仮面ライダージオウ
[Uncyclopedia|▼Menu]

プレビュー活用依頼この記事はある編集者が保存ボタンを猛連打して編集しているせいでアンサイクロペディアのサーバがピンチです!
どうか記事を書き込む前にプレビュー機能を猛活用し、虚弱体質のサーバをいたわってください!
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「仮面ライダージオウ」の項目を執筆しています。ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「 ⇒仮面ライダージオウ」の項目を執筆してくれています。同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「仮面ライダージオウ」の記事を執筆しています。「この本によれば、仮面ライダージオウとは最後の祭りであり、お祝いであり、特撮番組であり、我が魔王である。」
? 仮面ライダージオウ について、黒ウォズ「この本によれば、仮面ライダージオウとは最後の祭りであり、お祝いであり、特撮番組であるが、私にとってはゲイツ君が救世主である。」
? 仮面ライダージオウ について、白ウォズ

気づけば平成仮面ライダーも20作目。そしてまるで図ったかのように元号が平成から令和に変わることが決定。こうなったらやることは一つ。平成ライダー10作目を考えればすぐにわかる。

そう、これは歴代平成ライダーを集めたお祭り作品である。

果たして平成ライダーを締めくくる大作となるのか、はたまた続きは劇場版な悪夢の再来なのか…。

とりあえず、祝え!新たな王の誕生を!
目次

1 概要

2 あらすじ

3 登場人物

3.1 主要人物

3.2 アナザーライダー

3.3 レジェンド

3.4 映画など

3.4.1 劇場版仮面ライダービルド Be the one

3.4.2 平成ジェネレーションズFOREVER

3.4.3 RIDER TIME 龍騎

3.4.4 RIDER TIME シノビ

3.4.5 劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer



4 仮面ライダー

4.1 関連用語

4.2 個別紹介

4.2.1 仮面ライダージオウ

4.2.1.1 通常形態

4.2.1.2 ライダーアーマー

4.2.1.3 強化形態


4.2.2 仮面ライダーゲイツ

4.2.2.1 通常形態

4.2.2.2 ライダーアーマー

4.2.2.3 強化形態


4.2.3 仮面ライダーウォズ

4.2.3.1 通常形態

4.2.3.2 ライダーアーマー

4.2.3.3 強化形態




5 アナザーライダー

5.1 概要

5.2 一覧


6 ライドウォッチ

6.1 主要ライドウォッチ

6.2 レジェンドライドウォッチ

6.3 その他のレジェンドライドウォッチ

6.4 ミライドウォッチ

6.5 アナザーウォッチ

6.6 ライドガジェット


7 その他の用語

8 関連項目

概要

前の祭りでは、通りすがりの破壊者が世界を巡って写真撮っては説教するという筋立てだったが、さすがに二度も同じことはできない。

という訳で今度の主人公は魔王様。天皇陛下も変わってしまうから、時期としてもぴったりなのだろう。

歴代の平成ライダーと出会い、その力を奪い、最高最善の魔王を目指す主人公をみんなでお祝いする叙事詩的特撮がこうして誕生した。主人公は王様を目指しているから当然、歴代の先輩に敬語は使わない。ついでに述べれば、魔王様なのでみんなからは悪者や変人呼ばわりされている。

あれ、これディケイドと大体同じなんじゃ…

↑なんて思っていたら本当にディケイドが出てきたよ。「ジオウ、貴様も味わうがいい!! キャラ濃いに、番組を乗っ取られる苦しみを!!」
? 仮面ライダージオウ について、スカイライダー
あらすじ普通の高校生、常盤ソウゴは2000年生まれなので王様になる未来が待っていた。熱心なライダーヲタクであるスウォルツ氏に目をつけられたソウゴは、イチゴ狩りのついでに王様になるよう教えられ、王様を目指しながらエリートコースを進み始める。そんな18歳の我が魔王の前に現れたのは、ミラーワールドで戦っていたことがありそうなツンデレ、バス事故を起こしそうな白い戦士、そしてマフラーと本が本体な自称予言者だった…。
登場人物
主要人物
常盤 ソウゴ(ときわ ソウゴ) / 仮面ライダージオウ
我が魔王、我が救世主である本作の主人公。2000年生まれの普通の高校生。最高最善の魔王になることを目指している。魔王の時点で最高最善もないのでは…。王様になるからという理由で大学受験をしなかった。その理屈だと高校にも行く必要がないように思えるが、多分高校では帝王学を学んだのだろう。ヒロインの死によって覚醒したヒーローの鑑。2018年まではかろうじて普通の高校生として振る舞えていたが、2019年からは予知夢を見るようになり、過去改編や未来創造能力を手に入れ始める。高校は未来予知によって無事卒業しており、晴れて普通の無職になった。
明光院 ゲイツ(みょうこういん ゲイツ) / 仮面ライダーゲイツ
2068年からやってきた18歳の戦士。そして、本作の真のヒロインでもある。平成が終わろうとする今となっては珍しくなった、典型的なツンデレ。かわいい。
ミラーワールドで戦っていた某ツンデレを髣髴とさせるが、おそらく関係ない(と、思いきや共演を果たしてしまった)。日本人としては変わった名前だが、某IT企業の社長や魔法少女は関係ない。多分。意外と博識で、ドイツ語が話せたり、織田信長を知っていたり、ラベンダーの香りが良い眠りをもたらすことを知っていたりする。多分ツクヨミが好き。「将来魔王となるジオウを倒す」ことを宣言して約50年前に来た割には、倒すべき魔王と同居人になってしまう甘い男。だがそれがいい…!付け加えれば、かつて自分たちを裏切り大きな被害をもたらした元上司の助言を聞き、さらに同じ部屋に暮らしてご飯のお代わりまでするくらいにはお人よし。最初は魔王を倒す気満々だったが、ツクヨミに妨害され断念。以降は、「奴は魔王になると確信した!倒す!」と覚悟を決める→「やっぱり魔王にはならない…」と倒すのをやめる→「奴は(ry というループを繰り返す、変わっている上に忙しそうな人物でもある。覚悟を決めてはすぐに断念し、戦うたびにでやあああああ!と負けるので、ある意味可哀そうでもある。一度ループの過程で家出したこともあり、ヘルヘイムの森を彷徨ったこともあるが、我が魔王のおかげでさすがに自力で戻ってきて、歴史に名を遺すことに成功した。また我が魔王の魂が肉体から抜け出たときには、我が魔王のために戦うというデレを見せつけた。我が魔王を倒すと意気込む割にはその配下であるカッシーンにも及ばず、ツクヨミに助けてもらっていた。後にそのあまりの不甲斐なさを見かねた我が魔王の温情でベルトを破壊する? 306b ??うに諭され、ついにベルトを破壊して歴史を変えた。しかし結局甘さが抜けきれず、「ジオウは最高最善の魔王になるはずで、最低最悪になったら自分が倒す」という現実味のない歪んだ覚悟を見せつけ、我が魔王にベルトを託した。こうしてライダーに変身できなくなったかと思いきや、我が魔王から使い勝手のいい戦闘員としての評価は得ていたようで、新しいベルトを授けられたので、再び変身できるようになった。流石は我が魔王。その後は元上司と同じ顔の変な人に我が救世主と崇められ我が魔王と対立する…のかと思いきや、なおも我が魔王にデレ続ける。むしろ元上司と同じ顔の人からは、「このままでは救世主にはなれない。ゲイツ、お前は甘い!」と言われる始末。その後、あらゆる攻撃を跳ね返し、ウォッチも作れないので倒すことができない敵アナザーリュウガと対峙。アナザーライダーを倒すにはウォッチが必要であることを完全に忘れて、自滅覚悟の特攻というあまりに愚かな発想に至る。結果、アナザーリュウガを倒すこともかなわないまま死亡する。しかし、我が魔王がジオウUとなったためにこの愚かな作戦は行われずに済んだ。流石は我が魔王。この一件からツクヨミが離反するという事態を招くも、まだ我が魔王にデレつづけ、我が魔王に予知夢を見てもらうためにラベンダーの香りを用意する。このように我が魔王にデレつづけるだけかと思いきや、ある時ツクヨミが我が魔王を殺そうとして死ぬという、訳の分からない勘違いをし、我が魔王を倒す決意を固める。しかし、実のところは我が魔王を友人と思うほどに完全に落ちており、単に引っ込みがつかなくなっているだけだった。
ツクヨミ / 仮面ライダーツクヨミ
2068年からやってきた18歳の少女。本作のヒロインらしいが、ある意味ゲイツ以上に戦士の風格のある人物。ゲイツと違って即断即決で、バカ。時間停止ビームを放てる上、妹属性持ちでもある。基本的に白装束。昭和ライダーの頃から見られる、台詞に濁点が入る人物でもある。変身前の方が強そうとか言っちゃいけない。まだ我が魔王を倒す気満々だったころのゲイツを妨害し、ゲイツをループに陥れた人物。織田信長の存在を知らない。
ウォズ(黒ウォズ) / 仮面ライダーウォズ
みんな大好きファンボーイ。自称予言者。またの名をアナザーライダー発見器。声がいい。物語のあらすじが書かれた本を持ち、隙あらばネタバレをする変わったお兄さん。ちょっと前まで古着屋で働いていた。我が魔王に絶大な忠誠を誓っており、歴史を変えようとする輩が現れると自ら約50年前にまで赴くほどの筋金入りの忠臣にして原作厨。しかし、あくまでも我が魔王の意思を尊重し、想定と違うことが起きても受け入れるファンの鑑。我が魔王が新しい力を手に入れるたびにお祝いし、さらに周りにもそれを求めるちょっと痛い部分があるが、ファンとしては当然であろう。移動・攻撃・防御と三点揃ったマフラーも持っている。
白ウォズ / 仮面ライダーウォズ
使われる側の人間。タブレット仕様の「あらかじめ日記」を持っているが、肝心な時に使わない。ゲイツ救世主ルートという誰得なルート構築のために邁進していたが、全てはスウォルツ氏の掌の上だった可哀そうな人物。挙句黒い方に力を奪われ、呼んできたコソ泥もいうことを聞かなかったので自暴自棄になる。脚本に都合のいいように使われ、ジオウ・ゲイツ・黒ウォズの強化を行い、ミライドウォッチは残るけど自分だけは消滅という無様な最期を遂げる。しかし、自分では満足している様子。
加古川 飛流(かこがわ ひりゅう) / アナザージオウ
2000年生まれ18歳の少年。スウォルツ氏が企画したイチゴ狩りバスツアーの参加者。イチゴ狩りを大変楽しみにしていた。白い服の女が介入したために気を失い、さらにイチゴ狩りもダイマジーン狩りに変わってしまい、ついでに両親を失ってしまう。そのため白い服の女を恨んでいる…のかと思いきや、我が魔王を恨んでいる変わった人物。多分おじさんのせいだね。スウォルツ氏からもらったアナザージオウウォッチによってアナザージオウとなった。我が魔王とゲイツ君によって倒されたが、何故か復活してアナザージオウUとなった。しょせん王の器ではなかった。
ウール
タイムジャッカーの一人。一部女性の心を鷲掴みにしたショタ。ついでに一部男性の心も鷲掴みにしているので男の娘といえる。スウォルツ氏にショコラやお年玉を貰った辺り、タイムジャッカー内でもショタとして認識されているらしい。スウォルツ氏とは違って本気で王の擁立を望んでいるらしく、一番の働き者ではあるが、その割にバスケ選手・売れないマジシャン・ただの警官など、到底王になれそうにない人物を王の候補者として選ぶ。一応檀黎斗を王の候補者に選ぶという、まだまともな判断をしたこともあるが、その際も「ゲーム開発に才能を使うのはもったいない」という的外れなことを考えているので、人を見る目は絶望的にない。
オーラ
タイムジャッカーの一人だが、今のところ一番蚊帳の外にいる人。気がつけばアナザードライブにされたり、基本的には苦労人。性格は酷い。
スウォルツ氏 / アナザーディケイド
イチゴ狩りと王様に目がないライダーヲタク。服の袖がおかしいのはご愛嬌。ごとき氏。王様を擁立するために、2000年生まれの資格者たちを集めたイチゴ狩りバスツアーを2009年に企画。当初イチゴ狩りを通して誰が王にふさわしいか見極める予定だった。イチゴ狩りと王様の間になんの関係があるのだろうか。しかしツクヨミの介入で、急遽ダイマジーン狩りツアーに予定を変更した。子供好きで、イチゴ狩りを企画したのも2000年生まれの子供たちに喜んでもらうため。ウールのことも可愛がっており、ショコラやお年玉をあげたりしている。その一方で、ウールに気持ちの悪い木のような虫のようなものをくっつけて楽しむという趣味も持っている困った人物。ホモショタコンおっさん。
常盤 順一郎(ときわ じゅんいちろう)
ソウゴの大叔父で、時計店を営んでいる。既に多くの人が気づいていると思うが、本作の真の黒幕である。
オーマジオウ
世界を救った最高最善の魔王。霞のジョーであったり、武神鎧武であったり、パラドックスロイミュードだったりした。過去の自分にベルトを壊すよう諭したり、過去の自分に祝電を送るくらいにはお茶目な人。
アナザーライダー

『ジオウ』本編のみ。
バスケ選手 / アナザービルド
アナザーライダーとしては珍しく、名前が特に明かされなかった謎の人物。その上まだ設定が固まっていなかったのかアナザーライダーとなってからは、ほぼ自我を失いかけていた。交通事故で選手生命を絶たれる寸前にタイムジャッカーと契約しているが、何故そのような無名の人物が王の候補になったのかは謎。アナザーライダーになってからも、バスケとは関係のないスポーツ選手を襲って成分を奪うという奇行に走る。その上スポーツ同士でベストマッチを作ろうとするなど、いろいろと可哀そうな人物。本編では水泳と弓道をベストマッチにするという腐女子もびっくりなチョイスをしていたが、本家ビルドのベストマッチもよく分からないので、この点はある意味オリジナルに忠実。筋肉バカに抱き着いてベストマ?ッチ?などと言い出す変態。
飯田さん / アナザーエグゼイド
心臓に疾患を抱えた息子のためにアナザーライダーになった父親。おそらくシングル。移植できる心臓を見つけるために、人々を昏倒させるというのはともかくとして、そのために誰にもクリアーできないクソゲーを生み出すという少々変わった考えをお持ちの方。第一、なんでゲーマーばかり狙うのだろうか。後に息子ではなく自分が救急車で搬送されるが、それは別の話。
佐久間 / アナザーフォーゼ / アナザーファイズ
一人で二つのアナザーライダーになった珍しい人物。そもそもなぜアナザーファイズの力が失われたのかは謎。流星群デートをすっぽかした結果、恋人を死なせてしまったある意味最低の男。流星塾出身なので、一歩間違えればオルフェノクになっていたはずだが、そのあたりは不明。
ウィザード早瀬 / アナザーウィザード
みんな大好きウィザード早瀬。天才的な腕を誇るマジシャン。彼のマジックにトリックはない。まさに魔法だ!6年後の自分から電話がかかってくるというファンタジーに見舞われ、
片思いの人に告白して玉砕するその様は、多くの視聴者の最後の希望となった。後にマジシャンとして新たな道を進むが、ボディーガードを名乗る不審者の登場で退職することになる。
檀黎斗王 / アナザーオーズ
詳しくはレジェンドの方で。アナザーゲンムではない。
アスラ / アナザー鎧武
チームバロンのリーダー。しかしインベスゲームはしない。そしてリーダーの器でもない。王様になる器でもなさそうだが、スウォルツ氏にとっては使われる側の人間なので問題ない。何故ダンスやっているのか正直よく分からない。ダンスで勝てないなら誘拐しちゃえばいいじゃないの精神の持ち主。案の定見捨てられた。
マキムラ / アナザーゴースト
警察官であるただのいいお兄さん。寺生まれのTさんが鉄骨から助けてくれたお蔭 10c8 で九死に一生を得る。乃木坂46の曲ではない。
??? / アナザーW
詳しくは映画の方で。誰だかわからないが、爆発した。
久永アタル / アナザー電王
詳しくは映画の方で。顔ががばっと開く。
ティード / アナザークウガ
詳しくは映画の方で。パンフレットにあっさり正体を書かれ、倒され方まで書かれてしまった。
神蔵蓮太郎 / アナザーシノビ
詳しくはレジェンドの方で。オリジナルアナザーライダーというよく分からない存在。
堂安保 / アナザークイズ
主水の親父。既に人生が詰みであることを未来からやってきた息子に告げられてしまう。オーラは何でこんなおじさんを推していたのだろうか…?研究者として必要なものが知識だけでないということに気付かなかったことがあの結果になったのかもしれない。
鏡の中の城戸真司 / アナザーリュウガ
ある意味オリジナル。ウールの度重なる鏡割りに迷惑して出てきてしまった。
ウール / アナザーキカイ
詳しくは主要人物の方で。そもそもこれ機械なのか?
加古川飛流 / アナザージオウ/アナザージオウU
詳しくは主要人物の方で。イチゴ狩りに行こうと思ったことが運のつきだった。
加納達也 / アナザー龍騎
詳しくは後述。愛する人のために殺人ゲームを行なっていた。
栗原天音 / アナザーブレイド
詳しくはレジェンドの方で。全く吹っ切れてもいないし、むしろ重たくなっている。
一般アギトの皆さん / アナザーアギト
木野さんではない。ダブルキックを自分から喰らいに行くファンの鑑。
鼓谷ツトム / アナザー響鬼
我が魔王の小学校時代の同級生。さそり座だが、この世界の闇の力は優しかったのか、自殺せずに済んでいる。太鼓の達人をプレイしていたある日、鬼の若手不足に悩み響鬼の名を騙る椎茸が食べられなさそうな男に誘われ弟子入りすることになる。鬼のことを学校で堂々と言ってしまう困った人物。後に太鼓を叩くゲームよりも格闘ゲームの方に興味が出てきて修行をやめる。しかしアナザー響鬼になったことで、太鼓を叩くことが鬼のメインでないことに気付き再び修業を始める。
北岡佑子 / アナザーキバ
マンホールの女王様。全宇宙の法則をも防ぐマンホールの使い手。しかし、オーラの攻撃だけは防げなかった。あらゆる物事を曲解し続ける。
矢車想 / アナザーカブト
詳しくはレジェンドの方で。お前はいいよな…。
遠藤タクヤ / アナザー電王 (2019)
迷惑なシスコン。姉貴が死んだのは彼氏のせいだ→じゃぁ遡って彼氏ブチのめそうぜ! という流れでアナザー電王になってデンライナーを奪い、タロスズを縛り上げ襲撃に行った。…が、所詮は「御本尊」(グランドジオウ)降臨の生け贄でしかなかった。オーバーキルという言葉すら生ぬるい地獄のリンチでボッコボコに…。
スウォルツ氏 / アナザーディケイド
詳しくは主要人物の方で。
パラドックス・ロイミュード / アナザードライブ
笑ったらボコ? 7ffa ??コにされた。
レジェンド
仮面ライダービルド

桐生 戦兎(きりゅう せんと) / 葛城 巧(かつらぎ たくみ) / 佐藤 太郎(さとう たろう) / 仮面ライダービルド
ツナ義ーズヲタクその1。天才物理学者の方。歴史が変わっても顔は変わらなかった。
筋肉 バカ(きんにく ばか) / 仮面ライダークローズ
ツナ義ーズヲタクその2。溶岩性単細胞の方。
仮面ライダーエグゼイド

宝生 永夢(ほうじょう えむ) / 仮面ライダーエグゼイド
小児科医。子を思うあまり暴走した父親という、あまりに相性の悪いものと対峙することになる。
鏡 飛彩(かがみ ひいろ) / 仮面ライダーブレイブ
天才外科医。変身できなかった。
檀 黎斗王(だん くろとおう) / アナザーオーズ
長き飼い殺し人生の結果、神をも超える王へと上り詰めるための肥やしとなった偉大なるお方。
檀 正宗(だん まさむね)
殺されたはずだったが、今回も運命にだけ味方された敏腕経営者。
仮面ライダーゴースト

天空寺 タケル(てんくうじ タケル) / 仮面ライダーゴースト
寺生まれのTさん。ただのゴーストハンター。ライダーにならなくても、一時霊体になってご飯が食べられなくなる運命は変わらなかった。
深海 マコト(ふかみ マコト) / 仮面ライダースペクター
フッ!ハッ!タケル!何故変身しない!?
八王子 シブヤ(はちおうじ シブヤ)
ある意味アナザー電王であり特異点でもある。やはり出番は少なかった。
ナリタ
本編よりも出番が多かったという不可思議現象が発生するも、特に誰も気にしなかった
仮面ライダー鎧武

葛葉 鉱汰(かづらば こうた) / 仮面ライダー鎧武
神様だったり、フリーターだったり大忙しな方。仮面ライダークイズの大ファン。
駆紋 戒斗(くもん かいと)
3%の男気で、5年もの間ヘルヘイムの森でインベス化せずに過ごせた強者。
仮面ライダーウィザード

操魔 晴人(そうま はると) / 仮面ライダーウィザード
他人のドーナツを魔法でぱくった。いったい魔法とは何なんだろうか。
仁藤 攻介(にとう こうすけ) / 仮面ライダービースト
歴史が変わってもマヨネーズとテントを忘れない男。しかし髪はなくなってしまった。
仮面ライダーフォーゼ

如月 弦太朗(きさらぎ げんたろう) / 仮面ライダーフォーゼ
やたらと印象に残る後姿のみ登場。アナザー福士蒼汰とか言わない。
大杉 忠太(おおすぎ ちゅうた)
歴史が書き換わっても何故か存在する仮面ライダー部の顧問。
仮面ライダーオーズ

火野 映司(ひの えいじ) / 仮面ライダーオーズ
世界中のみんなと手をつなぐことが目標の若手注目議員。ちょっとのお金と明日のパンツさえあればいい変わった政治家。某自称王を上回るインパクトを放ち、闇のプロデューサーとしての地位を確立した。胸の赤い羽根は飾りではない。
泉 比奈(いずみ ひな)
服飾デザイナー。歴史は変わっても怪力は健在。
湊 ミハル(みなと みはる) / 仮面ライダーアクア
ある意味ミライダー。パンツを握りしめている。レジェンドなのに死んでしまった、最終回では生き返ったはずだが…。
仮面ライダーW

風麺のオヤジ
仮面ライダーWにおいて、風都を守る一番の人気キャラクター。まさか映画に登場するとは予想されておらず、多くのファンにとって最大のサプライズとなった。
大道 克己(だいどう かつみ) / 仮面ライダーエターナル
たまたま吹いた風に負けた男。
仮面ライダーキバ

??? / 麻生 ゆり(あそう ゆり)
いったい誰だったんだ…。
次狼(じろう) / ガルル / 仮面ライダー斬鬼
ウルフェン族の生き残り。時空の歪みはどうなったのか。
仮面ライダー電王

野上 良太郎(のがみ りょうたろう) / 仮面ライダー電王
ティードの誤算の一つ。東映は佐藤健なんて呼べないだろうという算段が、彼の計画を大いに狂わせた。
イマジンズ
割愛。
オーナー
チャーハンはなかったが、ステッキ芸はあった。
モモタロス
テレビと映画はパラレルなので、テレビ版では彼が電王として出ます。ライドウォッチのせいで変身は出来なくなるが、別に記憶とかは失わなかった。ウォズに憑依してMォズになったが、あまりにも台詞が恥ずかしいからと強制解除されてしまった。
桜井 侑斗(さくらい ゆうと)
かーなーり、回りくどい人。デネブの方が活躍していた気もする。
仮面ライダーカブト

加賀美 新(かがみ あらた) / 仮面ライダーガタック / 仮面ライダーカブト
渋谷はいつあんなに復興したんだ?カブトゼクターの気まぐれでカブトになるが、カブトゼクターがライドウォッチになってしまったので変身は一回限り。
矢車 想(やぐるま そう) / 仮面ライダーキックホッパー / アナザーカブト
アナザーカブトにもなるが、キックホッパーにもなる。今誰か俺を笑ったか?
影山 瞬(かげやま しゅん) / 仮面ライダーパンチホッパー
死亡が確定してしまい、本当に地獄に行ってしまった弟分。アナザー影山とか言ってはいけない。ワームのはずだが、パンチホッパーの適合者になっている。ホッパーゼクターは時空の歪みで本来の使命を忘れたらしい。クロックアップを取り戻したのも時空の歪みのおかげ。
仮面ライダー響鬼

桐谷 京介(きりや きょうすけ) / 京介変身体 / 仮面ライダー響鬼
かーなーり強い方ではない。多分椎茸は食べられる。大人の事情で響鬼さんがいなくなってしまったために勝手に響鬼を自称している困った男。ツトムを弟子にしていたが、いろいろあって逃げられてしまった。師匠としてアナザー響鬼の始末をする義務があったが、トドロキが代わりに始末しようとしていた上に、妨害までするなどいいところがなかった。ついでにおじさんの飯をロクに食べずに文句をつけるという、あの破壊者ですらやらない暴挙に出る。ちなみに破壊者は修行していないが響鬼になれる。しかし最後は師匠らしいところを見せ付け、謎の光に響鬼として認められたことで、響鬼ライドウォッチを生み出して響鬼となった。ツトムも再び弟子にし、響鬼ライドウォッチも修業した我が魔王に渡したので、京介変身体として新たなスタートを切る。
トドロキ / 戸田山 / 仮面ライダー轟鬼
正式に鬼として襲名して十年以上経ったッス。すっかりベテランらしくなったッスけれど、弟子もいないし口調も変わらないッス。ただ、十年を超える修行の末に鬼に変身しても服が脱げなくなったッス。後にウォズっていう元古着屋の男を一日だけ弟子にしたッス。弟子ってのもいいものッスね。今度日菜佳さんに相談しよっと。
仮面ライダー剣

剣崎 一真(けんざき かずま) / 仮面ライダーブレイド / ジョーカーその2
ジョーカーという歴史は変えられていなかった。実はディケイドやエグゼイドでも力を使っているが、多分あれは別人。「ナズェチカラヲツカッタ!ウンメイハ、シャケラレナイノカ!」などと言っていたが、実際はこいつの方から始に会いに来た。紆余曲折を経て人間に戻る。
相川 始(あいかわ はじめ) / 仮面ライダーカリス / ジョーカー
こちらもジョーカーのままで、写真家も続けていた。失踪さえしなければ…。紆余曲折を経て人間になる。
栗原 天音(くりはら あまね) / アナザーブレイド
アバレンジャーではない。ちなみに本人。ハカランダはまだ続けている。あしながおじさんのことが忘れられず、白ウォズの力でアナザーブレイドになってからは某写真家を探し続ける。後に二人のジョーカーの力を吸収して覚醒する時代の最先端を行く女性
モノリス
ねじれこんにゃく。中に大量のダークローチを仕込んでいる…かと思いきや、実際には黒いジョーカーをしこたま詰め込んでいた
仮面ライダー555

乾 巧(いぬい たくみ) / 仮面ライダーファイズ
世界中の洗濯物が、たとえ色つきであろうがなんだろうが真っ白になることを夢見る、流しのクリーニング。薄汚いオルフェノクではないが、草加とは仲が悪い。猫舌は健在なので、おそらく火事にあったものと思われる。
草加 雅人(くさか まさと)
特に何も変わっていない。ただ一つ変わった所といえば、首が折れてないところである。最近はザリガニ好きとしての活動も増え、キティちゃんとも交流を深めているが、それはまた別の話。
仮面ライダー龍騎

城戸 真司(きど しんじ) / 仮面ライダー龍騎 / 仮面ライダーリュウガ / アナザーリュウガ
一酸化炭素中毒になりかけた。
秋山 蓮(あきやま れん) / 仮面ライダーナイト
詳しくは後述。アナザーゲイツ。
由良 吾郎(ゆら ごろう) / 仮面ライダーゾルダ
詳しくは後述。
浅倉 威(あさくら たけし) / 仮面ライダー王蛇
詳しくは後述。エグゼイドでの扱いなどを鑑みるに、既に人間をやめている可能性が高い。
手塚 海之(てづか みゆき) / 仮面ライダーライア
詳しくは後述。
芝浦 淳(しばうら じゅん) / 仮面ライダーガイ
詳しくは後述。
大久保 大介(おおくぼ だいすけ)
時代に負けたOREジャーナルの元編集長。
仮面ライダーアギト

津上 翔一(つがみ しょういち) / 沢木 哲也(さわき てつや) / 仮面ライダーアギト
レストランΑGITΩの店長。フランスで料理修行中であり、天の道を往き総てを司る男とは豆腐仲間。最近結婚した。
風谷 真魚(かざや まな)
レストランΑGITΩの店員。普段はこの人が料理しているのだろうか。
尾室 隆弘(おむろ たかひろ)
G5G3ユニットの隊長である究極の凡人。ウォズと連絡先を交換している。
仮面ライダークウガ

先代クウガ
ある意味本人。グロンギを封印しつつ眠っていたのに、力を奪われて寝床まで破壊された人。
仮面ライダーシノビ

神蔵 蓮太郎(かぐら れんたろう) / 仮面ライダーシノビ / アナザーシノビ
スターニンジャーではない。3年であそこまで人は変われるのだろうか。「誰じゃ?俺じゃ、忍者!仮面ライダーシノビ!」
? 仮面ライダーシノビ について、瓢箪から出てきた変な汁の固まったもの
仮面ライダークイズ

堂安 主水(どうあん もんど) / 仮面ライダークイズ
レッドバスターではない。新型発電所という噂があるらしいが果たして…?いったい何と戦っているのかは不明。泥んこクイズが大好き。三人のうちこいつだけ変身時に「仮面ライダー」と言わない。やはり鶏肉が克服できなかったのか、30分後の番組に鶏肉を片付けてもらったり、偽タジャドルアーマーにボコられたりしていた。「ファッション!パッション!クエスチョン!クイズ!」
? 仮面ライダークイズ について、クイズドライバー
仮面ライダーキカイ

真紀那 レント(まきな レント) / 仮面ライダーキカイ
キカイダーではない。そして令和ライダーでもない。令和天皇が2121年まで生きるなら話は別だが。人間を滅ぼす機械生命体ヒューマノイドでありながら、人間に味方するバグの発生した個体。自分のパスワードを合言葉として子供たちに教える、どう考えたって罠であるラジオ放送に騙される、充電中に細工されるなど、極めて不用心でもある。「デカイ!ハカイ!ゴーカイ!仮面ライダーキカイ!」
? 仮面ライダーキカイ について、キカイドライバー
仮面ライダーギンガ

??? / 仮面ライダーギンガ
正体不明。別の世界で放送されている特撮番組の主人公かなにか。きばっていかなかった。初登場時の圧倒的な力が嘘だったかのように、二話先ではあっさり負けた上ウォズに能力を奪われてしまった。
仮面ライダーディケイド

門矢士(もやしかどや つかさ) / 仮面ライダーディケイド
大体分かってる人。または後輩の番組乗っとるマン。平成二期ライダーとジンガの力を既に得ている。最近ではマリオカートの世界にも出没している。この世界では早速我が魔王の夕食を勝手に食べ、食卓の破壊者としての力を発揮。その他にもアギトの評判やお祝いを破壊している。スウォルツ氏が企画したイチゴ狩りバスツアーでは運転手を務めていたが、どうもバスの運転には不慣れだったらしく、バスの破壊者となる。変身無しでオーロラカーテン出したり、課金によって平気で後輩にカメンライドしたり、ライダーの力奪われても平気でピンピンしてたり、『設定の破壊者』『仮面チーター』として活躍中。このまま激情態になった場合、カメンライド無しで50体分身×ハイパームテキ×インビジブル×クロックアップなんて鬼畜コンボも可能になりかねない。
海東 大樹(かいとう だいき) / 仮面ライダーディエンド
泥棒。こちらも課金アップデートがなされた。筋金入りのヤンデレホモストーカー。いつだってこじらせている。白ウォズに頼まれてライドウォッチを盗んだが、ノートの方が欲しくなって裏切る。アナザーウォッチの副作用で士を襲った。
仮面ライダードライブ

詩島 剛(しじま ごう) / 仮面ライダーマッハ
映画に登場。
チェイス / 魔進チェイサー
とても強かった。
映画など
劇場版仮面ライダービルド Be the one

我が魔王が先行登場された。「あんたの力はここだよ。アーマータイム!」
? 仮面ライダービルド について、仮面ライダージオウ
平成ジェネレーションズFOREVER
久永アタル / アナザー電王
2000年、
クウガ放送開始日生まれ。筋金入りのライダーヲタク。我が魔王と同じ学年になるためだけに留年させられた設定の犠牲者。毎年ライダーのベルト(映画なども含む)を買ってもらい、数多くのソフビやフィギュアを持っていることから、相当裕福な家に住んでいることが窺える。サイン入りの映画ポスターも持っているので、ひょっとすると東映やバンダイの関係者なのかもしれない。撮影バレをゲットしようとしたり、イマジンの力でライダー関係者を呼び寄せては握手を求めるなど、特撮ヲタクの悪い部分を存分に見せつけた。失踪した兄貴を救うヒーローとしてライダーの幻影を追っていたが、兄貴と出会った途端に、ライダーは現実ではないから滅ぼすべしという過激な思想に走り、ヲタクの面倒臭さを際立たせていた。しかし、正直に述べれば好き放題ライダーの関係者を呼び寄せ、挙句佐藤健にも会えるんだから羨ましい限りである。
久永シンゴ
地球に住んでいる少年。ティードに追い掛け回されていた特異点。アタルの失踪した兄貴であり、年の割にかなり察しがいい。クウガ放送前に封印することで、平成ライダーを消すというティードの算段のもとに封印されるが、そもそもクウガの存在知っているのだからあまり意味がないような…。後にアナザークウガに取り込まれ、ライダーキックを受けて爆発したはずだったが、なぜか無事であった。その際にクウガすらまだ見ていないのに、後の19作もの平成ライダーのネタバレを食らう。
フータロス
本映画のMVP。空想のものを現実化するというイマジンでも規格外の力を持つ人物。シンゴを助けたかった理由は不明。
??? / アナザーW
はんぶんこ怪人。ティードの部下。多分ハードボイルド。どことなくオカマっぽい。しぶとく生き残っていたが、面白い爆発で死ぬ。結局誰だったのこの人…?
ティード / アナザークウガ(アルティメットフォーム)
スーパー(笑)タイムジャッカー。断っておくが、劇中では敵味方ついでに本人でさえ、誰一人としてスーパーなんて呼んでいない。このサイトはアンサイクロペディアだが、殊この点においては真実である。平成ライダーに対して強烈なまでに憎しみを抱き、平成ライダーを終わらせようとした人物。そのためにショタを追い回した少々気持ちの悪い人物。別に放っておけば元号が変わって平成ライダーも終わるというのにご苦労なことである。おそらく早めに新元号を知って儲けたかったか、メタルヒーローが終わったことを逆恨みしているかのどちらかである。平成ライダーへの憎しみは強いが、リサーチ力の低さを鑑みるに、アンチとしてはまだまだ半人前である。どのあたりがスーパーなのかは不明だが、変身止めやかっこいい洗脳(のポーズだけ)など、それなりにすごい能力を持っている。開幕早々に交通事故で計画が狂っており、子供たちに事故は気を付けるよう教育を施すなど、単なる悪役に留まらない点がスーパーなのかもしれない。平成ライダーを虚構の存在として滅ぼすというメタな手段に出た、ある意味で最強の敵だったが、メタな手段に出ればそれ以上のメタである主人公補正や大人の事情などで叩き潰されるという事実を提示できたこともスーパーなのかもしれない。ちなみに運の悪さは間違いなくスーパーである。あそこまで追い詰められ、味方が変なアナザーライダーくらいしかいない状況で頑張ったのもスーパーなのかもしれない。ついでに演技力がスーパーだったことも挙げられるが、むしろこのことが彼の不遇さを際立たせ、スーパーにしている気がする。ここまで不遇であれば、聖なる泉が枯れることは明白であり、平成ライダーを恨むのも無理ないのかもしれない。しかし、映画を見たみんなを間違いなく笑顔にしたので、彼は紛う方無きクウガである。最期は自分の大嫌いな平成ライダー20人にライダーキックされて爆散する。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:99 KB
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef