仔猫吸引
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[Uncyclopedia|▼Menu]
秀逸な記事

この記事は秀逸な記事だよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってんなら、してみやがってください。お願いしましたよ。

原文: ⇒en:Kitten Huffing 「アンサイクロペディアが編集されるたびに、神は仔猫を一匹吸引している。」
「さあ、試してみたまえ!」
神様は甘いな……「愉快な趣味だ、知っているよ。……まぁ、私が試してみることは無いだろうがね」
? 仔猫吸引 について、ジョージVI世「このごろは仔猫を手に入れるのも高くつくね」
? 仔猫吸引 について、オスカー・ワイルド「私がひどく落ち込んでいる時は、仔猫が足りないのだと思っていいよ」
? 仔猫吸引 について、ロイド・ブリッジス「仔猫吸引はさ、年頃の子供たちが服を脱がないでできるいちばんイイ遊びなのさ」
? 仔猫吸引 について、ディスコの喧噪の中で「簡単だよ。仔猫を捕まえて吸引すればいいだけなんだ」
? 仔猫吸引 について、キャプテン・オブヴィアス「そうだなぁ、もし仔猫がなかったら" ⇒ジーザス・クライスト・スーパースター"は生まれてなかっただろうね。もちろんほかのドラッグもいいんんだけど、やっぱり仔猫がいちばんさ。僕をすごくクリエイティブにしてくれるんだ」
? 仔猫吸引 について、メル・ギブソン

警告:疫学的な推計によると、仔猫の吸引は癌、 ⇒肺気腫ADHD、乱視、 ⇒白内障、 ⇒緑内障、 ⇒周辺視野、躁鬱症、 ⇒慢性喘息, RLS、肥満、 ⇒ツレット症、アルツハイマー症、 ⇒破裂犬症候群、 ⇒筋萎縮症、 ⇒多発性硬化症、 ⇒DCS(潜函病)、 ⇒目眩、 ⇒急性出血性膵炎、 ⇒筋萎縮性側索硬化症、 ⇒IEED(制御不能な感情表現疾患)その他人間(あるいは)がかかるありとあらゆる病気の危険性を高めます。
まぁ気をつけたまえ

仔猫吸引(こねこきゅういん、英語Kitten huffing)とは、近年、麻薬の代替法として普及してきた習慣である。麻薬よりは健康的であると考えられているが、賛否には様々な論争がある。長い歴史を持つにもかかわらず西洋では重大なタブーとされている。 警告:十分な経験のない者は成猫を吸引しないこと。過剰摂取の原因になる

過度の吸引は依存症、膿瘻、の腐敗といった好ましからざる副 3ff0 作用を伴い、時にはを招くこともある。一日に3匹以上吸引すると依存症を招くことが経験則として知られている。このため馴れた愛用者は一日に1匹か2匹の吸引に抑えることで、過剰吸引による危険性を回避している。しかし毎年あまりにも多くの死者が出るため、2006年に世界保健機関(WHO)は仔猫の替わりとしてインコ吸引(セキセイインコが望ましい)を提唱し啓蒙活動を行っている。

カップドハンド法は、ボクシングでの頭部損傷による頭痛の治療方法として ⇒クイーンズベリー侯爵によって開発された手法であるが、登場後すぐにヨーロッパアメリカでの主流となった。この他にも2種類の手法があるが、それらは通常、初心者には勧められていない。熟練者であっても、ドル札を丸めてストロー代わりに使うような手法は仔猫が弱るとして避けられている。 とんでもないことをするブッシュ。彼は吸引する代わりに食べてしまっている 心から材料を慈しむプーチン。同じ大国の長といえど彼の吸引技術にはブッシュは足元にも及ばない。
目次

1 吸引方法

1.1 カップドハンド法

1.2 吸引チューブ法

1.3 吸引皿法

1.4 浮遊吸引

1.5 ロードコーン法

1.6 集団吸引法


2 影響

3 歴史

4 仔猫を手に入れる

5 社会と仔猫吸引

6 仔猫の木

7 高度な吸引

7.1 オレンジ仔猫

7.2 ホフ吸引

7.3 チーター吸引


8 仔猫を保管する

9 仔猫吸引教

10 関連項目

11 外部リンク

吸引方法

ここでは有名な吸引方法の中から3種類を紹介する。
カップドハンド法
生きた元気な仔猫を準備する

仔猫の頭部を両手で包むように持つ。その際、口をあてるための隙間を残しておくこと

上記の隙間から強く吸引する。仔猫の精気を完全に吸い込むまで続けること†

だんだん 良く なってくる。身を任せること。ほら、イイだろ? ああぁぁぁぁっ!

残ったものを廃棄する。きちんとリサイクルすること。当該自治体の
仔猫リサイクルセンターPETA事務所に持ち込めばよい。


◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:31 KB
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE