二丁拳銃
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…熟練者向け[編集]中級者以上は二丁拳銃は「拳銃」以外の銃を用いての二丁拳銃を試みるべきである。これは散弾銃機関銃などの類を両手に持って発射するもので、反動・重量とも半端ではないので、使用者には一定の体力と熟練の技量が求められる。一般の軍隊が拳銃、もしくは最大でも短機関銃を用いた二丁拳銃を習得するのに対し、特殊部隊などではこれらの大型火器を持ちいた二丁拳銃を訓練で仕込まれる。そしてこれらエリート軍人たちは一般の兵士たちが行軍する速度以上で二丁の火器を持って敵に進撃することが求められる。たとえば第一空挺団などのMINIMI二丁拳銃は、同部隊の名物として著名である(実践ではパラシュートで降下しながら眼下の敵部隊に銃弾の雨を降らせる予定である)。またパワードスーツ着用の兵士やサイボーグターミネーターなどはM61バルカン砲両手持ちなども行われる。

上級向けの二丁拳銃として織田信長が用いたという三丁拳銃(三丁火縄銃)がある。これは一人の足軽が三丁の火縄銃を持ち、ひとつを発砲・二つを装填準備とする戦法である。これは自分たちより大規模な武田騎馬軍団を殲滅させることが出来たことから、最強の二丁拳銃といわれる。ただし、きわめて高度な技量が求められるため、現在ではウラジーミル・プーチン大統領などごく一部の軍人以外は使用者がいない。

また都市国家リブリアで生み出された武術ガン=カタも、二丁拳銃の流れを汲んだ戦闘技術である。基本の装備が自動拳銃二丁であるため、これを初心者向けと勘違いする若者が近年急増しているが、如何なる状況であっても即座に対応することを要求されるガン=カタは非常に難易度の高い上級者向けの技術であり、現在のところプロフェッショナルと呼べるのはリブリアの特別捜査官「グラマトン・クラリック」のみである。

香港ではチャイニーズ・マフィア所属のチョウ・ユンファらによって使用されていた。銃を植木に隠してから戦闘中にリロードせずに銃を取り替えるという高等テクニックなどが生み出された。
関連事項

拳銃

二刀流

ヤンマーニ

ガン=カタ

BLACK LAGOON

マトリックス

MUSASHI -GUN道-

ふたなり

スターク

XANXUS


更新日時:2018年11月1日(木)13:40
取得日時:2019/07/15 22:31


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6236 Bytes
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef