下ネタ
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…下ネタの定義[編集]下ネタの定義は、「下賤の連中(大衆)の人気、支持を広く集める事象」である。それゆえ、内容がどれほど高尚、深淵であっても、大衆に人気が出れば、それだけで下ネタ扱いされてしまうという難点がある。そのため、生産者、製作者達は、自分の作品が大衆の支持を得てしまわないよう、晦渋な言い回しを使ったり、婉曲的な暗喩を用いたり、大衆はまず見ないマイナーな詩や古典文学からの引用を多用する事で、敷居を堆く重ねようとする。それをやりすぎてしまったのが哲学者と? 35a7 ??部の数学者達なのだが、それでもデカルトなどの著作は一般人にも普く読まれ、解釈されており、「下ネタ化」してしまっている。大衆は、自分達が無恥であることを粉飾し、少しでも優越感に浸ろうと、分かりもしないのに晦渋な題材や難解な表現を好むという傾向があり、そんな彼らにとって、深淵な考察と晦渋な表現で埋め尽くされた哲学者、数学者達の教材、著作は、まさにホイホイである。要するに、下ネタ化するのを嫌ってまきびしを随所に設置したのにそれが逆にホイホイとして機能してしまったということになる。これぞ報われない労働であり、人間の滑稽な心理の真骨頂といえるだろう。もう笑うしかない。初めから大衆に媚を売って「意図的に下ネタにする」方がよほど賢明である。
世界を支える下ネタ

下ネタは象牙の塔に隠遁しているような、上流階級の高尚な人間からは唾棄される傾向が強いが、馬鹿にすることなかれ、世界の経済や流通を円滑化させているのはその下ネタなのだ。どれだけ高邁な要素が含まれていようと、多くの有象無象に支持されなければ何ら意味がない。珠も珠と認知されねば器とならず、である。アンサイクロペディアンの皆様も、やたらと知識人ぶって難解な漢字や表現に拘らず、多数の有象無象に合わせてもっとバカになって邁進した方がいい。己の低俗さを恥じる事なかれ、下ネタは世界の共通貨幣である。下ネタ万歳!
関連項目

落語

ネタ

漫画

シモネッタ・ヴェスプッチ

外部リンク

下ネタ入門ネットにwelcome!下ネタ

この項目「下ネタ」は、壮大なネタ振りです。誰か、人類の歴史に残るようなとてつもなく面白いネタを書いてください。
私には書けません。 (Portal:スタブ)


更新日時:2017年5月21日(日)17:06
取得日時:2020/06/30 03:50


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6080 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef