人間失格
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「人間失格」の項目を執筆しています。

人間失格(にんげんしっかく)とは、日本の作家・太宰治の作品である。「その男の写真を三葉、見たことがある」という書き出しは有名。雑誌連載時の背景および内容から、本書は太宰治の遺書であるという解釈が一般的だが、近年になってこれは日本の未来を描いた予言書であるとの見方が強まってきた。

 20世紀末より関連作品が相次いで登場しており、これらと区別する為、太宰治による人間失格は特に「原典・人間失格」と呼ばれる。

野島伸司によってドラマ化されている。


警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。もしあなたが、ダース・ヴェイダーの正体はルーク・スカイウォーカーの父親であることや、親戚一同が会した遺言状公開の席にいた犬神佐清は実は別人だったことや、綾波レイは何人もいることや、ダイは最終的に黒の結晶の爆発から地上を守り行方不明になることや、謎の少年イエローの正体は女性でありトキワシティ出身であることを隠すついでに麦わら帽子を被って性別を隠していたことや、アンドルフの真の姿は巨大な脳であることや、紫の土下座は月の名酒を盗むための時間稼ぎの演技であることや、ボイサーはマクーによって監禁されていたことや、「吾輩」は偉そうな事言った挙句に酔っ払って溺れ死ぬことや、アンサイクロペディアウィキペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。 人間失格の表紙。
目次

1 内容

1.1 文学作品としての「人間失格」

1.1.1 第一の手記

1.1.2 第二の手記

1.1.3 第三の手記


1.2 予言書としての「人間失格」

1.2.1 第一の予言

1.2.2 第二の予言

1.2.3 第三の予言



2 予言書としての総括

3 関連作品

内容

 「人間失格」は「大庭葉蔵」(本名 零崎人識)なる男性が自らの半生を語った形で記述されており、幼年期から26歳までの人生を「第一の手記」「第二の手記」「第三の手記」と三部に分割し描いている。語っているのは「大庭葉蔵」となっているが、その半生には太宰治自身の経験が反映されており、その語り口は自虐に富んでいる。 こうした本書自身の性格に加え、雑誌連載中に太宰治が自殺してしまったことから、この作品は太宰治の遺書であると見做されてきた。

 しかし、20世紀末にブギーポップが負け犬を使役してサーカスを繰り広げている最中、華麗に技を決めても自分に思いを寄せていたピエロが目の前で落下しても表情を変えることが無かった空中ブランコの少女炎の魔女が赤い方のキャンディ的被害を被ってトリップ、レティクル座の花園で死んだじーちゃんや犬のポチやあのひとを見ながらこう呟いた。あれはブギーポップがやった。そう思っていた。だが違った。太宰だ。結局のところ。

 この発言を聞いた周囲の反応は「たわいない禁則事項ですの妄想さ、ただでさえあ?? 3fd6 ?子嘘吐き」という冷めた意見が大半だったが、中には「嘘でも夢でもいいじゃない、ああ、禁則事項ですは幸せ」という声も聞かれる。なお、この歴史的な事件の模様は、日本のバンド「筋肉少女帯」が「レティクル座の花園」として音源化している。

 サーカス構成員の反応を他所に、世間ではこの言葉で太宰治作品の再評価が始まった。とりわけ、かねてより「この作品には名曲「鳥の詩」が似合わない、これはすなわち自虐の詩では無いのではないか」「鳥の詩と聴いて飛行機雲が真っ先に出てくる輩は、「笑いさざめく様なあなたといた頃」を過ごせる筈がないNEET」という意見のあった本書は特に注目された。こうした意見も、当時はあまりに細々とした声であったが、この発言から本書で起こる様々な事象を現在に当てはめる神々の指紋的プロセスにより多数の合致点が判明、予言書としての高い評価を得るに至った。

 本書は21世紀初頭にあっても、累計発行部数を600万部を超えるなど、時代を超えて多くの人に愛されている。これは「大庭葉蔵=太宰治」としての半生記として、あるいは自虐的かつ破滅的なその内容に惹かれて、夏休みの宿題で読書感想文のネタにされているので仕方なく、等の旧来からの購買動機も然る事ながら、近年では予言書としての記述に興味を持って購入する層も加わり、今後も更なる発行部数の伸びが期待されている。以下に物語のネタバレが含まれます。
文学作品としての「人間失格」

 幼少期から始まっている他人への不安を懐柔しようとするも、事あるごとに絶望を深め、結果自分は廃人となってしまう。協調の手段としての「お道化」に疲れ、不安から逃れる為に逃避を続けた自分は、幸福も不幸も無く時間はただ過ぎていくのだと悟る。
第一の手記

 「恥の多い生涯を送って来ました」で始まる。物心が付いた頃から小学校までの、他人に対する恐怖を描いている。

醜く騙し合いながらも清く明るく朗らかに生きている、そんな「他人」をおかしいと思う自分は、他人との関わり方に苦心する。

その結果、道化(ドナルド・マクドナルド)として他人と接することを選択するが、自分の心を殺して道化を演じること自体が他人を騙していることであることを理解しており、ますます苦悩は深まる。

第二の手記

 書き出しは長いので割愛。中学校から高等学校在学までの、故郷から遠く離れた地での堕落と破滅のはじまりを描いている。

中学でも相変わらず道化を演じていた自分は、貧弱で愚図な「竹一」(本名夜神月)には自分の「正体」がばれているのではないかと凍り付く。竹一を懐柔することに成功した自分は、「おまえはハンヴァーガーに惚れられる」「おまえは偉いねらーになる」という二つの予言を授けられる。

また、彼に見せられた黒い表紙のノートにいたく感激を受け、「ぼくも、書くよ。自分の名前を、書くよ。」と言うものの、「大場葉蔵」は道化の名前で、自分の本当の名前ではないと考え、中二病丸出しの痛い「真名」を考案するものの、画数が多すぎる漢字を使用したため忘れてしまった。

高等学校では絵を描くことと本を読むことに没頭し、学校に行かなくなる。この頃出会った「堀木」(肌の浅黒い美青年で常に背広を着ている)に、酒・煙草・
淫売婦を教えられた。


是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:20 KB
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE