。文字通り汚物は消毒である。
ルナジョーカー
神秘の切札。神秘の「ルナ」と技の「ジョーカー」の(以下略ゴムゴムの実の能力者ルナメモリのテンションが高いため最高にハイな状態になり手とか足とか伸びるので、「ぶっちゃけキモイ」とかいって翔太郎はこれを嫌う。ジャンプ力はサイクロンジョーカーに劣るが、走力は勝る。が、誰も気にしない。必殺技は「ジョーカーストレンジ」。これも映画にしか出てこない。体が真っ二つになったあと、ルナ側が分身して攻撃し、ジョーカーがそれを見ている技である。
ルナメタル
神秘の闘士。神秘の「ルナ」と怪力の「メタル」の(以下略) ルナメモリのテンションが(以下略)如意棒使い。ふたりロッドフォーム。ロッドが曲がって隙間にある物を簡単に取り出せたり、ムチみたいになる。必殺技は「メタルイリュージョン」。缶詰のパイナップルみたいな物をたくさんぶつける。
サイクロンサイクロン

ジョーカージョーカー
ちょっとくすぐったいぞ
サイクロンジョーカーエクストリーム
風と切札の超越者。ダブルドライバーに鳥形態から変形させたエクストリームメモリを差して変身し、胸の皮が剥けた姿。あまりにも名前が長いのでCJXまたは単にエクストリームと表記される。またはSEXと省略することができる。エクストリームメモリがフィリップの体を取り込んでいるので、この形態でいる間はアッー!な状態である。本当に合体するとはたまげたなあ。武器は胸から取り出すプリズムビッカー。最強必殺技を出すには全部のメモリを差す。やっぱり誰もが思った通りでした。 剣で1種類、盾で3種類の必殺技がある(設定)。2人が完全に一つになるので常にエクストリームスポーツをしている状態なためエクストリームという名前。ガンバライドで使用するとエクストリームチャンスというエクストリームスポーツができる。仮面がWからXになった。すなわち、またも昔の脛かじりを始めたのである。アポロガイストを倒したライダーをモチーフにしてるだろう。ちなみにエクストリームの綴りはextreme。Eが頭文字なのにXのメモリなのは気にしてはいけない。
サイクロンアクセルエクストリーム
てれびくんの世界、シュラウドの回想で登場。ぼくのかんがえたさいきょうかめんライダー。まさか、サイクロンアクセルもあるのか…。今までの違いといえば、複眼が青くなって模様が変わったこと。それだけ。しかしこれが存在するとなると、何故ジョーカーとメタルとトリガーのメモリが作られたのかが謎になる。
サイクロンジョーカーゴールドエクストリーム
仮面ライダーW FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリで登場。W版最強コンプリートF。どう考えても変身する経緯がキュアエンジェルである。つまり街の人の応援である。テレビ版には出てこなかった。このように、夏の映画では「人々の応援を受けて生まれた奇跡のフォーム」扱いだったが、MOVIE大戦COREではオーズタジャドルコンボの発した風を受けただけでこのフォームに変わってしまった。いいのかよ。それではいい風が吹けばいつでもこのフォームになれると言うことになるけど。その後も羽を消して、友人たちのもとに推参しているという尺はおかしい。カラーリングと翼とか、どう見てもジャックフォームです、本当に、ありが(ry
なにわの美少女仮面
夢の世界で登場した非売品。たこ焼き面の亜樹子と翔太郎が変身。見た目およびフォームチェンジはWと変わらない。可愛くない女ライダー。どういった面で変わってるかというと無駄な動きや声が多いことだろうか。「リボルギャリー!!」

以下はすべておもちゃで再現可能(ファング系は中途半端)。が、単なる痛い妄想なのでスルーしていい。
ジョーカーメタル、ジョーカートリガー
切り札の闘士と切り札の銃士。(以下略)SICで再現できるフォーム。名前だけみると強そうだ。正直戦闘は翔太郎一人でもいいような気もするが、翔太郎はフィリップに依存しているため実現しなかった。
ヒートサイクロン、ルナサイクロン
炎の風と神秘の風。(以下略)SICで(以下略)逆にどっちも弱そうだ。敏感肌のフィリップには合わなそう。
ファングメタル
牙の闘士。なんかカッコイイ。ファングサイドの武器が鋼鉄仕様になり、メタルシャフトの先端にも牙の記憶が塗り込まれ大鎌となる、全フォーム中で相性が最高かつ貫通性・破壊力・スピードの面でバランスが取れていたあろうフォーム。パーソナルカラーも白銀と色映えしている。マキシマムドライブは、大鎌と化したメタルシャフトで広域の目標を一刀両断する「ファングハウリングスラッシュ」。翔太郎の体ならまだしも、フィリップの軟弱な体ではメタルシャフトを振り回しつつファングの力で戦うという器用な芸当が出来ないため劇中では登場しなかった。HERO SAGAあたりでの 1659 登場に期待したい。
ファングトリガー
牙の銃士。トリガーマグナムからは、鋭利に尖った牙状のエネルギー弾が音速で発射され、弾の発射と同時にアームファング・ショルダーファングも追尾弾として飛ばされる。マキシマムドライブは、上記追尾弾ファングの大量生成による一斉攻撃「ファングワインドスティンガー」。最強の出力を持つメモリ同士の組み合わせという「ぼくのかんがえたさいきょうのフォーム」だが、白と青の色の組み合わせが示す通り相性は全フォーム中最悪。銃撃と近接攻撃という相反する属性もそうだが、「最強のメモリ同士の出力をフィリップの肉体が御せるか?」と言われたら、作中で未登場なのも頷けるだろう。
サイクロンアクセル
風の加速。ボディサイドが照井に変わった、シュラウドの目指していたSAXの中間点。きっと音速で動けるフォームなのだろう。変身ベルトでしか再現できないため、ぶっちゃけ他の妄想フォーム(ナスカジョーカーとか)と大差ない。おもちゃでやると、タイミングは合うが効果音がイマイチ。


バリエーションの一部

バリエーションの多さでソフビを売って儲けようという魂胆が見え見えである。簡単に言うと左側から、肉弾戦をするジョーカー、防御うpするロッド使いがメタル、銃使いがトリガー。右側はスピードがサイクロン、パワーがヒート、体や武器が曲がったりするのがルナである。「何で月(ルナ)が怪奇現象?」という奴は、とりあえずレインボーマンでも見ろ。この2つのUSBを挿入するというシステムに、「じゃあ右側に入れるはずの違う種類のUSBを差し込んだり、左右逆に入れてみたらどうなるか?」と考える視聴者も少なくはなく、実際発売された変身ベルトDXダブルドライバーで調査したところ、ヒナ、ルイナロン、ヒートロン、トミカ、トメタルなど更に新たなる謎のフォームが存在することが判明された。だが、結局最後まで、誰も気にしない。
スカル冬の劇場版と翌冬の劇場版に登場。おやっさんがロストドライバーにスカルメモリをセットし、変身。イノベイドが憑依したフォームとの関係は不明。「骸骨の記憶」なのに何故か銃(スカルマグナム)がついている。おやっさんがハードボイルドだからである。スカルボイルダーなるバイクとスカルギャリー持ちでエターナルより豪華。大して戦ってもいないのにやたらに強そうに見えたりかっこよく見えたりするから不思議。しかし帽子を取るとハゲ頭が地味にかっこ悪い。仮面ライダーの前身であるスカルマンと同じモチーフだからである。
スカルクリスタル
35b8 ムービー大戦2度目に登場。上記のライダーになる前の姿。ハードボイルドなのに戦う決心がついていなかったからこうなったとさ。
アクセルアクセルドライバーにアクセルのメモリをセットすることにより変身。クロックアップとタイマンはれるフォームとの関係は不明。まともに戦えばファング以外のWよりずっと強い(設定)。配色はまんま仮面ライダーカブトエンジンブレードという武器を持つ。ファイナルフォームライド無しでバイクに変身できる。Wに上に乗られてしまった。スチーム、ジェット、エレクトリックなどのエンジンの力を使える、本編だとこの状態でのライダーキックでメモリブレイクしたことが無い(MOVIE大戦COREで初めて決まったが、相手はドーパントではなくヤミー)。Episode Redに該当する形態。
アクセルトライアル
トライアルメモリを差して変身する。アクセルが高速で動けるようになった。バイクマン及び昔のパロディに一層の磨きがかかっている上にナイトガンダムみたいな感じのマスクを追加。カブトの如くキャストオフし、パワーが落ちた代わりにスピードが格段に上がる。Episode Blueに該当する形態。
アクセルブースター
オリジナルDVDで登場。イエローシグナルバージョンと被っているような気がするが、誰も気にしない。飛べます。亜樹子も「竜くんが飛んだ私、聞(しょ略)」とびっくり。でもタービュラーになれば良くね。ちなみにブースターメモリなんてものは存在しません。アクセルメモリを内緒に勝手に改造するとこの形態になれる。Episode Yellowに該当する形態。
エターナル
ブルーフレア
夏の劇場版、オリジナルDVDで登場。大道克己がロストドライバーにT2エターナルメモリをセットして変身。T2以前のメモリを無効化できるため、W、アクセルのみならずミュージアムにとっても
迷惑な存在。武器は、エターナルエッジ。AからZまでのメモリをセットし、各メモリの効果を得ることが出来るので、とても迷惑n(ryこいつのオリジナルDVDは「仮面ライダー史上最大の問題作」と宣伝されてるが「こいつや753で作ったほうがよっぽど問題作だろ」とか考えてはいけない。
レッドフレア
オリジナルDVDで登場。加頭順がロストドライバーにT2エターナルメモリをセットして変身。違いは、腕が赤になって、体中に付いていたマキシマムスロットが無くなったぐらい。
ジョーカーこちらも夏の劇場版と最終話とMOVIE大戦MEGAMAXで登場。翔太郎がロストドライバーにT2ジョーカーメモリをセットして変身。最終話とMOVIE大戦MEGAMAXではジョーカーメモリをセットし変身した。ロストドライバーにトリガーメモリをセットし、「仮面ライダートリガー」とかメタルメモリをセットし、「仮面ライダーメタル」とか考えてはいけない。ジョーカージョーカーと同じ感じ。真ん中の線が消えた。「だから何だというのだ」と思ってはいけない。中の人が、別で変身したいと言っていた。「一時的でも冬にやったじゃん」とも思ってはいけない。その後はオールライダー映画で登場し、てつをブラックと黒×黒対決を繰り広げたりした。フィリップ?平行世界の仕事が忙しく、来てくれませんでした。
サイクロン小説に登場。フィリップがロストドライバーにサイクロンメモリをセットして変身。ロストドライバーにルナメモリをセットし、「仮面ライダールナ」とかヒートメモリをセットし、「仮面ライダーヒート」とか考えてはいけない。技名の呼称無し。
用語など
メカ
ハードボイルダー
後部換装を行い、様々な場所で活躍するWのバイク。あまりにもふざけた名前は翔太郎のネーミングセンスらしい。アクセルも合体可能。
ハードボイルダー スタートダッシュモード

ハードタービュラー
ハードボイルダーの後ろ半分を飛行ユニットに換装した形態。
ハードスプラッシャー
ハードボイルダーの後ろ半分を海上ユニットに換装した形態。
クウガ電王と違って水中用の形態を持たないWが海の上で戦う為に必要な装備である。
ハードガンナー
気前のいいガンナーAが思わずハードボイルダーの後ろ半分になった形態。銃座がついているのでかーなーり強い
ハードマンモシャー
デッカイマンモスユニット(スーパーショッカーのマンモスメカ)が後ろ半分になった形態だが下大半に見える。マキシマムドライブをするとマンモス部分がスロットに入れたUSBの色になる。
リボルギャリー
仮面ライダーWが乗る自動車。と言うより巨大なバイク換装システムである。無駄に耐久力があり、大型の怪人はこいつの体当たりで蹴散らすことが多い。小型怪人は画面外までぶっ飛びます。オートバジンと違って壊れたことがない。
ガンナーA
仮面ライダーアクセルの支援メカ。アクセルバイクモードと合体してアクセルガンナーになることができるが、どう見てもアクセルのアレがガンナーAに挿入されている状態であり、あまりの卑猥さに苦情が出たため登場を減らされてしまった。
アクセルタービュラー
アクセルそのものが飛行ユニットに合体してしまった形態。どっちも熱を帯びているので無駄に熱い。必殺技は火の鳥。「ザクレロと戦いそう」とか思っても口にしてはいけない。
アクセルボイルダー
劇中未登場。名前を見ればどんなだか予想付くでしょ。なってもWがバイクに乗れなくなるだけでほぼ無意味である。
アクセルボイルダー スタートダッシュモード

アクセルスプラッシャー
劇中未登場。名前を見ればどんなだか予想付くでしょ。
アクセルマンモシャー
Wがマンモス壊すもんだから劇中未登場。名前を見ればどんなだかわかるでしょ。マンモスメカが商品化されなかったこともあり、アクセルの再現すら不可能な幻の形態となってしまった。想像してみると不格好な気がしてしまう。だから想像しーなーい。したければしても良いけど。
メモリガジェット
翔太郎などが使う探偵道具。ギジメモリという自作メモリを差し込むことで動物に変形する。ドーパントにまともにぶつかっても壊れ? 157c ?いほどの耐久力を持つ。ガイアメモリを差し込むとマキシマムドライブによる攻撃が出来る。といってもメモリブレイクするほどでは無く、主に相手の特殊能力を封じるために使われる。また、メタルシャフトやトリガーマグナムにくっつけるとそれぞれの特殊な能力を持たせる事も可能。販促的な能力である。携帯電話やデジカメはともかく、腕時計は時代錯誤な気がしないでもない。
スタッグフォン
要するに高性能の携帯電話。どこの携帯会社と契約を結んでいるかが、注目である。今のところ翔太郎が持つものとフィリップが持つものの二個が確認され、二人はこれで連絡を取り合う。ギジメモリ「スタッグ」を差し込むとクワガタに変形(ファイナルフォームライド)し、翔太郎を助ける。ヒートメモリを差し込むと炎上するぞ!トリガーマグナムに取り付けると二方向から弾を撃てる。メタルシャフトに取り付けると、高枝切りばさみに早変わり。
バットショット
ムービーや写真を記録する事のできるデジカメ(5億画素)。怪人モチーフの流用。ギジメモリ「バット」を差し込むとコウモリに変形(ファイナルフォームライド)する。飛行しながらデジカメとしての機能を使う事も可能で、情報収集に一役買っている。諜報活動以外にも用途は色々。トリガーマグナムに取り付けるとロックオンできる。メタルシャフトに取り付けると超音波を放つソニックシャフトに早変わり。
スパイダーショック
翔太郎の腕にだいたい巻きついてる腕時計。当然象が踏んでも壊れない。怪人モチーフの流用。ギジメモリ「スパイダー」を差し込むとクモに変形(ファイナルフォームライド)する。内部にどうしまってあるか分からないワイヤーを射出したりして、翔太郎を助ける。後発信機を射出できる。麻酔針は発射できない。メタルシャフトやトリガーマグナムに取り付けると網で相手を捕らえられる。
ビートルフォン
ギジメモリ「ビートル」を差し込むとカブトムシに変形(ファイナルフォームライド)する。アクセルが使用。照井が出てきてからの登場は皆無。
フロッグポッド
ギジメモリ「フロッグ」を差し込むとどう見てもフロッグには見えないものに変形(ファイナルフォームライド)する。こちらはフィリップが制作したのだが、パペティアー・ドーパントの注意を引いたのと料理の鉄人の実況解説と翔太郎いじめにしか使われなかった空気。つーか自分でつくれよシュラウド。
デンデンセンサー
デンデン!?(笑)これだけ思いっきり日本語。相手の位置を探ることができる。透明になったハリケンブルーを視姦する程度の能力。
ラピュタ
何故か、超古代ラピュタ文明の空中庭園だが元ムスカである琉兵衛の所有物となっている。園崎家の家・庭である。46話でテラードラゴンもろとも壊された。
ドーパント

USBメモリでお手軽に強化できる怪人? 1116 ?あり、エクストリームスポーツの出場者。きっと同じUSBがいくつも存在するに違いない。再生怪人の理由付けが楽である。と思ったら、早くも同種の怪人が登場した。怪人とはいえ、流石に一般人を普通に倒すと主役ライダーが人殺しになりかねないので、倒されたらUSBが壊れる=変身能力だけ失う(出場資格喪失)という都合のいい設定になっている。その後御用になるか、処刑されるか全力で見逃されるかはその人次第。その設定はゾディアーツにパクられた。
憐れにもドーパントになったゲスト達

注意:ここには膨大となったドーパントの一覧があります。

 すべて表示するには近傍の[表示]をクリックしてください。

戸川 陽介
1話に登場。「マグマ」のガイアメモリで変身。火炎弾を撃てる。分身キックの初の犠牲者。会社への復讐を企んだが、計画がばれる事を恐れた恋人に殺される。
津村 真里奈
1、2話に登場。正体は
元天空聖者ルナジェル。ティラノサウルスの頭から手足と尻尾が生えているという斬新すぎるデザイン。ガイアメモリを挿入するシーンがかーなーりセクシー。自称メインヒロインをさしおいてお姫様抱っこされた。使用する「ティーレックス」のガイアメモリは衝撃波を放射したり、磁力を操って巨大化できる。この世界の恐竜って一体……。メタルブランディングで頭を吹っ飛ばされる。キメ台詞は「喰ってあげるわ!」
加賀 泰造
3、4話に登場。地下賭博場のオーナー。使用する「マネー」のガイアメモリはコインに魂を封じ込める事ができる。ダービー兄とかオシリス神とは言ってはいけない。ドーパントに変身する前の方が翔太郎たちを苦しめていたような気がするが、多分気のせいではない。というか人間のときの方が怪人っぽい顔(? 10ab ??毛)をしている。最後は壮絶な販促な手段で負けた。ダービー弟とかアトゥム神とは言ってはいけない。しかし、某高校生を相手にしなかった分、精神崩壊は免れたのでまだいいほうだろう。メタルブランディングで(以下略
鷹村 源蔵

鷹村の部下
5、6話に登場。両者とも同じ「アノマロカリス」のガイアメモリを使用。変身すると歯をめっちゃ飛ばす。ルナトリガーで狙い撃ちされる。
伊刈
7、8話に登場。同人作家でテンプレートを使わなかった為、正体がばれてしまう。普段はラーメンズという二人で一人の生物学者で、オオグンタマを発見する。使うメモリは「コックローチ」。まさか足に差すとは…。ゴキブリ並みのしぶとさとサイクロンを上回る機動力を持つとされる。それって無茶苦茶強いんじゃ…。スーツのデザインは歴代ゴキブリモチーフ怪人の中でもトップクラスの完成度で、視聴者の多くは朝ごはんがのどを通らなくなったと思われる。ルナトリガーで(以下略
佐々木 由貴子
借金を踏み倒す為にガイアメモリを買ったと言う本末転倒な人。使うメモリは透明化したり液状化したりするスイーツ(笑)。(これって男が使ったらまずいんじゃ・・・)卓袱台を傍に置きそうな姿をしている。亜樹子に椅子でぶん殴られて引き下がると言う怪人にあるまじき醜態を見せた。戦いが進むにつれて口がダラーンw。眼鏡ブスメイド。デザインが某卓袱台宇宙人メトロン星人に似ていると言われるが、多分気のせい。ヒートジョーカーの分裂パンチで殴られる。
バイラス・ドーパント(山村 幸)
メモリのみが暴走。ひき逃げしたギャング道を踏み外したハヤテ一同様と結婚詐欺師を襲った。ウィルスという「汚物」だったのでヒートトリガーで消毒される。ウィルスの除去は加熱が有効であることが証明された。
上尾 強
若菜のマネージャー。若菜に出番を捕られた先輩に無理やりバイオレンスのガイアメモリを突き刺される。その先輩は霧彦さんにXXXXXされました。ルナトリガーで(以下略
倉田 剣児
風都で泥棒をやってた人。武器を自由自在に変えられるアームズのメモリは一度はWを撃破した。アームズメモリには武器の記憶だけで? 1287 ?く世紀末の記憶までもが封じ込められており、使用すると顔の形や決め台詞、バイクや拷問の趣味などが世紀末的になる。アバレッドから6年たって違う方向にダイノガッツを注いだ人物。ファングジョーカーでダイノガッツを叩き込まれて更生したと思ったらまた薬物に手を出した。
中学生達(男の子×2、女の子×2)
バードのメモリで空を飛んでいた。『空を飛べる様になる』など麻薬を思わせる行動が目立った。窪塚も使用した可能性がある。霧彦が急に善人化した。
片平 清
有名フラワーコーディネーターの馬鹿息子。マザコン。つめたいいきを吐けるアイスエイジのメモリを使って変身した。逃げ方がアイスマンのパクリ。エースラッシャーでぶっ飛ばされる。アクセルのWじゃなかった。
九条 綾
復讐を果たすためにトライセラトップスのメモリを使った。昔は宇宙警察デカイエローだった。元探偵の大神官ガジャを殺害したが、アクセルガンナーに倒される。メモリブレイク後はバイクに乗ってデュエルしている。後に宇宙鉄人キョーダインのスカイダインに変身する。
沢田 さちお
ライアーのメモリを使った。頭部から打ち出す特殊な針で睡眠暗示状態にできる。ダミーと組んだら最強なはずである。分身キックとバイクマンの合わせ技で倒される。
堀之内 慶應
自分の悪口を言う作家を襲うためにパペディアーのメモリを使った。指から放つ操り糸で狙ったものを操る事が出来る。変わり種メモリ最盛期の使用者。サイクロンメタルでぶったたかれる。
リリィ白銀(白銀 理恵)
指を鳴らすと消えることができるインビジブルのメモリを使った。一回アクセルに心臓を止められ、電気ショックで蘇生、メモリが抜ける。視聴者は彼女のコスチュームに心臓を止めたことだろう。変身できなかった人間版ネロンガみたいなもの。昔は忍者ハリケンブルーだった。そして2年後には高校教師になった。
福島 元
他人の夢の中に入り込み、目覚められなくするナイトメアのメモリを使った。これに対抗するため翔太郎とフィリップは寝たまま変身……展開が某赤ん坊のスタンド使いの時と似ているのは気にするな。阿呆なアイドル歌手にストーカー。ルナメタルのパイナップル攻撃で倒される。余談だが彼の恋人(多分)の姫香は「?です」が口癖なのだが、 3914 キャラメル、データス、シプレ&コフレたちも口癖が「?です」であるため、日曜朝7時?9時までの時間帯に放送されている番組が「?です」づくしとなった。
有馬 丸男
ビーストのメモリを使った。久々の格闘派。自己再生する。さらにメモリを10年前から使っており一体メモリはいつから作られ始めたのかも新たな謎として浮かび上がった。4年前は蕎麦屋もしていたが木場の兄に擬態したワームに店の暖簾を奪われた。
有馬 鈴子
ゾーンのメモリを使った。能力は、座標を指定することで対象ををテレポートさせること……だからチョコレート・ディスコじゃないってば。何故か人型ではなくピラミッドの中から目玉おやじが覗いている。ビーストとの連携で最強になる。気象医師とは本当の夫婦。妻はゲストなのに、夫はセミレギュラー扱いに。ビッカーファイナリュージョンで最初に倒された怪人。
須藤 雪絵(不破 夕子)
イエスタデイのメモリを使った。曲者タイプ。24時間前にやった行動をそっくりそのまま行わせ、その後昏睡状態に陥れる能力を持つ。しかし結構な計算しないと狙ったとおりに動かない確率が高い。自分が世話になった孤児院を狙った地上げ屋に刻印を打って昏倒状態にした。尻彦さんの妹。風都に来たらお兄さんのスカーフが飛んできたそうな。かつてはマジレッドの恋人・インフェルシアの花嫁。冴子の部下になるフリをして復習を目論むもあっさり返り討ち、逆にメモリの力を食らってしまう。計算高く見えて肝心なところが抜けてるのは兄譲りか。実は魔法家族の三男のあこがれの人である。メモリブレイクしたら記憶が消えた。つまり責任能力が無くなったわけで(ry
オウム(野鳥園の鳥)
ケツァルコアトルスのメモリを井坂さんに刺された。猫がドーパントになるならとオウムがドーパントに変身した。かなりデカイ。人が変身するのと違いアホなので力で押し切ることしかできない。一回限りの斬撃で倒される。
イナゴの女
ホッパーのメモリを使った。意味ありげなメモリだし結構強いからレギュラーになるかと思ったらトライアルに倒された揚句、ミックに殺された。加頭のかませ犬。イナゴが大好物だが、あの悪食男には遠く及ばない。蹴りを得意とするドーパントであることからメモリブレイクされた際、副作用が使用者に現れず、番組が次回休止という形で現れた。
川相 透
ジーンのメモリを使った。遺伝子組み換えを得意とする。得意技のおかげで農家や消費者などから批判されたがムスカには評価された。字を紙に書いてでしか話すことができず好きな人の映画を勝手に作り上映するなど最悪で最強な無間龍ロンと同じ顔してるのに見かけ倒し……。と思ったら恋愛関係はないなど何なんだ。通産600分以上かけた挙句「未完」というTV番組を見たのをきっかけに7時間かけて「未完」という映画を作った。映画館に人を監禁したのにお咎めはなかった。何故だ。
上杉 誠
ジュエルのメモリを使った。防御力が異常に高い為、冴子さんに追われる。防御力が高いのを生かし、ATフィールドも作りだす。この回、やたらエヴァ意識してるような・・・弱点である割れ目をプリズムピッカーで刺される。友人の城島泪が変身していたと思われていたが彼女は脅迫されていて演技をしていただけだった。
相馬 卓
オールドのメモリを使い、相手を老けさせる能力を発揮。照井に効かなかったのは、低体温だったからとか、そういう理由とは関係ない。変なドロドロを広げる点ではテラーと似たり寄ったりである。また、姿も似ていないわけではない。「占い」師なので、体に「裏がない」。トライアルのツインマキシマムにメモリブレイクされる。
朝日放送
ベースボールのメモリを使用。使用した朝日放送は近畿圏の放送局の為、風都には影響がなかったが関西地方の人間はこの番組を1週間遅れと一日遅れで見ることになる。(8日分は15日に、15日分は22日、22日分は23日)しかし変則的である為に、このドーパントに苦しめられる者は大量にでた。
EXEの不良A
アノマロカリスのメモリを使用。特有の技も使わず殴る蹴るだけで、ライダーパンチでメモリブレイクされる。
EXEの不良C
コックローチのメモリを使用。こいつも特有の技を使わず、ライダーキックでメモリブレイク。ミュージアムを継ぐなんてよく言ったものである。
ペットショップの店員(エナジー)
サンタちゃんの店の店員でエナジーのメモリを使用。彼自身の能力で誰も気にしないフィールド、略して、「DKフィールド」を常時発動している。別名「名もなき店員」。EXEの首領でメモリのコネクタが鼻付近にあるが、誰も気づかない。技はエナジーボールではなくでんじほう。とある店員の超電磁砲。翔太郎を不意打ちするも、それがフィリップを呼び出す原因となる。フィリップが復活すると皆喜び、本当に誰も気にしない。最後の最期で分裂キックで倒された。テラー・ユートピア後の平成ライダー史上最弱のラスボス。
その他の用語
ガイアメモリ
地球の記憶をUSBメモリに押し込んだ物。挿し込んだ人や物を怪物に変える。ショッカーの改造手術よりも簡単である。
恐竜等の古生物系には巨大化する作用もある。使い方がヤバイ薬を注射するみたいに見えるがきっとそうだ。放送時期が時期だけにそうにしか思えない。破壊されると怪物から、どう見ても薬が切れて廃人の手前みたいな人間に戻る。売人はメモリのアフターケアまでしないといけないらしい。なんと難儀な…。後にゾディアーツスイッチ(ホロスコープススイッチ)に技術を盗用される。
T2ガイアメモリ
劇場版2に登場。A?Zの26種までという細かい縛りで作られた新作品。26種のT2ドーパントが存在すると同時に、ロストドライバーにも対応しているため、26種の仮面ライダーが存在することになる。善と悪は1枚のコインの関係とはまさにこのこと。ロストドライバーで使用可能という事は、ダブルドライバーとも互換があることになる。ソウルメモリ、ボディメモリが各13種と仮定した場合、13×13=169種のフォームが存在することになる。オーズ並みに酷いぜ!

注意:ここには膨大となった【多すぎて省略せざるを得ない空想の仮面ライダーやT2ドーパント】があります。

 すべて表示するには近傍の[表示]をクリックしてください。

A =仮面ライダーアクセル / T2アクセル・ドーパント
前者は劇中で登場済であるため割愛。ロストドライバーで変身した場合、バイクフォームに変身出来ないアクセルと化す。なお、「Accel」は和製英語であり、本来は「Accelerator」と表記するのが適当。故に純粋に近いドーパント形態の場合、内包されている促進剤や加速器の記憶を使いこなせると考えられる。
B =仮面ライダーバード / T2バード・ドーパント
鳥のライダー。平たく言えばオーズのタジャドルコンボ。1つのメモリであの強さが発揮できると考えたら、強い部類のメモリかもしれない。後者は劇中で登場済みであるため割愛。もしバードではなくビーストが採用されていたら、仮面ライダービーストの登場が3年前倒しされていたかも知れない。
C =仮面ライダーサイクロン / T2サイクロン・ドーパント
26種のメモリの中で、唯一どちらも劇中で登場した(ライダー形態はサイクロンサイクロンとして)。ちなみに裏設定によるとT2サイクロンメモリは、ジョーカー同様に鳴海探偵事務所の近くに飛来していた模様。少し運命が変わっていたのなら、翔太郎の代わりにフィリップが戦いに出ていたのかもしれない。小説版に仮面ライダーサイクロンは登場する。
D =仮面ライダーダミー / T2ダミー・ドーパント
模倣・偽装のライダー。平たく言うとディケイド。模倣の範囲にもよるが、公式チートのディケイドより弱いのは確かであ 1264 る。
E =仮面ライダーエターナル / T2エターナル・ドーパント
USBメモリ共の王様。永遠とは不変、不変の存在とは絶対の力。故にガイアメモリ封印・26連マキシマムという能力が発現したのだろう。マキシマムが使えないT2ドーパント形態の場合、時間・概念の意味での「永遠の記憶」の特色が強くなり、クレイドールの如く倒れる事の無い不死身のドーパントと化す模様。NEVERの大道が使用してもあまり意味がない気もするが。
F =仮面ライダーファング / T2ファング・ドーパント
牙のライダー。名前だけはキバだが、性質はそのまんまギルス。一応Wのメモリであるため、NEVERが使用してもおかしくなかったのだが「だいはあど」の法則でハブられた。ライダー形態は白くて体から牙が生えたジョーカーと考えると想像しやすい。ドーパント形態は白虎モチーフではないかと囁かれている。フィリップが使用して変身する。
G =仮面ライダージーン / T2ジーン・ドーパント
遺伝子のライダー。自身の遺伝子を組み替えて用途に合わせた戦闘形態を取る。仮面ライダーシリーズではお約束の改造手術には欠かせない存在で、どちらかと言うと悪の仮面ライダー側かもしれない。「Geen」よりも「Genom」だった方がカッコよかっただろうに。
H =仮面ライダーヒート / T2ヒート・ドーパント
見た目は赤いジョーカー。フィリップが使って変身する。闘争本能が高いフィリップ……ゾクゾクするねえ
I =仮面ライダーアイスエイジ / T2アイスエイジ・ドーパント
氷の仮面ライダー。名前は長いし映司だし。凍結ライダーにはピンと来ないであろうが実はスーパー1、タイガ、レンゲル、凍鬼、レイ、オーズのプトティラコンボ等など使い手はそこそこ存在する。
J =仮面ライダージョーカー / T2ジョーカー・ドーパント
ドーパントの場合、「切り札」よりもメモリに描かれてる「道化師(ピエロ、クラウン)」の側面が強くなるそうだ。要はドナルド化。
K =仮面ライダーキー / T2キー・ドーパント
鍵のライダー。両方とも本編未登場のメモリその1。ライダー形態は鍵型アイテムを使い潜在能力を開放していくテンプレ物。ドーパント形態の場合は(ライダー・怪人問わず)変身の強制解除や探知能力という極悪な能力を持つ。そりゃ本編で出せる訳がない。
L =仮面ライダールナ / T2ルナ・ドーパント
見た目は黄色いジョーカー。名前は月光仮面。腕が伸びる様は狂気(Lunatic)である。フィリップが変身する。
M =仮面ライダーメタル / T2メタル・ドーパント
見た目は銀色のジョーカー。メタルシャフトを使って暴れる。翔太郎が変身する。
N =仮面ライダーナスカ / T2ナスカ・ドーパント
本編を見始めた人は誰もが妄想したかもしれない、ナスカ文明の仮面ライダー。どう考えてもソウルメモリ。軍事性だけではなく宗教性が強い文明であったため、その気になればクレイドールと挿げ替えれる程の神格を発揮する事が可能。その姿や武器は、かの有名な「ナスカの地上絵」と同じような意匠が込められている。副作用の強いゴールドメモリの記憶をT2なんかにしちゃって大丈夫か?大丈夫だ、? 7ffa ??題無い。
O =仮面ライダーオーシャン / T2オーシャン・ドーパント
大海のライダー。両方とも本編未登場のメモリその2(名前だけ登場)。平たく言えばオーズのシャウタコンボやポセイドン、アクア。水を操る性質上、T1の場合ソウルメモリに該当すると思われる。
P =仮面ライダーパペティアー / T2パペティアー・ドーパント
人形遣いのライダー。バイクや武器などのガジェットを意のままに操るライダー……だけでは地味すぎる。能力が強まれば視認した物を人形として複製する、ソフビを戦士として具現化し操作、自身と寸分も違わぬ人形と化すぐらいはやってのけそう。「○○の人形遣い」という形になるのが理想であるため、ボディメモリに該当するとされる。
Q =仮面ライダークイーン / T2クイーン・ドーパント
女王のライダー。両方とも本編未登場のメモリその3。アブソーブクイーン。ドーパント形態は防御に徹した能力であるため、ライダー形態もそれに準ずるカウンター型の武器を使用すると考えられる。なお性質上、基本的には男性とは適合しない。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:92 KB
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef