仮面ライダーJ
[Uncyclopedia|▼Menu]
仮面ライダーJ! ジャンボライダー!

仮面ライダーJ(かめんらいだーじぇい)とは1994年に公開された映画及びこの作品の登場人物の名前。仮面ライダーという名前が付いているため勘違いする視聴者も多いが、ライダーではなくウルトラマンの一員である。一応平成ライダー。ちなみに仮面ライダーZOとは友達。
目次

1 概要

2 ストーリー

3 登場人物

3.1 フォッグ


4 ZOとの共演

5 その他のJ

6 主題歌

7 Jのお仲間

8 その他

9 関連項目

概要

仮面ライダーJは瀬川耕司が変身する仮面ライダー初の巨大化するライダー。ZOに続き、雨宮慶太が監督。
ストーリー

カメラマンを仕事とする瀬川耕司はある湖の汚染の調査をしにきていた。そこで木村加那に出会う。しかし地球に来ていたフォッグ・マザーは怪人の誕生に必要な「生贄」を木村加那に決め、部下の怪人に木村加那を誘拐させようとする。それを止めようと(本当は木村加那の写真が売れそうだったから)瀬川耕司は勇敢にも怪人に立ち向かうが崖に落とされ死亡する。しかし地空人が瀬川耕司を改造し仮面ライダーJ(ウルトラマンJ)として蘇らせた。そして人類を食い尽くそうとするフォッグの連中を倒すべく仮面ライダーJ(ウルトラマンJ)として戦ってゆく。
登場人物 瀬川耕司の知る人ぞ知る過去。
瀬川耕司(せがわ こうじ)
本名ゲキ。元ヤマト族の王子。バンドーラ封印後、名前を瀬川耕司に改名し人間社会に溶け込んでいきカメラマンとなった(盗撮ではあるが)。アニメの声優やタキシード仮面でもあり鳥人戦隊ジェットマンに洗脳されている。森で出合った幼女がフォッグに襲われていたとき幼女を助けようとするが崖に突き落とされて死亡。大好きな兄さんのいる世界へ逝ってしまった。ように思われたが地空人とか言う人たちに改造手術を受け仮面ライダーJとして復活。麻生勝とは仲の良い親友。物語の最後撮った幼女の写真は後輩のロリコンたちに売り込んだところ5万円で落札された。 Jサイン!!!! DEKEEEEEE!
仮面ライダーJ
瀬川耕司が変身した仮面ライダー。地空人とか言う人たちに耕司が改造されて誕生したため、宇宙のかなたにいる兄弟とは関係がない。もしかしたらティガとかガイア辺りとは顔見知りかも。仮面ライダーZOとデザインが似ているのは元々、ZOの続編の予定であったからである。身長40メートルの身長は「初代ウルトラマン」と同じでありこの事実が彼が「ウルトラマン」である事を示している。(たまたま)「仮面ライダーワールド」では対抗して巨大化したシャドームーンも登場した。当然だが、ウルトラマンみたいな仮面ライダーなので巨大化できる。不便なことに自力では無理。大地の力が特別に1度だけ与えた力なのである。まあ世界の破壊者はやすやすとこいつの力を使いましたがね。このようなことからJはジャンボライダーという別名を持つ。ウルトラマンなのにライダーと度々呼ばれるのは、前述のとおりZOをパクッたデザインにされたから。いやだからそれのことじゃねーよ。もうひとつの特徴としてJサインと言うものがある。これはJのJパワーを高めることが出来、変身時、肘うち、最後の決めポーズの時などに使用された。右手をぐーにして親指、人差し指、中指を立て、人差しと中はくっつける。つーか画像を見てもらったほうが早いな。そして何故かウルトラマンなのにスペシウム光線や八つ裂き光輪、ウルトラアタック光線みたいな光線技のは撃てず、肉体技のみの地味な奴である。当然、ウルトラマンティガとかみたいにM78星雲出身ではない。大地(の精霊)の力を使うので、ウルトラマンガイアに近い。仮面ライダーJはサーキットで転倒しちゃうおっちょこちょいな一面も見せたことがあり、ネット上で全国が笑い泣きした。
Jクロッサー
Jの専用バイク。実はZOのZブリンガーより速い。
ロードザウラー1
ジュウレンジャーのバイク。今は実家に眠っている。
必殺技
Jキックライダーキック。Jサイン使用後は威力が上がるよ。ジャンボライダーキックJがジャンボライダーになったときの必殺技。正式名称はジャンボウルトラキック。Jキックの巨大versionだと思われ。Jサイン使用後h(ryJパンチパンチ。Jサイン使用g(ryJダンシングアタック超高速でパラパラを踊り、相手が混乱しているすきにJパンチをお見舞いする。Jサイン使y(ryティラノスラッシュ龍撃剣を使った技で、相手を切り刻む。ハウリングキャノン昔の同僚から借りてる武器を合体させて放つ強力なレーザー。グランバニッシャー昔の同僚、究極大獣神が攻撃してくれる。フォッグマザーと戦ったときこれを使おうと思っていたが究極大獣神君はWCに行っていたのか見当たらず、結局J一人で戦うことになった。ジェイストライクJクロッサーによる攻撃。90メートルも飛んで敵に体当りするという。バイク技なのでJサインの効果が得られるのかどうかは知らない。
木村加那(きむら かな)
上記の幼女。実際9歳だから幼女の区域に入るかどうかは尻増せーん。アイドルの有名人だとか。フォッグマザーの子供の餌として誘拐された。でも☆でも☆でも☆でも☆仮面ライダーJに助けられた。
地空人(ちくうじん)
瀬川耕司を仮面ライダーJ(ウルトラマンJ)に改造した人たち。どこぞの大神官のようなローブを着た怪しいおっさんと女。大地の精霊の力Jパワーで生きている。地面と足がつながっていて歩けないのでベリーというバッタを使者としてうろちょろさせている。噂によれば仮面ライダーZOに登場したとのさまバッタは地空人だったとか・・・。それでZOを元にJを作ったとか・・・。(多分、偶然) ベリー
ベリー(べりー)
元々ベリーは「ミュータントバッタ」とか言われてるすごいデカイショウリョウバッタなんだがミュータントと言うだけあって自称カワいい声でしゃべる。ガライに打ち殺されたかに思われたが実は生きていた。殺虫剤持って来い。「こいつカスミのコダックだぞ。」と言う都市伝説が存在する。オーキド博士が暇つぶしに調べてみたところベリーは他のポケモンの役を演じていたことが判明。サトシのゼニガメ、サトシのラプラスである。オーキドの聞き込み調査によるとベリーは「金が必要だったのでポケットモンスターで働かせてもらっていた。」と証言。さらには「ポケモンハラハラリレー」なる歌まで歌っていた。この歌に関してベリーは「ポケモンハラハラリレー(難し版)歌えねー奴ってなんなの?」と語った。現にこいつは別世界にて10秒以下の時間内でとんでもない字数の文章を音読するという芸を視聴者に見せびらかした。早く殺虫剤持って来い。
ゴウシ&ダン&ボーイ&メイ&ブライ
瀬川耕司の同僚&兄貴。古代の恐竜人類達。マンモスやサーベルタイガー、ドラゴンもいるが・・・劇中に登場したかどうかは定かではないがみんな瀬川耕司を陰ながら見守っていたと語る。
フォッグ
フォッグ・マザー
機械獣母艦とかいうらしい。要するに機械の獣の母親の戦艦。
機械獣とは関係ないよ。大食いおばさんというか子供(ガキ)が。恐竜絶滅絡みでキングギドラの親戚。1000年に一度大量の怪人を産む厄介者。しかもその怪人たちは産まれたあと大量の餌を食べるので今回地球にやってきて人間を食い尽くそうとしていた。ちなみに恐竜が絶滅したのはこいつの子供たちが食い尽くしたかららしい。(瀬川耕司はアレだったこともあって激怒。)最後はジャンボライダーと戦って本体を殴られて死亡した。究極大獣神と移動方法が似ていいいい…。なお恐竜が絶滅したころから1000年に一度増殖(数万匹の子供を生むらしい)し続けていてミツバチやアリなど(機械獣母艦になる前はミツバチのような生物だったとされている)と同じように増殖した奴らの中にも女王が生まれて繁殖し始めるという生態だった場合現代になって再び地球を襲撃するころには某宇宙怪獣やバッフクラン軍とタメはれるほどの数に増殖していることになる。いっせいに地球に来られた日にはどうすりゃいいのやら。後、HERO SAGAではドラスを吸収してフォッグ・ドラスにパワーアップした。
ガライ
別名コブラ男。耳についているイヤリングで怪人になる、フォッグ・マザーの部下のリーダー格。驚いたことにこいつはジェダイの騎士である。(絶対違う)その証拠としてライトセイバーを使う。(恐らく偶然…だと信じている)ベリーを叩いてボコした。鞭モードにもなる。最後は仮面ライダーJのJキックで倒された。また、「仮面ライダーワールド」という短編映画で復活した。(弱かったが)仮面ライダーディケイドとオールライダー映画でも雑魚として復活し散々ボコられていた。
アギト
注!こいつは「仮面ライダーアギト」とは何の関係もありません!(当り前だ)別名トカゲ男。フォッグ・マザーの部下。変身後のこいつが一人でウロウロしてたら絶対ビックリするだろう。「何!?ワニ!?恐竜!?くぁwせdrftgyふじこlp!?」こいつも「仮面ライダーワールド」という短編映画で復活した。(弱かったが)
ズー
別名ハチ女。スタイルいいじゃん?いいじゃん?スゲーじゃん?見たところ貧乳?普乳あたりである。ショッカーにもいそうな別名。もともとこれは3幹部の中で一番弱い。こいつも「仮面ライダーワールド」という短編映画で復活した。(弱かったが)
ZOとの共演1994年、仮面ライダーZOとともに上記で言った短編映画に出演した。詳しいことはここで。
その他のJJは2009年8月8日公開の映画「劇場版仮面ライダーディケイド オールライ(ry」にも登場した。たぶんJがこの映画で一番影の薄いライダーだったと思われる。最後の決戦にて他のライダーたちは勢揃いしてるくせにJの姿だけない。影も形もない。映画予告編では半黒歴史仲間の仮面ライダーシン仮面ライダーZOがいるのに、Jだけいない。結局ディエンドに僕のお宝呼ばわりで連れて来られる形で登場。同じネオライダーという肩書きがありながら、なんと言う…。どうせクライマックスで巨大怪人と戦うとか言う俺等の予想通りキングダークと戦うことになった。しかも出てきて「おし!これでキングダークを倒せる!」と思う暇も無くボロ負け。結局ディケイドがJを洗脳して自分の体にするという始末。J涙目です。カワイソス。ただ「ウルトラマンディケイド コンプリートフォーム ジャンボフォーメーション」でキングダークをむっころしたのでよしとしよう。そのまえに注目したいところがJが巨大化しているところである。そもそもJは、自分の自由で巨大化はできない。巨大化できたのは、世界の危機に大自然が一度だけあたえた力で巨大化できたのである。のわりには「仮面ライダーワールド」でも「オールライダー」でも普通に巨大化している。どんだけ世界の危機が来てんだワロッシュ。たぶん天国の石ノ森先生も疑問に思っていることだろう。まぁ、前者は本編とは無関係な黒歴史、後者はディエンドの召喚直後に「痛みは一瞬」で巨大化させられた可能性があるけど・・・映画ディケイド完結編ではディケイド激情態を倒すため最初から(CG合成がみえみえな)巨大化をしてディケイドを踏みつぶそうとライダーにあるまじき行為を行う。だがディケイドがG4から奪ったギガントとカイザから奪ったサイドバッシャーの総攻撃で爆死した。惨め・・・・・ちなみに声変わりして相当低くなった。後に同じくJの名を持つライダーが登場した。巨大化はできない。後のスーパーヒーロー大戦GPにもちゃっかり出演。相変わらずダイダラボッチ扱いで新人を苛めたりしたが、ショッカー謹製の腕しか動かないガラクタ超兵器「ライダーロボ」の歴史改変ビームで消滅。他の子はモブ扱いで消されたにも関わらず、たった一人だけ首領に「仮面ライダーJは消えた!!歴史から完全に消え去ったのだ!!」と名指しで勝利宣言を食らった。愛されてるんだかされてないんだか。余談であるが、その後Jパワーは悪党ピラフに奪われ『キャプテン翼』の復活に使用される(ただし、Jパワーを帯びた大空翼は超人『キャプテン翼J』になってしまった)。平成生まれのライダーであるにも関わらず、後年製作会社の都合によってシン、ZOともども昭和ライダー扱いにされている。
主題歌
心つなぐ愛
(バイクで道路を
逆走する)エンディングの映像がかっこよすぎます><



Jのお仲間前述のウルトラシャドームーンやウルトラマンディケイド コンプリートフォームの他に仲間がいる。吸血鬼ライダーのファンガイア族を凌ぐレジェンドルガ族の王、小心者の脱獄犯杉村隆に取り憑いたウルトラマンアーク(レジェンドウルトラマンアーク)とメダル集めライダーの鎧武者怪人(グリード)ノブナガの持っていたサソリ、カニ、エビの黒いコアメダルから生まれた悪の戦士ウルトラマンコアである。ウルトラマンというには3.2mだったりやや小柄なのが惜しい巨大化ライダーである。また、Jが登場するきっかけとなったウルトラマンと共演した初代のウルトラマン1号(ウルトラマン新1号)もおりこいつはでかかった。
その他Jパワーだと・・・?
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「仮面ライダーJ」の項目を執筆しています。

仮面ライダー

ウルトラマン


zzz…この項目『仮面ライダーJ』は仮面ライダーに関連した書きかけ項目や。誰か、加筆してくれんな泣けるでぇっ!…zzz (Portal:スタブ)
 ・編・歴 仮面ライダーシリーズ

第1期昭和仮面ライダー :1号 - 2号 - V3 - X - アマゾン - ストロンガー
第2期昭和仮面ライダー :スカイライダー - スーパー1 - ZX - BLACK - BLACK RX
第1期平成仮面ライダー :クウガ(ユウスケ) - アギト(テツヤ・ショウイチ) - 龍騎 - 555(タクミ) - - 響鬼(ヒトシくん) - カブト(ソウジ) - 電王 - キバ(ワタル) - ディケイド(ツカサ劇場版)
第2期平成仮面ライダー :W(ショウタロウフィリップ) - オーズ(フォーム春映画) - フォーゼ - ウィザード - 鎧武 - ドライブ - ゴースト - 568e エグゼイド - ビルド - ジオウ
令和仮面ライダー :ゼロワン
その他映像作品 :シン - ZO - ウルトラマンVS - J - G - アマゾンズ
脇役ライダー :ライダーマン - ナイト - シザース - バース - ポセイドン - アクア - バロン - ゲイツ - ウォズ
秘密結社・怪人 :ショッカー - 戦闘員 - 首領 - ジンドグマ - シャドームーン - 剣聖ビルゲニア - グロンギ - アンノウン - ボルキャンサー - ゲルニュート - キバットバットV世 - 財団X - グリード - ゾディアーツ - バグスター
漫画・小説・ゲーム :HERO SAGA - 駈斗戦士 仮面ライダーズ - THE FIRST(漫画) - サモンライド
バッタモン :仮面ライダーケタック - 仮面ライダー蟹王 - 仮面ライダープリキュア5 - 仮面ノリダー
用語 :ライダーキック - 龍騎の世界 - タイムベント - 巧の仕業 - オンドゥル語 - 電王の世界


更新日時:2019年7月23日(火)12:09
取得日時:2019/11/17 23:51


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:28 KB
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef