仮面ライダーカブト
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…用語[編集]緑の人・白い人
ニラサワが送り込んだ第二の刺客。隕石に乗って来た。言うなればサナギマンで、初期は脱皮して成虫になる奴もいたが、すぐいなくなる。ダメなオトナが増えている世相を反映したものと思われる。
ゼクター
マスクドライダー資格者を選び、変身させる昆虫型ロボット。人懐っこかったり、浮気屋だったり、ツンデレだったりと、様々なタイプが存在する。全く喋らないのでどんな事を考えているのかよく分からなかったが、天道の妙な能力によりカブトゼクターとガタックゼクターだけ喋った。その時の声が、熱血店長と亀公に似ていたが、関連性は不明である。一説によると、天道がアテレコしていたらしいが…。
ハイパーゼクター
Zectで開発されたライダー強化用のカブトムシ型ロボット。天道の目の前で突如出現。一回爆発したけど未来からやってきた。
パーフェクトゼクター
いきなり空から降ってきたハイパーカブト用の武器。しかもザビーゼクターとドレイクゼクターとサソードゼクターをかっぱらってそれぞれのライダーの必殺技が使えるは台風やサイクロン起こすわで、大迷惑な武器なのだ。それに怒った三島さんに最後は破壊されちゃった。
クロックアップ
クロックアップとは(以下略)電車の前に立ったりできる、覗きもできるという画期的なシステムである。あのサンタクロースも世界中の子供たちにプレゼントを配る時に使用してるらしい。

 ライダー資格者達はこれを使った際「ワームが止まって見えた」、「ライダーの能力は正に世界を支配する能力だ」、「無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァ!!!」等、数々の名言を残している。最近では「堪忍袋の緒が切れました!!」と言えば使える。

真似をする子どもが増えて危ないので、次第に使われなくなった。: 注意:ここにはより作品のネタに迫る内容がこと細かに記述されています
臆さぬならば右の[表示]をクリック番組の最初の頃はクロックアップ時に『注:クロックアップは天の道を知っていないとできません』というテロップが流れていたが、天の道を知ってしまった人が乱用してしまうので、クロックアップの存在自体を忘れさせることにした。これを読んでしまったからには、あなたももう普通の生活には戻れないだろう…。おや、誰か来たようだ…。
ハイパークロックアップ
ハイパーゼクターのボタンを押すと発動。クロックアップよりも早く動け、過去や未来へとタイムスリップできるシステム。ただし黒い人に使っても四分身するだけで効果がない。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「カブタック」の項目を執筆しています。
カブタック
カブトとガタックがフュージョンした姿。あまりに不格好なためファンの間では「B級ロボット」(通称、「ビーロボ」)と呼ばれているが、ハイパーゼクターによりスーパーモードやハイパーモードに変身できる。
ゼックゥ?トゥ
機密組織。主な活動は昆虫バトル。スマートブレインはここの下請け企業だったのではと推測される。
おばあちゃん
おばあちゃんが言っていたことは絶対である。中国では「子曰」と訳され、歴代の王朝に多大な思想的影響を与えた。既にお亡くなりになってると思ったが、そんなことはなかったぜ! 最後まで姿を見せなかったが3年後、遂に現れた。
キャストオフ
仮面ライダーが公衆の面前で脱ぐこと。最年少のサソードはまだ恥ずかしいらしく、ダサいサナギフォームのままで戦うことが多かった。一方、バッタ兄弟や金、銀、銅は最初から脱いだまんまである。実はこの技術の一部はミッドチルダ式魔法が転用されている。最近ではフィギュアにも応用されている。なお、その技術を一部応用したのがユニコーンガンダム、GN-004、GN-005、ライジングイクサである。スマブラでもこの技術を使う人が参戦している。
ハイパーキャストオフ
ハイパーゼクターを使用し変化したカブトやガタックの最強フォーム。更に脱いでストリップでもやるのかと思ったら、逆に装飾品が多くなる。ガタックではかなりバストアップしている。卑怯な技を繰り出すのに欠かせないフォーム。
プットオン
仮面ライダーが再び着ること。寒がりのライダーは時々やる。部分プットオンも可能。ハイパーキャストオフがあるんだからハイパープットオンもあるのかと思ったら、なかった。
FINAL
最終回のこと。某勇者王みたいに新シリーズが始まるとかいうわけではない。おばあちゃんが最後まで登場しないなど、終わったものの腑に落 26a7 ちない点が多い。
ゲーム版翌年の電王は何故か出なかったが、例年通りPS2でゲーム版が発売される。今までのライダーゲームの出来がアレだったため、発売前から地雷だのと言われていた。ところがいざ発売されると、その出来は再現度もすさまじく難易度も高い、なかなかシビアなゲームであった。そのため評価は高い。雑魚ワームやハイパーガタックはおろか加賀美ザビーまでいるとは…。特定のキャラの性能がいいなどの差はあまりなく、好きなキャラクターで十分に戦える。なのでハイパークロックアップがあるからハイパーカブトやコーカサスが最強と思ったら大間違いだ。上級者にはむしろ絶好のカモにされる。しかし大人の事情でダークカブトの性格が原作と違う、黒崎/仮面ライダーコーカサスの声が吸血鬼の旦那になっているなどの問題もある。特に後者はこれを機に映画版を見た人間が、映画に余計絶望させられたという話もあるほどであった。またこの時点で劇中に登場していなかったカッシスワームやグリラスワームもいないが、これは仕方ないだろう。慣れた人の間では対戦でやさぐるまの兄貴を使う事は禁止とされている。ある特殊攻撃の性能が反則だからだ。防御不可能で強制転倒効果があり、連打すると簡単に嵌められる。
ゼクターゼクターはカブトに天道総司が変身するためのアイテム。天道が念じれば出てくれるが大きなお友達が買うには何千円か払わないと,万引きで捕まってしまう。

カブトゼクターZECT本部より「ジョイント」と呼ばれる空間転移によりライダーベルトを持つ有資格者の元へ襲来するマスクドライダーシステムの心臓部。自らの意志を持ち、装着者を選ぶ。なお,選ばれなかった者は泣く。そう思うと天道はスゴイ解除音がなぜかWドライバーのメモリ解除音と同じ。上記のことが発覚したため,Wの製作者は手抜きをしたんだなあ…とマスコミは勝手に解釈した

ドレイクゼクタードレイクの変身システムの中枢となるトンボ型メカ。ZECT本部よりジョイントと呼ばれる時空を幅跳びで飛び越えてくる移動方法によりタイムロス無しで強い意志を持ち、ドレイクグリップを扱う有資格者の元へと飛んでくる。つまりタイムロス無しということは時間にルーズだということ…だと思う。なんでか拳銃。

サソードゼクターその名の通り,サソリ。なんか伊達さんのペットに,似てるサソードの変身システムの中枢となる蠍型メカ。両腕のハサミ、ゼクタークローは厚さわずか150mmの鉄板をブスッ貫き、土中を掘り進むことも可能。地上を時速800kmもの高速で移動できるほか、ZECT本部からジョイント(時空を幅跳びで飛び越えてくる簡単な移動方法)により瞬時に強い石を持ち、サソードヤイバーを扱う有資格者の元へと家庭訪問することができる

ガタックゼクターブスライダーシステムのコアメダルとなるクワガタ!カマキリ!バッタ!型メカ。ZECT本部から「ジョイント」(出た?。また??)により、ライダーベルトを持つ有資格者の元へ襲来し、装着者を仮面ライダーケタックへと変身させる。他のゼクターよりもかなり凶暴な性格で、資格を認めない者には容赦なく攻撃する最低なヤツ。

ハイパーゼクターでた?コイツ,強いんだよねえ?。と勘違いされるヤツ…とは言わないマスクドライダーが装備することで従来のクロックアップの、さらに数十倍の速度で活動することが出来るハイパークロックアップや、システムの能力を最大限に引き出すことの出来るマキシマムライダーパワーの発動を可能とするカブトムシ型昆虫メカ。劇場版では黄金のライダー・仮面ライダーコーカサスが装備している。カブトはハイパーゼクターを装備することで、ハイパーキャストオフによりエックストリ?ム、になれるエックストリ?ムとなったカブトは装甲(カブテンター)各部を展開することでハイパークロックアップを使いこなし、さらにジョ?カ?!マキシマムドライブにより強化されたカブトの殺意は格段にアップする。
主題歌
オープニングテーマ

survival dAnce ?no no cry more? / TRF

イェイイェイウォウウォウと朝っぱらからにぎやかな楽曲である。
エンディングテーマ

BOY MEETS GIRL / TRF
主要キャスト全員のダンスは必見。
エンディングテーマ(二期)

ザビーローテーション/AKB(A=兄貴・K=影山・B=バカ加賀美)
タイトル通り、ザビーゼクターをローテーションした人たちで歌う歌。(あれ、三島さんは・・・?)結局、誰一人として、ザビーゼクターにアイウォンチュ?されなかった。
関連項目

人造昆虫カブトボーグ V×V
仮面ライダーカブトのパラレルワールドを描いた作品。世界観は全くの別物だが、「傍若無人な赤カブト虫使いの主人公」「主人公のライバルである青クワガタ虫使いのゾンビ」「痛い三兄弟」「混沌とした食事シーン」等、共通する要素は多い。また、仮面ライダー剣の世界も融合しているため「主人公がヘラクレスオオカブトの力を使う」「クワガタ使いの身体がボドボド」「冴えない仲間キャラが厨二病にかかる」「謎の会話を行う」「仲間キャラが裏切ったと思ったら裏切って無かった」等の剣との共通点もある。

3c73 ビーファイターカブト
仮面ライダーカブトのモデルになったメタルヒーロー最終作。

この項目『仮面ライダーカブト』は仮面ライダーに関連した書きかけ項目なんだ。だから、誰か加筆してくれる可愛い女の子を探してるよ。別に可愛くない女の子でも男の子でもいいんだけどね。 (Portal:スタブ)
 ・編・歴 仮面ライダーシリーズ

第1期昭和仮面ライダー :1号 - 2号 - V3 - X - アマゾン - ストロンガー
第2期昭和仮面ライダー :スカイライダー - スーパー1 - ZX - BLACK - BLACK RX
第1期平成仮面ライダー :クウガ(ユウスケ) - アギト(テツヤ・ショウイチ) - 龍騎 - 555(タクミ) - - 響鬼(ヒトシくん) - カブト(ソウジ) - 電王 - キバ(ワタル) - ディケイド(ツカサ劇場版)
第2期平成仮面ライダー :W(ショウタロウフィリップ) - オーズ(フォーム春映画) - フォーゼ - ウィザード - 鎧武 - ドライブ - ゴースト - エグゼイド - ビルド - ジオウ
令和仮面ライダー :ゼロワン
その他映像作品 :シン - ZO - ウルトラマンVS - J - G - アマゾンズ
脇役ライダー :ライダーマン - ナイト - シザース - バース - ポセイドン - アクア - バロン - ゲイツ - ウォズ
秘密結社・怪人 :ショッカー - 戦闘員 - 首領 - ジンドグマ - シャドームーン - 剣聖ビルゲニア - グロンギ - アンノウン - ボルキャンサー - ゲルニュート - キバットバットV世 - 財団X - グリード - ゾディアーツ - バグスター
漫画・小説・ゲーム :HERO SAGA - 駈斗戦士 仮面ライダーズ - THE FIRST(漫画) - 111b サモンライド
バッタモン :仮面ライダーケタック - 仮面ライダー蟹王 - 仮面ライダープリキュア5 - 仮面ノリダー
用語 :ライダーキック - 龍騎の世界 - タイムベント - 巧の仕業 - オンドゥル語 - 電王の世界


更新日時:2019年6月9日(日)21:46
取得日時:2020/02/06 00:14


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:68 KB
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef