中央銀行
[Uncyclopedia|▼Menu]
東京近辺の支店には、これ1本で大体いける。

中央銀行(ちゅうおうぎんこう)とは、中央線沿線に存在する銀行のことを指す名称である。現金のほか切符、またセキュリティのため非接触型ICカードも導入している。

日本銀行は中央銀行だと言われることがあるが、まったくの間違いで、日本銀行は中央線の沿線には存在しない。
目次

1 概要

2 特徴

3 提携

4 海外における中央銀行

5 関連項目

概要

本店は東京都八王子市旭町一丁目(八王子駅構内)、JR東日本八王子支社の隣にある。

主要支店としては、名古屋市名古屋支店から長野県の塩尻支店を経由し、岡谷支店、山梨県の甲府支店、東京都の高尾支店東京支店に至る。

またこれらの店舗網と離れた場所として、大阪市大阪支店を中心とする支店網も存在する。主要な支店としては南港支店、天保山支店、弁天町支店、谷町支店、森ノ宮支店など。
特徴

東京支店から竜王支店まではSuicaが、名古屋支店から中津川支店まではTOICAを使うこともできる。また、SuicaエリアではPASMOも使うことが可能で、私鉄沿線住民も手軽に利用できる。大阪の店舗網はPiTaPaを使うことができ、SuicaやTOICA、Pasmoは使用できない。全店舗で使えるのはSuicaでもTOICAでもPiTaPaでもなく、ICOCAである、

杉並区内にある3つの支店、高円寺支店阿佐ヶ谷支店西荻窪支店の営業時間が非常に短いことが問題になっている(杉並三支店問題・平日しか営業できない)。
提携

他行同様、多種多様な銀行と提携している。特に御茶ノ水支店からは総武銀行提携している。名古屋支店、塩尻支店(篠ノ井銀行と連携)、東京支店なども同様である。三鷹支店と中野支店からは東京メトロ銀行東西営業所とも提携している。ところが大阪の支店網は提携先が全く異なり、東大阪市の長田支店から近畿日本銀行の子会社である京阪奈信用金庫と行っているのみである。また、南港支店はもとは当行と提携していたオー・ティー・エス信用組合本店であり、後に吸収合併した店舗である。
海外における中央銀行

外貨準備銀行としてアメリカからジンバブエに至るまで、あらゆる国に存在する(ヨハネスブルクとデトロイトを除く)。

各国でかなり特色があるが、規約が合わない等の諸事情があり、国が違うと相互提携できない国もある。

逆に利便性を積極的に追求しているケースもあり、イギリス?フランス間は、ドーバー海峡経由で提携を行っている。台湾では、日本との技術提携で高速処理ができるようになった。韓国はフランスの技術を導入している。

信頼性は各国の国民性による。ドイツスイスは極めて厳格に運営されているが、他の国ではレートが守られない、ATMやカウンターでの故障が多い、強盗が多発している、顧客をさばききれない、事故が頻発しているなど、さまざまなトラブルがある。これは信頼性の骨幹に直結しており、疑問の声が出ていたり出ていなかったり「そんなもんだ」と馴れたりしている。

ジンバブエ中央銀行では政情不安により切符の信頼性と価値が著しく下がっており、またハイパー値上げのため、朝買った切符が夕方には残高不足になるなどの非常事態に陥っている。そのような状態にも関わらず、ドイツに高額で切符を印刷させるといった無駄が指摘されており、ロバート・ムガベ頭取の手腕が問題視されている。ジンバブエ中央銀行のサーバはごく普通のプロバイダ経由であり、かつ非常に低速で、接続時にタイムアウトすることすらある。通常であれば情報セキュリティについても心配されるところだが、そもそも中央銀行の信頼性が低いためにあまり気にされていない
関連項目

中央線

ジンバブエ・ドル
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたち? 37c0 ??「中央銀行」の項目を執筆しています。

更新日時:2017年11月15日(水)07:51
取得日時:2019/10/17 21:55


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:7375 Bytes
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef