中二病
ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[Uncyclopedia|▼Menu]
秀逸な記事

この記事は秀逸な記事だよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってんなら、してみやがってください。お願いしましたよ。

正式名称は、発症しやすいと言われている中学二年生からとった、中学二年生精神異常型非日常的思考可能化性症候群(ちゅうがくにねんせいせいしんいじょうがたひにちじょうてきしこうかのうかせいしょうこうぐん、英:EGTIPNRTS, Eighth-Grader's type of insanity possibility of non-routine thinking syndrome)とされており精神医学用語の一つとして使われているが、一般的には中二病(ちゅうにびょう)で定着している。また、厨二病と表記されることもある。

現代では自分の気にいらない人間・自分の価値観に合わない人間に特にコミュ症・アスペルガーなどと併用して侮辱する時に使われることが多い(実際に言われた方は中二病やコミュ症ではないことが多い)。日本で中二病に繋がる浅い頭お花畑な人間が増えているのも事実である。また、人の個性を妨害し侵害にもなる邪魔な言葉でもある。古臭い島国根性の流れから生まれた言葉である。

 

中二病/資料。資料はネットから集積しました。[要出典]え? アンサイクロペディアはデータベースじゃない? 知るか、資料がなくてどうやって解説するのさ。

目次

1 近代病と現代病

1.1 病状とお薬

1.2 近代の恩恵と病理

1.3 現代病

1.4 部族社会

1.5 宗教性

1.6 古典

1.7 言語学

1.8 生きる《意味》

1.9 寓話

1.10 歴史を問う事の意味


2 他のサイトでの現象

2.1 ウィキペディア

2.2 邪気眼


3 執筆に置いての注意点

4 中二病とは(社会分析)

4.1 民族的に

4.2 修辞学(レトリック)と占い(フォーチュン)

4.3 中二病患者としての生き方とは

4.4 伊集院光の功罪

4.5 実際の対処

4.6 真の用法(取り扱い注意)


5 どうしても分からない人へ

6 それでもやっぱりわからないどうしようもない君へ

7 共通性から見いだす構造

8 裏中二病

9 高二病

10 関連項目

3fe4 近代病と現代病 嘉音ブレード

産業革命以降、19世紀と20世紀を経て、人類は近代の力により多くの恩恵を受けた。しかし同時に、都市に住む人々の間で忘れ去られてしまった物もある。
病状とお薬

近代病になると全てが同じものに見えてしまい、解釈に固執してしまう。そして〈解釈のループ〉から出られなくなるのである。抜け出すためには、特効薬である〈構造主義〉を服用して下さい。〈脱構築〉は服用が難しいので注意して下さい。

また、症状が自然に完治するまで、2?600年ほどかかる可能性がある。また、治った後でも、症状がひどかった場合は残り末代までの恥となってしまう。
近代の恩恵と病理

区分と分類に基づく合理主義が、近代の生んだ価値である。しかし、近代は数々の失敗も繰り返して来た、その失敗に陥った者が近代病である。近代病を克服するために現代思想がある。近代病の治療は越境性である。分類を乗り越え、最果ての塔へ、次元の狭間へと、辿り着こうとする思考法だ。また20世紀を経て科学は、近代科学から現代科学になった。量子力学はその象徴ともいえ、近代から現代への科学にステップアップしたのだ。中二病を紐解くカギは現代にあるのだ。
現代病

しかし、現代病もあるので気をつけなければならない。現代病になると、どこにも境界線がない事に気付き、どの境界線も昔の人が勝手に決めただけで、自分がそれに従う理由がないのだとわかる。すると自分の内面に逃げ込んでしまうのだが、それさえも規定されており予見されている。どこにも自分の居場所がない状態が寂しくなり、どうしようもなくなる。自分が日本に留まる理由がない事に気付き、世界は身勝手の固まりだと気付いた時。それが現代病である。現代病はアノミーを引き起こす危険があり、孤独に苛まれ自殺する危険と、孤独を利用したファシズムの危険があるのだ。都市社会では中二病を引き起こしやすい。伊集院光も都市出身だ。

現代病が重症になると『現実と虚構の区別が付かなくなる』という思考に駆られてしまう。そもそも現実と虚構の境界線など曖昧なのだ。ゲームや漫画やアニメに時間を費やし、お金も消費して、ニュースなどの情報を元に投票や購買の日常を送る日々。どこが現実と虚構の境目なのかは分かったもんじゃない。


是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:34 KB
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE