井伊直政
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…人物[編集]
その美貌を生かしての色仕掛けによる他国との交渉役も務めた。男色を全く嗜まなかった秀吉さえも直政に恍惚としてしまい直属の配下にしようと工作を巡らしたほどである。この時秀吉が発した言葉が「井伊よ!来いよ!」である。か弱いノンケの青年のフリをして敵を油断させて首を掻っ切るなど、暗殺の腕も 5191 服部半蔵に匹敵するほどであった。

直政の美貌は隣国にも聞こえ、武田や北条との戦いにおいては、彼の部隊が(性的な意味で)真っ先に狙われたという。それらの多くは勇猛な直政に悉く返り討ちにされ、彼の武勲に華を添えるだけであったが、返り討ちにされた足軽達はむしろ本望だったかも知れない。

直政が家康の寝床に襲撃を掛けた武田の忍者を討ち取ったという武勇伝があるが、この刺客が家康の命よりもむしろ直政のケツ穴を狙っていたことは間違いない。

極度に戦場で興奮すると鎧をパージして赤いフンドシ一丁で戦う。彼のフンドシは所謂鬼のパンツであり、被るとバーサク状態になる代わりに全てのステータスが2倍になる。

美貌といっても当時のそれと現代では感覚が違う。直政の遺品の甲冑から、身長は六尺近く、胴回りは四尺(約121cm)程あったと想像され、現代風なスリムの美男子などでは無く、「固太り」な大男だったと思われる。

この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

最期

関ヶ原の戦いにおいて、島津兵の鉄砲の弾丸を被弾し、あまりの痛さに泣いてしまう。その後、毎日痛い痛い言いながら2年間生き延び、1602年(慶長7年)に41歳でその時の傷が今更になって悪化し、敗血症でおっ死んだ。戦国恋姫での直政家康のペニスが愛おしくて、蘇った爆乳女子高生井伊直政は、東京で天下を撮れというお母さんの言いつけを守らずにバイクで転落死。そのまま帰らぬ人となった。
関連項目



赤備

高崎市

彦根市

ひこにゃん

井伊直親 - 父。

井伊直虎 - 養母。

井伊直孝 - 息子。


更新日時:2018年1月5日(金)15:14
取得日時:2021/04/18 01:59


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:7390 Bytes
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef