九七式中戦車
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「九七式中戦車」の項目を執筆しています。

九七式中戦車(くなしきちゅうせんしゃ)は大日本帝国陸軍の主力戦車であり、第二次世界大戦(大東亜戦争)日本を代表した、萌な要素が満載の大和撫子でもある。なお大本営の資料によれば、この戦車には世界初の精神力によって火力および装甲が強化されるという画期的システムを搭載されていた。さらに近年の報告によると、燃料が切れても強い精神力の力のみで走り続けることができた。低コストで生産を可能にしており,ローラーコンベアーすら必要としなかったという。後,派生型に新砲塔仕様が出現した。

通称:チハ

皆から愛を込めてチハタンと呼ばれる。タンはタンクから来ているとも本能的につけられたとも言われているが真偽は不明。まて、「チハ」の字を分解するとナ ノ ハ・・・・・・なのはに! ドイツ軍の戦車とは異なり,大量に生産できる。
目次

1 概要

2 新砲塔について

3 後継車種

4 チハは俺の嫁

5 そして現代へ

6 最後に

7 もひとつ

8 関連項目

9 外部リンク

概要

チハタンはノモンハン事件で初陣、日本を離れ遙か外蒙古のハルハ川の周辺で、露助のイワシの缶詰とガチンコするが、数で押し切られてしまい、一緒に出かけた異母姉のチロタンは犯られまくったと言われていたが、近年、露助が白状したところによると、どうやら、チロタン・チハタンの姉妹は、逆に、そこそこ犯りまくったことが判明している。アメリカで言えばM4中戦車と同じ部類なのにサイズから生産性までかなり違う。太平洋戦線においては大型戦車の厄介者である限定された重さしか吊り上げられないクレーンや狭い道など物ともしない為,米軍から「太平洋戦争で最も活躍した戦車は日本から捕獲したチハタンク」という流言飛語まで発生した。また、世界に冠たる空冷のディーゼルエンジンをいち早く採用しており軽快に走れることを希望します。その為,太平洋における初戦の相手であったイギリス軍よりいち早く行動できた。戦後は一部の国家が、”電車”として運用していたこともある(どうやら、現地では戦車と電車の区別がつかなかったらしい)。


<チハの解説書>                              .___   ______チハ坊:チハを自由自在に操る鋼鉄の騎士             ヽ=☆=/ /    チハを愛し、チハに愛されることで通常の3倍の性能を引き出すぞ!            ∩( ・ω・)∩ チハタンばんじゃーい            ┬======l         ____チハ主砲:「帝国の稲妻」と呼ばれたチハの必殺兵器            ヽ┴-----┴ 、      /       57cmの巨大な砲弾で、機関銃巣もイチコロだ!               ==|  □:|: 乃 「r---┬───o     _____└┐_:|:___||-─┘ ̄ ̄ |ミ///   / ~~|ミ|丘百~((==___ ――――チハ車体:コンパクトかつチャーミィに仕上げられた形状には └┼-┴─┴───┴──┐~~'''''-ゝ-┤            「極東の鉄の美女」と、連合国も大絶賛!  ((◎)~~~O~~~~~O~~(◎))三)──)三)   ゝ(◎)(◎)(◎)(◎) (◎)ノ三ノ──ノ三ノ                           ――チハキャタピラー:敵陣地を踏み荒らし大陸を駆け抜け、 自らのキャタピラが磨耗で朽ち果てるまで チハタンは走り続けた・・・・・・。 独特のサスペンションで軽快に走れる。
新砲塔について

内気で控えめな、慎み深いチハタンの砲塔は、敵の戦車とはガチンコすることは考えられておらず(じゃあ、何とガチンコするのか?それは乙女のヒ・ミ・ツです?)アメリカやイギリスのマッチョガイな中戦車と比べると火力不足でM3軽戦車にすら撃破するのにも、チハタンは、勇気を振り絞ってパンを咥えて「遅刻、遅刻?!!」と言いつつ疾走して激突する戦術を行い見事にハートを狙い撃ち。これにより,「捕獲したM3軽戦車が日本の主力戦車」というレッテルを貼られてしまう。我らが天皇は「チハに敵の戦車を倒すすべはないのか?」と言われてしまい即座に新砲塔(これは整形では無いのか?!)を作り出し火力を増大させた。M3軽戦車やM4中戦車などブリキ同然だ!!あっという間にイギリス軍は後退してしまったがアメリカだけは丹念に研究を重ねてM4中戦車の強化版を送り出す末路をたどった。

米軍もチハを利用して、敵陣に突っ込み車内で手榴弾を爆発させ敵兵にリベットを浴びせた者もいたのさ。
∩( ・ω・)∩ チハタンばんじゃーい って叫んでね。それこそ、も肉もチハタンと同化して散っていったんだ。
後継車種

改良型として一式中戦車チヘタンを開発したものの、チハタン自身のアップグレードを図った、97式改も登場して現場と生産ラインは大混乱。しょうがないから、さらに強力な砲を積んだ 5ff7 三式中戦車チヌタンを開発したんよ。もちろんチハ姉妹の中では最強のモデルだったけど、あんまし生産出来なかったね。チヌタンは、しゃしゃり出ること無く、壕に隠れてガチンコ一発勝負という戦術も考えられており、その点では、姉であるチハタンの慎み深いところ、打たれ弱い点などは姉妹として共通点。

あと、四式、五式中戦車と、姉たちと比べると、欧米並みのマッチョな妹達もいるんだけど、彼女らはチハタングループとは腹違いの戦車だし、すっごく強そうだったんだけど、誕生が遅すぎて、五式なんか砲載せる前に戦争終了、姉たちの様なデビューは出来なかった orz

戦後には大日本帝国陸軍に代わって、自衛隊って組織になっちゃったけど、陸上自衛隊はアメリカの戦車を使いつつ自分たちの戦車を開発してったんだよ。

それが、

ゴジラにやられまくりの61式戦車、鉄道で運べるミニマムさがキュートでもある。

美しい戦車の74式戦車、見事な曲線美でナイスバディの美人だけど、気を抜いて油圧が抜けると、だらしない姿に....

川を走行すると底が抜けるとか、世界一高い戦車だとかの滅茶苦茶な話が信じられてる。新しいドレスを採用している世代の子達に共通の特徴でもある、ちょっと没個性な90式戦車

とか、なんだよね。

で、74式でやっと世界に追いつき、90式で世界のトップクラスになったんだよ。エアコン搭載で乗り心地は世界一さ。高いけどさ。

もうすぐ次期戦車が出来るみたい。すごぉーく、つおいらしい。
チハは俺の嫁チハ可愛いよチハ軽戦車を撃破とか余裕なんだけどさ、チハがやると全然余裕さとか感じないんだよな!不思議な事に初登場の時も新型しんがた?と浮かれていたのに結局ハ号の対戦車戦闘のお手伝いをしてあげたり敵歩兵と戯れてみたりと初々しいチハの車体の装甲が打ち抜かれちゃったよ戦闘!これがまた可愛い所濃縮なんだよなチハの砲を跳ね返す敵戦車のシーンとかマジヤバイ、可愛すぎて抱きしめたい軽戦車が撃ち抜けない?の所の後退する所とかやば過ぎドアノッカーで撃破される戦車ってポイントすごく高いよねそれからそれから中国戦線であたふたしてる所も可愛いし勝利決められずに戦争終わっちゃうよーとかの優柔不断な所も保護欲をそそるよね!やっぱりねぇ、チハの最大の萌えポイントは鉢巻アンテナですよここでM4シャーマンとM26パーシングと硫黄島で会う事になる訳だが、2輌が歩兵と戦っている時に口をぽかーんと開けてチハは埋まってる。それが萌えるのなんのって更に向こうがこっちに気付いて、チハが緊張のあまり弾を外したり当てても弾かれてる所の可愛さって言ったらそりゃあもう反則だね、天使のような可愛さだよおいM3スチュアート軽戦車は軽い戦車だからきっと簡単に倒せるよ!←この中戦車気取ってるところがたまらない萌え死ぬそれから自爆しようとして変な装備をする所もヤクいよねー必死に「やっぱり倒せない」と言う事を言おうとするんだけど、大本営の空回りする所!その必死さが良い!みたいな。可哀想なんだけど大和魂でなんとかしろ!って軍の上層部は叫んでたキーポイントの新砲塔が出てくるんだが、それを付ける時のチハは本当に心の底から嬉しそうにに付けるんだよね見てるこっちの方の顔もほころぶ寿命的に 彼女には周りの人の脳を幸せにする笑顔を持ってるよてか一式47mm戦車砲、何あれ?思わずチハの前で万歳をしている自分がいたわけだが(笑)しかも47mm戦車砲ならシャーマン撃ち抜けるかなって言った後にいきなりシャーマンが出てきてたじろぐシーンがまたまた可愛いんだよなこれが「すいません倒せません><」いいからを47mm戦車砲を撃ってくれええええええええええええそれからも逃亡者は銃殺と言って後退禁止されるんだが、その時のチハの気持ちを考えているとすごく胸が苦しくなってチハの横でもう止めてくれ、もうこれ以上チハを苛めないでくれ!!って涙目になってた俺きめぇwまあ装甲の薄さも異常なんだがだがそれもいいそして海ゆかばが演奏される訳だがその時のチハの砲見て思ったよ。これは対戦車戦闘というものを真に愛せる砲だなってチハにならスチュアートくらいは任せて大丈夫だなって俺は1人心の中で納得したね、うんその後、素直に自分の期待を裏切って撃破されたチハちゃんなんだがw中戦車な所が凄く良い。他の中戦車なら他よりは優れた特徴があるもんなんだが、チハにはそういう所は一切なかった。しかもその後の新型戦車が他国の戦車のマイナーチェンジレベルという情報が伝わってきたって言うのも、乗る人には泣かせる性能だよなーてかチヘってなんだwでもチハの高性能版が外地で戦闘をやる所も少し、いや凄く見てみたい面はあるなwその後のチヌはパーシングがいるのにシャーマンくらいは勝てるかなーとか可愛い事言ってるのもとっても良い全体的にすごく可愛くアホの子、でも根は優しくて和ませる存在って印象が伝わってきたな。さあチトな訳だが、最初これ見た時びっくりしたよ!今じゃ1、2回見てるから馴れたんだけどさこういうの新型戦車って言うんだよな!?車体があまりにも前と違ってたからびっくりしたよでもこういうのもいいよな!新しい何かに目覚めてしまいそう…次回予告ぅー初めての敗戦と功臣号への変名に不安を抱きながらも期待で胸がいっぱいなチハの心情をリアルに表現していたなてかこのチハはやばい、つよすぎる、なんでだろうな?目から汗が流れるのが止まらんのだが。。勝利後の解放感と興奮がヤバイわけですよ。思わず内地から中国にまた行きたくなるくらい。それくらい中国人民解放軍に感情移入してしまっている自分がいるのに気付いたいやーそれにしてもチハ可愛いよチハ。軽軽しく「功臣号は俺の嫁」なんて言える中共じゃないね俺が「チハは俺の嫁」て言う時には今までオキニだった戦車のマニュアル10何ぼかを全部棄てたねそしてチハでBT-5と戦おうとしてた俺を上官が後方に引っ張っていって拳骨を頭から食らったねこの子は装甲25mmでウイークな子なんだ。こんな聖なる天使のような子で対戦車戦闘をしてはいけないってね(泣チハの体も自分の心もキレイにした後に俺は八路軍にチハを引き渡して向こうの戦車兵に言った「チハは永遠に俺の嫁」と。それにしても次の活躍が楽しみだよチハ。ああチハの事を考えると胸が張り裂けそうだよチハ。チハチハ愛してるよチハチハ。中国人民革命軍事博物館で会えるのを楽しみに待っているからねチハ。それじゃあお休みチハ。
そして現代へ ママになったチハタン

元々が可愛さで支持されていたチハタンだが、近代になると分かりやすくビジュアルを出さないとチハタンの可愛さを理解できないゆとりが増えたため更なる愛を表現するため美少女化するという傾向が強く出てくるようになった。例えば「萌え萌え二次大戦(略」では「陸軍に配備されたせいでミソッカス扱いされ、米軍にNTRされるチハタン」が拝めるし、MCあくしずでは「役には立ってないけどチハタン可愛いよチハタン」とみんなに愛されるようになった。

もし将来的に海軍に対抗して戦車これくしょんが出たならば、恐らく最強戦車娘となってみんなに愛されることだろう。

だってチハタンの可愛さは未来永劫変わらないのだから。
最後に

 ∩( ・ω・)∩ チハタンばんじゃーい
もひとつ

 ∩( ・ω・)∩ チハタンばんじゃーい
関連項目

靖国神社 (本物のチハタンが居るよ!)

自衛隊 (チハタンを飼ってくれる人)

T-72 (神の化身)

M4中戦車(天敵)

外部リンク

チハタン保管庫
 ・話・編・歴 戦車

軽戦車 :M3軽戦車 - 九五式軽戦車
中戦車 :シャーマン - M4シャーマンファイアフライ - チハ - T-34 - パンター
重戦車 :ティーガー - ティーガーII - ポルシェティーガー - T-72 - オブイェークト279 - KV-2
巡航戦車 :カヴェナンター
歩兵戦車 :マチルダI歩兵戦車
多砲塔戦車 :NbFz - T-35
駆逐戦車 :ヤークトティーガー - ヘッツァー - ホニ - M18
自走砲 :M7自走砲 - III号突撃砲
MBT :61式戦車 - 74式戦車 - 90式戦車 - 10式戦車 - T-72 - エイブラムス - M1エイブラムス
陸上戦艦 :ラーテ
その他 :ロケット戦車 - やわらか戦車 - 吉田戦車 - ガンタンク - 戦車道


更新日時:2020年3月6日(金)12:03
取得日時:2020/04/01 01:55


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:17 KB
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef