不思議の国のアリス
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「不思議の国のアリス」の項目を執筆しています。

『不思議の国のアリス』(ふしぎのくにのアリス、Alice the wonderland)とは、主人公・アリスがウサギ鬼ごっこをした夢を見た夢を今もずっと見ている物語である。
登場人物
アリス(Alice)
独り言をよく言う。現代の
萌えに繋がるようなエプロンドレスで裸体を守っている。うかつに抱きつくとエプロンドレスで絞殺される。
お姉さん(Sister)
別に兄でもよかったが、寝ている間にチョメチョメされてしまいそうなので却下。
あわてウサギ(Panic Rabbit)
ひたすら時間がない。自己管理がなっていない証拠である。
チェシャ猫(Chexie Cat)
いつも不気味に笑っている。
ドードー(Captain Doh-doh)
体中から水分がなくなるまで走り続ける。
いかれ帽子屋(Mady-Hat)
バカには見えない帽子を売っている。返品は受け付けない。
三月ウサギ(rabbit the march)
止まると死ぬため、死ぬまでずっと行進している。
その他いろいろ
以下略


警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、アルバス・ダンブルドアセブルス・スネイプに殺害されることや、坊っちゃんは東京の路面電車の運転士になることや、モンテ・クリスト伯爵がエドモン・ダンテスであることや、カムパネルラは川に流されて行方不明になることや、二十面相はもともとサーカス団員で本名は遠藤平吉であることや、アンサイクロペディアウィキペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、初版本を手放さないようにしてください。
あらすじ

アリスは川の堤の上でお姉さんのそばにすわっていた。暇だった。
だから、思案にふけっていた。

するとそのとき、アリスの目の前にピンク色の目のウサギが通っていった。
忙しそうである。


アリスはそれをストーカーしていった。

うさぎが穴に飛び込んだので自分も飛び込んだ。


ぐんぐん落ちていく。。。。


アリスは独り言をよく喋り、みんなから「気持ち悪い」と言われているほどなので、すぐに喋りはじめた。
「最近の政治家はだめねー。私の税金をどうしてくれるのよ」


政治家の文句を言っているうちにやっと止まると、頭の上はまっくらなところだった。


アリスは急いでウサギを追いかけると、ふいにうさぎが立ち止まった。


「ハハハ・・・。ついに罠にかかったな。」


うさぎはそう言うとアリスにむかって飛びつき、アリスのぴーをムシャムシャ食べはじめた。。 アリスを食べるうさぎ


「キャー」
アリスはついに死んでしまった。


・・・。



気が付くとそこはいつもの場所だった。


結局自分の夢遊病だったことに気が付いた。


現在アリスは、精神科の病院で入院中であろう。


めでたし、めでたし


-完-
関連項目

鏡の国のアリス


月のワルツ

アリスゲーム

文学

クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。


更新日時:2018年6月29日(金)23:21
取得日時:2019/12/06 03:45


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5059 Bytes
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef