七福神
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「七福神」の項目を執筆しています。

七福神(しちふくじん)とは仏教界・神道界の売れない・人気のない神様を集めて結成された宗教的なアイドルユニットのこと。元祖抱き合わせ販売
概要

数々の宗教が無節操に信仰される宗教の激戦区日本においてマイナーであったりご利益がいい加減だったり癖のありすぎる個性的な神様はなかなか信仰を集められず苦戦していた。そんな中、とある敏腕プロデューサーが各宗派のクズ神として人気のない神様を集めて新しい神様を作る仕事に取り掛かる。事務所から「これで人気が出なかったらクビ、田舎に帰れ」「ダメだったら関連事務所に移籍してアダルトビデオに出演しろ」とまで言われていた神様たち七柱を集めて各自の得意分野のご利益などを統合し「歌って踊れる縁起のいい神様集団」を作り上げたのが起源とされている。

各神様はそれぞれ不人気なのも納得できるほどのダメな神様であったが、敏腕プロデューサーが各自の長所を伸ばすことで徐々にその才能を開花させていった。最初は口コミで広がるようなコアな人気であったが、次第にコピペブログで宣伝されたり芸能人が信仰しだしたりという事からそのうわさが爆発的に広がり、現在では非常にメジャーな神様となり各地で祀られているほどに成長した。
メンバー ゲーマーとしても有名なえべっさん
恵比寿(えびす)

漁業の神様というあまりにもマイナーすぎる産業の神様として漁村や鈴木建設で細々と振興されているに過ぎなかったところをプロデューサーにスカウトされた。プロデューサーと一晩スコッチを飲みながら語り明かした結果、「漁業メインというキャラクターはいいが、やはりマニアックすぎるのではないだろうか?」という提案を受けて漁業のみならず商業・農業の神様としてその得意分野を広げたところ、金と商売が大好きな関西人やユダヤ人に大ヒットし、一躍人気の神様に踊り出た。名前も野蛮な外国人を意味するえびすからより親しみやすい愛称として「えべっさん」「エヴェッサン」と改名している。

なお長年メタボ体型に悩まされていたが、近年は大阪プロレスにプロレスラーとして入団して従来のピザでも食ってろなイメージを覆している。本拠地は兵庫県西宮市だが、最近は涼宮ハルヒに追い出されそうになっている。
大黒天(だいこくてん)

シヴァ神の化身としてインドから日本にやってきたが、大国主など様々な神様と合体させられた結果、どうにも中途半端な神様としてくすぶっていたところをプロデューサーに誘われる。破壊神キャラは日本では受けが悪いということで方針転換を行い、終末にこの世を破壊するための巨大な棘付きハンマーを打出の小槌に、女性受けが悪いという事でシヴァ・サンガこと巨大な陰茎は米俵に置き換えられ、温和な神様・おっとり系というイメージでブレイクした。

本拠地を浅草浅草寺や神田明神といった下町にすることでより親しみやすいイメージを持たれている。
毘沙門天(びしゃもんてん)

武神として日本にやってきたものの一部のコアなファン(主に戦国武将というか上杉謙信)にしか人気が出ず、また憲法九条が支配する日本では武神は特定アジア諸国に不安を与えると言うことで冷や飯を食っていた。プロデューサーの方針として「武神という方向性を残したままでもっと温和なイメージを植えつけられないだろうか」と苦心した挙句、イカついけども根はいい人な力持ち、陸上自衛隊隊員的なキャラクターで売り出すことになった。また武神=勝負事の神様という事でギャンブラー達にも人気を博している。

本拠地は越後・春日山城。
弁財天(べんざいてん)

インド出身のエロい女神様。得意分野は芸術だが、打ち切りと読者アンケートに怯える売れない漫画家ぐらいしかお参りしない。その上性格が極めて悪くカップルを見たら邪魔せずにはいられないという性格で、プライドだけは異様に高くに汚くその上いっぱしのセレブ気取り。ニンフォマニアで露出狂のケもある。さすがの敏腕プロデューサーも「この性悪な性格ブスには手を焼いた」と述べているが、なんとか芸術方面とお色気担当でその才能を伸ばした。

女性からの苦情を避けるため、良妻のイメージをつけるために毘沙門天と形式的に結婚したこともある(結局成田離婚となり女性週刊誌でボロボロに叩かれ女性人気はいまだにイマイチ)。本拠地は江ノ島。趣味は2ちゃんねるおっぱいをうpすること。
福禄寿(ふくろくじゅ)

道教関係の道士といわれているが、その正体は特徴的な頭を見ればわかるとおりサターン星人。面白宇宙人キャラとして売り出していたが、オッサン版ゆうこりんなど当然人気が出るわけがなかった。長寿というマイナーなご利益だが、あえてプロデューサーは方針転換をさせなかったという。昨今の国民皆保険制度の崩壊や薬害エイズなどの健康関係の不安が増えるにつれ、その微妙なご利益が人気を博してきた。

本拠地は土星
寿老人(じゅろうじん)

同じく道教関係だが、正体はカノープス星人。福禄寿とコンビを組みお笑いを目指すがあまりのシュールなギャグのためまったく人気が出ずに挫折、プロデューサーの紹介を受けるにいたる。福禄寿と同じく健康キャラで売り出し、近年地味に人気が出てきた。

本拠地はカノープス。 「最新のHOTEIが最高のHOTEI」がモットー。
布袋(ほてい)

お坊さん。メタボでひきこもりNEETだったが、社会に出るための訓練と称して七福神に応募する。珍しく坊主の仏教キャラとして売り出すが、それが何故か大ヒットして癒し系キャラの座を確立させた。また弁才天から琵琶を習い、ひきこもり中に初音ミクと特訓した音楽を発表し、長年の夢であったミュージシャンとしてBOOWYのギタリストに就任する(同時にダイエットも行い、現在のスマートな姿になった)。ミュージシャンとして活動するときはHOTEIもしくは布袋寅泰と名乗っている。

本拠地は不明。
関連事項七福神が放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/神」へ収録されています。

アイドル

アイドルマスター

カルト

七英雄

福神漬


更新日時:2014年7月22日(火)03:00
取得日時:2019/07/16 23:52


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:8902 Bytes
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef