仔猫吸引
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…が近代的仔猫吸引の父である仔猫吸引が歴史上の記録として最初に登場するのは紀元前432年のことで、「カッパドキア全集(Artemus of Capadocia)」には中央アジア平原産の仔ヤマネコを吸引する様子が描かれている。

古い時代にはアジア亜大陸以外に目立った記録は残っていない。仔猫吸引を大々的に楽しむ習慣が西欧に紹介されたのは、イングランド人のこいつによってサド侯爵と共に書かれた論文「筆者と侯爵によるキチガイの整理( Me and the Marquis Get Down With Some Crazy Shit)」で、これがオートクチュールの最新流行として定着した。

吸引に用いる仔猫は、古くは中央アジアで飼育されてきた。効果を増すために品種改良が重ねられ、西暦800年ころに革新的な品種が登場した。西暦1492年にコロンブススペイン中国との交易ルートを発見した際、現地の降誕祭で使われていた繁殖用仔猫を持ち帰り、これをヨーロッパでも繁殖させることに成功した。

西洋での繁殖方法は20世紀初頭までは東洋の技術に後れを取っていたが、その後、近代的な科学技術によって精密なものに改革された。今でも識者の多くはアジア産仔猫が最高品質だと考えているが、欧米の技術は十分に発達しており、普通の吸引ではそれらを区別することはできない。

なお、仔猫吸引は、1649年に、ローマカトリック教皇ピウス5世の画期的勅令Novarum Feliniumによって、罪悪の一つであると宣言されている。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「サイモン (猫)」の項目を執筆しています。

イギリス海軍ではシップキャットという海軍軍人たちが仔猫吸引を行うための猫を常備していた。スプール艦のアミシストに乗っていた猫のサイモンは特に有名で1949年に起きた揚子江事件の時に自らも砲弾の破片を受けて負傷していたにもかかわらず負傷した兵士たちに仔猫吸引を行わせ乗員の士気を上げ危機を脱した功績により、猫としては? 155f ??一の従軍記章とディッキン勲章を受賞した。
仔猫を手に入れる 素晴らしい仔猫だ

ネット上で野生の仔猫の木(下記)を屋内栽培用に入手することができる。法的には天然の仔猫の木を所有することはできないが、調査目的で採取した芽胞ならば売買できる。

仔猫の木からは1ヶ月におよそ10匹の仔猫が採れるため、常習者でも5から6本あれば十分である。

木を栽培する場合、繁殖目的の種を用いることになるので、採れる仔猫は種を持っていることになる。種がある仔猫は、サルビアによる幻覚作用に似た、一般に好ましくないと考えられる効果を持つ。このため熟練者でない限り種なし仔猫を手に入れるほうが望ましい。

自分で木を育てることができない場合、仔猫自体を小売業者や売人から、5ポンド入りバッグ(通称"puss")で買うこともできる。信頼できる相手から購入すること。タチの悪い売人は仔猫と偽って亀や蛸、スパピー、最悪の場合パリス・ヒルトンを売りつけることがあるのだ。もしくは、地元新聞で広告記事を探してもよい。仔猫吸引について知らない人が、面倒を見られない仔猫の引き取り手を捜していることがある。こうした仔猫は往々にしてすばらしい品質を持っている。
社会と仔猫吸引 路上では、仔猫はしばしばグロス単位で売られている。これはストーナー高校にいた売人。

社会全体に節制の概念が浸透する19世紀末までは、仔猫吸引の習慣は社会全体にとって暗黙の了解であった。禁酒法時代には仔猫吸引は違法であったが、飲酒と同様、地下では公然と吸引が行われていた。しかし、後に禁酒法と同時に禁吸引法が廃止されても、仔猫吸引への後ろ暗い印象は残ったままだった。

1950年代になるとBBCによって数々の公共情報放送が組まれ、"Uncle Bertrand's Fortnightly Childrens' Hour"(バートランドおじさんの子供向け各週放送)で放映された(一部が下記で閲覧できる。バーティーおじさんから子供達へ)。

こうした情報放送は1970年代まで続いたが、最終的には形骸化して姿を消した。 127f 最近では仔猫吸引による問題を抱えた人をサポートするための数々の団体が設立されている。その中で最大のものが仔猫吸引者自助会である。ここでは仔猫へのへの愛へと置き換えるように呼びかけている。

こんにちではヴァチカン(伝統的に猫が嫌いである)と新アメリカ獣医師会を急先鋒とした政策的な仔猫吸引対策が盛んであり、この運動は「猫戦争」などと呼ばれている。全国ルイス・ブラック小児性愛共産主義者仔猫吸引禁止運動が仔猫吸引の危険性についてダラダラと広報活動をしているが、彼の活動には様々な論争が存在する。なお、コロンビアのペットカルテルが、仔猫吸引の需要を作為的に生み出しているという噂が存在している。
仔猫の木 吸引に向いた理想的な仔猫である

仔猫の木(学名felinus valarium teeni-padded-pawus)は北アフリカ原産の植物で、小さな棘を持つ灌木を形成する。先住民族はこの木の葉柄から軽い幻覚性のある茶を得たり、葉をスリッパ状の狩猟靴に加工したりしていた。

最初にヨーロッパに輸入されたのは、フランスファッション界の指導者であったルイXIV世がこの柔らかい靴を見つけてからだった。粉をかけられたカツラ、ストッキング、ヒールの高い靴などを含んだ高級フランス服と現地の作物が交換された。残念なことにこの北アフリカの部族は1年も経たないうちに繁殖期の夜行キツネザルの群れに遭遇し、カツラを奪い取られてしまった。ヒールつきの靴はキツネザルから逃げるのに邪魔だった。残ったのはストッキングだけだった。

最初の仔猫の木がアメリカに渡ったのはフランス人探検家の手によってだった。漁師と毛皮職人は、産毛で覆われたこの木の葉を毛皮と偽って先住民につかませようとしていたが、先住民のほうはそもそも毛皮に興味を示さなかった。これに続く「猫詐欺の戦い」に関する記録によると、木は後にファルフィサ部族によって栽培され、1800年代終わりには野生化してアメリカじゅうにはびこった。1900年代に仔猫吸引の習慣が問題視されるようになるとこの木を所持することが法律で禁止されるようになった。

仔猫の木の禁止は闇市場での取引を増やす結果となった。それが仔猫吸引中毒者と仔猫の需要を増やし、取引価格を引き上げることにもつながった。
1a80 高度な吸引 オレンジのはスゲーいいぜ! この男は悪い例だ! 仔猫に魅せられて、道を踏み外してしまっている!

より高度な仔猫吸引を3種類紹介する。
オレンジ仔猫

小柄なオレンジ色の仔猫は最高の効果があると言われている。オレンジ仔猫を試す場合、安全のために専門家の慎重な吟味を受けること。オレンジ色に塗られたネズミをつかまされることがある。
ホフ吸引

吸引用仔猫はこれまでデヴィッド・ハッセルホッフの胸毛選別法によって選りすぐられてきたが、その選別は高名な吸引者達のクラブでしか行われていなかった。しかし何時しか手法は漏れ、それは新しい手法と黴の生えた経験則をあわせたものとして伝わるようになった。仔猫吸引教の信者になった吸引者達は皆して赤いブレスレットを身に付け、ザ・ホフに献金をするようになった。詳しくは仔猫吸引教の項を参照せよ。ちなみにこの画像の子猫が実は子犬だということは往々にして禁則事項になっている。おや、誰か来たようだ…
チーター吸引

チーター吸引は、最も速い陸上動物チーターの名を冠する通り、最も速い吸引方法であるが、これを試すことはお勧めできないことを警告しておく。この手法は、あらゆるスリルの求道者によって発案されたもので、御伽の国を時速100キロで飛び抜けるが如きその幻覚は、新鮮で無添加の仔猫でさえ半分も味わえない程のものである。科学者達の研究により、チーター吸引を行った常習的な吸引者達が、その後は吸引用仔猫としてトラ猫と雌猫を使わないようになり、専らチーター吸引ばかりを行うようになったという結果が明らかになった。古代エジプトの人々はチーター吸引の大ファンであり、彼らが非常に多彩な手持ち用チーター吸引セットのコレクションを持ち、いつでも満足に仔猫吸引が行えるようにしていたことが知られている。 近代的な猫カゴ
仔猫を保管する

仔猫は、吸引までは可能な限り元気な状態にしておくこと。冷凍させてしまうと吸引が難しくなるし、効果も薄くなってしまう。? 16fd ?ロであれば仔猫を「猫カゴ」と呼ばれる専用の貯蔵装置に保管しておく。これは原理的には湿度や気温の制御された箱で、裕福な人が使う葉巻の保湿容器に似ている。最近では、重要な会議の間にこっそり吸引したいという人のための携帯用の保管器も人気がある。

仔猫の質を保つためには常に餌と水が必要であることを忘れてはならない。吸引の前に可愛がったり遊んでやったりして楽しむのもいいだろう。目の前に紐をぶら下げてじゃらしてやるのも、なかなか悪くないものである。
仔猫吸引教

本当にどうしようもない連中の中には、仔猫吸引中にを見てしまうのいる。これが仔猫吸引教と、その分派であるハッセルホッフ教が生まれた背景である。

信者は仔猫吸引こそが救済への道だと信じている。しかしながら、多くのプロ吸引者が道を踏み外す原因にもなってしまっている。怪しげな道に入り込まないための最も適切な方法は、仔猫吸引をあくまで気晴らしと見ることだ。依存症は不幸な運命の入り口にすぎない。

こうした問題があるものの、ハッセルホッフ教は確実に社会に浸透しつつある。信者は小さな赤いブレスレットを身につけているために容易に見分けることができる。彼らはしばしばイスラエルに赴き、多額の金銭を教祖であるデヴィッド・ハッセルホッフに献上する。信者である有名人にはマドンナ、デミ・ムーア、アストン・カッチャー、ブリトニー・スピアース、ロザンヌなどがいる。赤い紐状のブレスレットは「神秘的な習慣への献身」を示すことと「邪眼による汚染からの庇護」を求めることを示すしるしだとされている。また、ハッセルホッフ自身が祝福した「ハッセルホッフ水」も販売されている。
関連項目ウィキペディア専門家気取りたちも「仔猫吸引」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

動物の権利

猫ジャグリング



ぬこ

UnBooks:プロが教える仔猫吸引

c92 外部リンク

アレルギー対策済みの吸引用仔猫


仔猫吸引について

仔猫吸引を嗜むしょこたん


アンサイクロペディア特集記事
本項はアンサイクロペディア英語版メインページで特集されました。



更新日時:2019年4月27日(土)11:53
取得日時:2020/01/15 18:24


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:29 KB
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef