[Uncyclopedia|▼Menu]

修正依頼この項目は、文章が冗長・まとまりを欠く・エッセイ的である・不適当な翻訳など改善の余地があるため、修正・推敲を広く求めています。
修正の要点 : このページのノートまたは履歴をお読み下さい。

亀(かめ)とは、広い地域にわたって生息している動物界脊椎動物門爬虫網カメ目の一種である。転じて動作の遅い人(ノローマヌ)を指す言葉であるが、ウサギやアキレスよりも速いことが確認されている。
特徴 典型的な亀

一部の種類を除き、背中には甲羅がある。ピンチになるとこの甲羅に首をひっこめ、身を守る習性がある。甲羅は円形、横から見ると流線型で、手足はみずかきが発達しており、水中を泳ぐのに適している。顎の力が非常に強い為、歯を必要としない。そのため殆どのカメには歯が存在しない。それゆえ歯磨きも必要なく、虫歯になることもない。ノロマと呼ばれるカメだが、環境に適応して身体の要らない部分をオミットして進化してゆける器用さは持っているのだ。

足の動きは遅いが、首の動きだけは早い。カメは首の骨の間接が5個以上も存在しており、首の動作は非常にフレキシブルである。かの首長族は人間とカメのハイブリッドではないかと言われている。アキレスが校庭を3周する間に、カメは首の出し入れを1億回行うことができる。それゆえ、アキレスは決してカメに追いつけないという格言が生まれることとなった。
有名な亀 あまりのノロマさにエクスデス先生も激昂。
クサガメ
甲羅の境界線が金色というだけで中に金塊がたくさん詰まっていると勘違いされ乱獲・虐殺された可哀想な亀。
ギード
ハーレムが仲良くしている所に水をさす。一応賢者?紳士に怒られる。カメェェェーーー!
ギルガメ
お金をネコババしようとする者を制裁する恐怖の亀。
玄武
四神の一角。と合体。目立たない存在。
龍亀(ロングイ)
頭がの亀で、いわゆるハーフ。「そばに置くと財運を高まる」と言われるため、風水の世界で引っ張りダコである。
ホアン・キエム・タートル
ベトナムホアンキエム湖で目撃される大型の亀。
鵺亀(ぬえがめ)
老人のような頭を持ち、尻尾にもに似た頭がある亀。前足で皇族を抱きかかえ、尻尾の蛇で民衆を食べるという、俗に言う「人の顔をした怪物」。
ガメラ
空を飛ぶ。火を吐く。顔が怖い。
ミュータント・タートルズ
人型で二足歩行をする4匹の亀。人語も理解している。変な日本人みたいな動きをし、戦闘はおろか車の運転までこなす。なぜか白目。
ノコノコ
主にキノコ王国に生息している。ある種においては目はほとんど見えていないらしく、まっすぐ歩くだけものもいる。甲羅は摩擦係数が非常に低く、地面を滑らせることも出来る。甲羅の色の種類はとても目立つ、はたまた点滅するものもある
パタパタ
羽が生えている。生態については「鳥と亀のハーフ」という説がある。
クッパ大王
鈍重。悪者。
ゼニガメ
マサラタウンでオーキド博士からもらえる。知能が高く、消防団を作ったり、それなりに文化の発達が見られる。
こち亀
GKBRより強靭な生命力を持った警察官が出てくる。なかなか理解されにくいのだが、派出所自体が亀であり、中の人間は飾りである。くどいようだが、主人公は何を言おう派出所である。サンダル履いたオヤジではない。
カメバズーカ
ダブルライダー殺しの異名。
イワガメ怪人
小学校を洗脳。
ゴ・ガメゴ・レ
ギャンブルが得意。牛の戦士にもなる。
トータスロード
使徒です。金と銀の種類がいる。
トータスアンデッド
不死身の雑魚。ダイヤのカテゴリー6。
オトロシ
サイと合体。自動車をペシャンコ。
ウラタロス
腐女子に人気の浦島太郎もどき。釣竿使い。
リクガメヤミー
小児化したネフライトの手下。
亀梨
こちらも同様。彼の名前を意味する「亀」印の団扇、旗、Tシャツはとくに有名。追っかけもたくさんおり、しまいには「亀の亀が欲しいわ」なんて言っている始末である。
カメルーン
アフリカに生息する、魔力が強い亀。
亀田
日本では、あられ・おせんべいの製造社強豪の喧嘩家一族「ハァーロォーゲェーン」と叫ぶ化学の講師の三種類が存在する。
亀井
政界に生息する。種類は、カミツキ亀や、殿、姫など。神奈川の亀は絶滅危惧種に指定されている。
亀頭
言う事は無い。
関連項目

ウサギとカメ

マリオ

ポケットモンスター

無限1UP

- 共にめでたいものの象徴。

鶴亀算

亀仙人

亀山市
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「亀」の項目を執筆しています。

更新日時:2020年3月6日(金)22:58
取得日時:2020/10/20 11:28


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:8274 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef