中村市
[Uncyclopedia|▼Menu]

この項目では、高知県の中村市について記述しているばい! 宮城県の中村市につ・い・て・は「相馬市」をCHECK IT OUT!! はい!!!
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「中村市」の項目を執筆しています。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「四万十市」の項目を執筆しています。

中村市(なかむらし)《合併→「四万十市」》は、高知県西南部に現存する都市である。

土佐一条氏の城下町であり、その美しい里山は「四国の桃源郷」「土佐京都」と呼ばれた。平成の大合併に乗っかって、最後の清流・四万十川にあやかって四万十市(しまんとし)を発足させるが、北隣に既に四万十町(しまんとまち)が存在するため、「んもう、どこなんだよ!」と各地から苦情が相次いだため、市名を中村市に復すことになった。
目次

1 概要

2 地理

3 歴史

4 交通

5 観光

6 人物

7 関連項目

概要

高知県の西の果てに広がる幡多地区の中心都市である。高知から中村までは、東京から阿字ヶ浦までの距離と等しく、高知などの高知県中部とは独自の文化・風習を持つなど毛色が異なり、むしろ南予(愛媛県南部)との共通性が見られるため、高知市民から「不入山の向こうは土佐ではない。」といわれるほどである。

中村」という都市名の由来は「幡多郡の主邑」であるからとも、伝説の隠れ里「穴の中の村」によるものとも伝えられる。「穴の中の村」は、四万十川を遡った深い谷の岩影の穴の中にあるとされる理想郷で、気候は常春であり、幻獣や妖精とともに暮らす住民はみな長寿であるが、その村には善人のみしか到達できないという。

高知県の中村(土佐中村)が市制を敷いた日は1954年3月31日だったが、この時には浜通りの中村(奥州中村。現在は福島県)も市制を布こうとしており、土佐中村と奥州中村は『中村市』の名称を巡って対立した。鉄道の『中村駅』も、1954年当時は奥州中村に在り、土佐中村には無かった。ところが、奥州中村は馬追い祭りで有名な戦国大名・相馬家の本拠地だったことから、奥州中村が戦国大名に因んで『相馬市』を名乗り、土佐中村が『中村市』を名乗ることで決着した。なお、この後の1966年10月1日には、浜通りの平(戦国大名・岩城家の本拠地だった『奥州飯野平』)こと『平市』が、『相馬市』に対抗して『いわき市』に改名した。もっと遡ると、廃藩置県当初には『中村県』が存在したが、これは土佐中村ではなく、奥州中村に県庁を置いた県であった。

この『中村』という平凡な市名に不満を持っていた一部の住民は、『中村』市名を投げ棄てる為に中村市と西土佐村の合併を推し進め、『四万十市』への改名を決定したのである。しかし、これに対抗するかのように、四万十川上流域の自治体である窪川町・大正町・十和村が合併して『四万十町』を名乗ったため、市と町の違いこそあれど、隣り合う自治体が全く同名という特異な状況となってしまった。更に、四万十川の流域は愛媛県にも及んでいることから、高知県は勿論、愛媛県からも二つの『四万十』に対して反発の声が上がった為、『四万十市』と『四万十町』は、中心地名を取ってそれぞれ『中村市』と『窪川町』に復すことで一応の決着を見たのであった。

なお、宮城県で「『伊達な旅』だけじゃなくて、『相馬な旅』も入れろ!」「『中村』野馬追に改名するぞ!」という要求が高まると、相馬市が『中村市』に改名する可能性もある。この場合には、高知県の中村市は『土佐中村市』か『為松市』に改名される可能性もある。

……しかし、この現在に至るまでその中村御所の主たる一条さんにちなみ『一条市』にしろと誰も言い出さないのは不自然極まりないことであるが、これはまさにコーエー信長の野望およびその典拠とされたらしい長曾我部一族のプロパガンダによる一条兼定公の悪評が、いかに当地にまで強く根付いてしまっているかを示す一例なのである。
地理

山と海に挟まれた辺境であるため、平家の落人伝説にみられるように、中央の戦乱から逃れてきた人々が落ち延びた地である。

四万十川が市内を貫流している。四万十川は、いまでこそ「最後の清流」として全国的に有名であるが、河川法で定められた正式名称は、つい最近まで「渡川」であった。かつては、四万十川の源流を「窪川(くぼかわ)」、四万十川の支流である檮原川を「四万川(しまがわ)」、窪川と四万川の合流地点を「十川(とおかわ)」、河口付近を「渡川(わたりがわ)」と様々な名で呼んでいたのである。

このように、河川の部分によって名称が異なる例は日本全国に見られ、特に珍しいことではなかった。ところが、頭の固い連中が「同じ河川に複数の名称があっては、不都合である。」と言い出したため、これらの河川名の音と訓を強引に組み合わせた、「四万渡川(しまんとがわ)」という摩訶不思議な「川」が生み出されたのである。
歴史

乙巳の変によって国郡制が定められる前には、現在の高知県西部に『波多国』が存在していた。しかし、律令制が布かれると、波多国は都佐国と合併されて土佐国とされた。歴史に「たられば」は禁物であるが、仮にこれら2つが合併されずに存続していたならば、二名島は「四国」と呼ばれることもなく、当然「死国」などというナンセンスきわまりない呼称が流布することはなかったはずである。

応仁の乱を避け、所領であった土佐国幡多荘に下向してきた一条教房は、公家の名門一条家の出身でありながら、幡多の地を開拓し、そのまま戦国大名として土着した。ついで、一条房家は、中村御所を拠点として、京都を模した碁盤の目状に区画された中村の町を築き上げた。一条兼定の代になると、にわかに頭角を現した長宗我部元親によって土佐国の大部分が制圧されたため、兼定は重臣たちの働きかけによって豊後国に一時退避した。再起を図るため土佐国に戻ったものの、四万十川の戦いに敗れ、高貴なる土佐一条家は、蛮族・長宗我部氏によって、以下略
交通

市の中心部に、土佐くろしお鉄道の中村線・宿毛線が、江川崎地区に予土線が通じている。中村線は、事実上土讃線の延長線として建設された。さらに、中村から宿毛を経て宇和島に至る宿毛線とあわせることで、高知・愛媛両県を結ぶ路線として機能する予定であった。

ところが、それに先んじて宇和島線の江川崎 - 若井間が開業し「予土線」と改称したことで、宿毛線の建設意義が薄れてしまった。中村線は「行き止まり線」であったため、予土線より輸送密度が高かったにもかかわらず、頭の固い連中によって特定地方交通線に指定されるという憂き目に遭うが、現在まで奇跡的に生き延びている。
観光

四万十川以外にも見所はたくさんあるが、最近は顧みられることはない。土佐一条氏が築いた中村旧市街は、正真正銘の「小京都」といえるが、中村も所詮は京都の劣化コピーでしかなく、「ミニ京都」と言ってしまえばそれまでである。

四万十川の上流は「秘境」のおもむきが広がるが、中村付近はそうでもない。そもそも「四万十川」は妄想の産物であり、観光客は「理想郷」や「桃源郷」といった虚構に踊らされているが、当人が幸せであるならそれで良いではないかとされている。
人物

一条兼定 - 戦国時代の土佐国の国司、土佐一条氏の事実上の最後の当主。

頭の固い百科事典では、「一代で土佐一条氏を滅ぼした暗愚な武将」とされているが、歴史は常に勝者に都合の良い記述がなされるため、鵜呑みにすることは出来ないといえる。しかし、現代における評価は依然として低く、「どうしようもない大名」の烙印を押されてしまっている。


幸徳秋水 - 明治時代のジャーナリスト思想家社会主義者アナキスト

帝国主義を批判し非戦論を訴え続けたことで知られるが、時代の空気を読むことが出来ず、国家の陰謀によって明治天皇暗殺計画に関与したとでっち上げられ、処刑されてしまった。


関連項目

I LOVE しまんと

四十万

窪川町

中村区 - 尾張中村(名古屋市? 7ff0 ??中村)。名古屋駅周辺。

中村藩 - 奥州中村(相馬市の中村)を首都とした藩。世界的に有名なフクシマは、旧中村藩の南端に位置している。

熊谷市・多治見市 - 2013年にこの2市の最高気温を上回った。

高知県


この項目「中村市」は、執筆者が中の人だった可能性もありますが、明らかに内容不足です。中身の詰まった記事にして下さる ⇒妖精さんを求めています。 (Portal:スタブ)
 ・話・ ⇒・ ⇒ 高知県

高知 :高知市 | 土佐町 | 大川村 | いの町 | 仁淀川町
幡多 :中村市 | 宿毛市 | 土佐清水市 | 大月町 | 三原村 | 黒潮町
高岡 :須崎市 | 土佐市 | 中土佐町 | 佐川町 | 越知町 | 梼原町 | 日高村 | 津野町 | 窪川町
長岡・香美 :南国市 | 香南市 | 香美市 | 本山町 | 大豊町
安芸・室戸 :安芸市 | 室戸市 | 東洋町 | 奈半利町 | 田野町 | 安田町 | 北川村 | 馬路村 | 芸西村
 ・ ⇒・ ⇒ 日本都市

北海道 : 札幌市 | 江別市 | 千歳市 | 北広島市 | 小樽市 | 函館市 | 室蘭市 | 苫小牧市 | 登別市 | 夕張市 | 岩見沢市 | 美唄市 | 三笠市 | 滝川市 | 歌志内市 | 富良野市 | 旭川市 | 留萌市 | 稚内市 | 紋別市 | 北見市 | 網走市 | 帯広市 | 釧路市 | 根室市 | 八雲町 | 長万部町 | 枝幸町 | 雄武町 | 斜里町 | 神恵内村
青森県 : 青森市 | 弘前市 | 八戸市 | 黒石市 | 五所川原市 | 三沢市 | むつ市 | おいらせ町 | 新郷村 | 六ヶ所村
岩手県 : 盛岡市 | 釜石市 | 宮古市 | 花巻市 | 奥州市 | 北上市 | 平泉町 | 滝沢村| 気仙沼市
宮城県 : 仙台市 | 石巻市 | 気仙沼市 | 白石市 | 名取市 | 角田市 | 登米市 | 大崎市 | 角田市| 美里町 | 南三陸町
秋田県 : 秋田市 | 能代市 | 横手市 | 北秋田市
山形県 : 山形市 | 米沢市 | 三川町
福島県 : 福島市 | 会津若松市 | 郡山市 | いわき市 | 白河市 | 喜多方市 | 相馬市 | 本宮市 | 棚倉町 | 矢祭町 | 浪江町
茨城県 : 水戸市 | 日立市 | 土浦市 | 古河市 | 石岡市 | 龍ケ崎市 | 取手市 | 牛久市 | 鹿嶋市 | 守谷市 | かすみがうら市 | つくばみらい市 | 東海村
栃木県 : 宇都宮市 | 足利市 | 岩舟町 | 栃木市 | 佐野市 | 鹿沼市 | 日光市 | 下野市 | さくら市 | 小山市 | 真岡市 | 大田原市 | 西那須野市
群馬県 : 前橋市 | 高崎市 | 桐生市 | 伊勢崎市 | 太田市 | 沼田市 | 館林市 | 渋川市 | 富岡市 | 安中市 | 中之条町 | 草津町
埼玉県 : さいたま市 | 川越市 | 熊谷市 | 川口市 | 行田市 | 所沢市 | 飯能市 | 東松山市 | 春日部市 | 狭山市 | 草加市 | 越谷市 | 蕨市 | 入間市 | 和光市 | 新座市 | 朝霞市 | 深谷市 | 坂戸市 | 羽生市 | 久喜市 | 富士見市 | 鶴ヶ島市 | 日高市 | 三郷市 | 幸手市 | ふじみ野市 | 三芳町 | 毛呂山町 | 鳩山町 | 滑川町 | 川島町
千葉県 : 千葉市中央区 | 花見川区 | 稲毛区 | 美浜区) | 銚子市 | 市川市 | 船橋市 | 館山市 | 木更津市 | 松戸市 | 野田市 | 茂原市 | 成田市 | 佐倉市 | 東金市 | 津田沼市 | 柏市 | 市原市 | 八千代市 | 我孫子市 | 浦安市 | 匝瑳市 | 勝浦市 | 流山市 | 香取市 | 四街道市
東京都特別区 : (江戸) | 千代田区 | 新宿区 | 文京区 | 台東区 | 墨田区 | 目黒区 | 大田区 | 世田谷区 | 渋谷区 | 中野区 | 杉並区 | 豊島区 | 荒川区 | 板橋区 | 練馬区 | 足立区 | 葛飾区
東京都 : 八王子市 | 府中市 | 武蔵野市 | 三鷹市 | 小金井市 | 東村山市 | 国立市 | 国分寺市 | 調布市 | 狛江市 | 稲城市 | 多摩市 | 羽村市 | 西東京市 | 小平市 | 小笠原村
神奈川県 : 横浜市中区) | 川崎市幸区 | 多摩区 | 麻生区 ) | 横須賀市 | 平塚市 | 鎌倉市 | 藤沢市 | 小田原市 | 茅ヶ崎市 | 逗子市 | 相模原市相模湖町) | 町田市 | 三浦市 | 厚木市 | 伊勢原市 | 海老名市 | 大船市 | 葉山町 | 箱根町 | 真鶴町 | 湯河原町 | 愛川町
新潟県 : 新潟市 | 長岡市 | 上杉市高田市) | 三条市 | 柏崎? 3ff8 ?? | 新発田市 | 小千谷市 | 加茂市 | 十日町市 | 村上市 | 燕市 | 糸魚川市 | 妙高市 | 胎内市 | 刈羽村 | (佐渡島
富山県 : 富山市 | 高岡市 | 魚津市 | 滑川市 | 黒部市 | 砺波市 | 氷見市 | 小矢部市 | 舟橋村
石川県 : 金沢市 | 七尾市 | 小松市 | 羽咋市 | かほく市 | 白山市 | 能美市 | 野々市市 | 内灘町 | 中能登町 | 津幡町
福井県 : 福井市 | 敦賀市 | 小浜市 | 大野市 | 鯖江市 | 美浜町
山梨県 : 甲府市 | 富士吉田市 | 大月市 | 南アルプス市 | 北杜市
長野県 : 長野市 | 松本市 | 上田市 | 岡谷市 | 飯田市 | 諏訪市 | 小諸市 | 大町市 | 茅野市 | 東御市 | 伊那市 | 軽井沢町 | 松代町 | 飯綱町 | 栄村 | 白馬村
岐阜県 : 岐阜市 | 大垣市 | 高山市 | 関市 | 各務原市 | 瑞穂市 | 飛騨市 | 本巣市 | 下呂市 | 郡上市 | 雛見沢村
静岡県 : 静岡市葵区 | 駿河区 | 清水区 | 清水市) | 浜松市 | 沼津市 | 熱海市 | 三島市 | 富士宮市 | 島田市 | 富士市 | 焼津市 | 掛川市 | 藤枝市 | 裾野市 | 伊豆市 | 長泉町 | 磐田市 | 袋井市 | 御殿場市|伊東市
愛知県 : 名古屋市中川区) | 豊橋市 | 岡崎市 | 138市 | 瀬戸市 | 豊川市 | 刈谷市 | 豊田市 | 犬山市 | 蒲郡市 | 岩倉市 | 清須市春日町) | 北名古屋市 | みよし市
三重県 : 津市 | 四日市市 | 伊勢市 | 松阪市 | 鈴鹿市 | 尾鷲市 | 志摩市 | 伊賀市 | 亀山市
滋賀県 : 大津市 | 彦根市 | 長浜市 | 近江八幡市 | 甲賀市 | 米原市 | (琵琶湖
京都府 : 京都市 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 長岡京市 | 木津川市
奈良県 : 奈良市 | 大和高田市 | 大和郡山市 | 天理市 | 橿原市 | 生駒市 | 平群町 | 王寺町
和歌山県 : 和歌山市 | 新宮市 | 海南市 | 田辺市 | 御坊市 | 那智勝浦町 | 北山村
大阪府 : 大阪市 | 堺市 | 岸和田市 | 豊中市 | 池田市 | 吹田市 | 高槻市 | 枚方市 | 茨木市 | 箕面市 | 摂津市 | 豊能町 | 島本町
兵庫県 : 神戸市 | 姫路市 | 尼崎市 | 明石市 | 西宮市 | 芦屋市 | 伊丹市 | 豊岡市 | 赤穂市 | 西脇市 | 宝塚市 | 高砂市 | 川西市 | 三田市 | 宍粟市 | (淡路島
鳥取県 : 鳥取市 | 米子市 | 倉吉市 | 境港市 | 南? 66ce ??町 | 日吉津村
島根県 : 松江市 | 浜田市 | 出雲市 | 山陰市
岡山県 : 岡山市大都会岡山)| 倉敷市 | 津山市 | 瀬戸内市 | 浅口市 | 高梁市笠岡市
広島県 : 広島市 | 尾道市 | 呉市 | 福山市 | 廿日市市 | (初音島
山口県 : 山口市 | 下関市 | 宇部市 | 長門市 | (中関) | 上関町
徳島県 : 徳島市 | 鳴門市
香川県 : 高松市 | 丸亀市 | 満弦ヶ崎市 | 宇多津町 | 小豆島町
愛媛県 : 松山市 | 今治市 | 宇和島市 | 八幡浜市 | 新居浜市 | 四国中央市
高知県 : 高知市 | 中村市
福岡県 : 福岡市早良区)| 北九州市門司区 | 八幡西区 | 八幡東区)| 大牟田市 | 久留米市 | 直方市 | 飯塚市 | 芦屋町 | 宇美町 | 篠栗町 | 久山町
佐賀県 : 佐賀市 | 唐津市 | 鳥栖市 | 有田町
長崎県 : 長崎市 | 佐世保市 | 島原市 | 大村市 | 雲仙市
熊本県 : 熊本市 | 八代市 | 玉名市 | 上天草市 | 宇城市 | 天草市
大分県 : 大分市 | 別府市 | 日田市| 佐伯市
宮崎県 : 宮崎市 | 都城市 | 延岡市
鹿児島県 : 鹿児島市 | 薩摩川内市 | 鹿屋市 | 阿久根市 | 霧島市 | 南九州市 | 十島村
沖縄県 : 那覇市 | コザ市 | 宜野湾市 | 浦添市 | 名護市 | 豊見城市
朝鮮 : ソウル特別市 | 仁川市 | 平壌市
満州 : 新京市 | 哈爾濱市
華北・華中 : 南京市
台湾 : 台北市 | 台中市 | 高雄市 | 台南市
樺太 : 豊原市 | 落石市 | 新樺太市 | 真岡町 | 能登萌町


更新日時:2017年10月18日(水)09:09
取得日時:2018/05/16 00:14


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:49 KB
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE