ローマ
[Uncyclopedia|▼Menu]

ローマ(伊:Roma,羅馬)は、過去の栄光にすがりつき、「昔はよかった」・「近頃の若い者は」などとよくのたまう人間ばかりが暮らしているイタリアの首都である。長期間かけて建設されたはいいが、完成した後にまったく手がつけられず、今や荒廃していることでもよく知られている。
目次

1 歴史

2 ローマの名物

3 ローマに関する著名な言葉

4 関連項目

歴史ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ローマ」の項目を執筆しています。長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「 ⇒ローマ」の項目を執筆しています。ローマが放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/都市伝説」へ収録されています。

ローマは紀元前数世紀のころ、狼に育てられたという子供によって突然、イタリア半島の真ん中に出現したといわれている。狼に育てられた子どもとその子孫によって統治されただけはあり、ここの住民は野蛮な面がある一方で喧嘩に強く、時の経つうちに周辺の地域を征服していき、いつの間にかこの都市を中心としてヨーロッパの大半、小アジア、北アフリカにまたがる帝国を築きあげてしまった。世にいうローマ帝国である。

そしてそれだけたくさんの地域を征服したので、首都となるローマには征服地域から集められた財宝、美人、文化、食糧などが集まるようになった。ローマの人々は常にそれらの富に恵まれたので、酒池肉林の生活を長く送ることになったという。

けれどそんな怠惰した生活ばかり送ったせいで、ローマの人々からは次第に喧嘩強さと野心が失われていき、ローマ帝国は瓦解を始めてしまった。衰退が進んだ頃の帝国皇帝であるコンスタンティヌス1世は「こんな怠惰した街にいるから衰退したんだ!」とばかり、ローマを見捨ててその首都を現在のイスタンブールであるコンスタンティノープルに移したり、道徳教育の一環としてキリスト教を公認したりと、ローマおよびその文化と決別した形で帝国の改革を進めたが、時すでに遅し。東方から西ゴート族とかフン族とかいろんな民族がなだれ込んできた影響で、東西分裂の末ついにローマ帝国は消滅してしまったのである。

帝国が崩壊してしまった後、ローマに残された人々はどうなったか。酒池肉林の生活を長期間送った影響でヘタレになり、一方で過去にヨーロッパの大半を支配していたことからプライドだけはすこぶる高く、過去の栄光にすがり、時代の変化や他の優れた文化を認めない閉塞的なものばかりとなった。この作品に出てくる南イタリア(イタリア・ロマーノ)を見れば、その様が実によく示されていると理解できよう。また「自分たちが一番、他は全て劣った野蛮な者」であるという東洋の中華思想にも似た考えが根付いている影響からか、他の地域から来た人々は全て自分たちより劣った人間だから何をしても構わないとばかり、ローマをはじめとする南イタリアでは観光客に対するスリ等の犯罪行為、それに押し売りやボッタクリなどが今なお横行している。これはマフィアとともに、イタリアの政府を悩ませる種になっているという。

これはこの地に本拠を置いたキリスト教のカトリック教会(ローマ教会)とて例外ではなく、「(神聖ローマ帝国の)皇帝はローマ教皇太陽」と呼ばれるほどヨーロッパに強い影響を与えていた時代が一時あったことから、イスラム教を認めずに何度も侵略戦争(十字軍)をしかけるは、ユダヤ教徒を異端者とみなして幾度も迫害をするは、豪勢な教会を作るための金集めで贖宥状(免罪符)を乱売するは、天動説にこだわり地動説を唱えたガリレオ・ガリレイを迫害するはといった、非道な行為をその影響力が衰えたのちも長く続けた。このような行為を繰り返した結果、新教ことプロテスタントが分裂したりしたわけであるが、今なお過去の反省と現状把握は満足にできていないようで、教皇(ベネディクト16世)がときおり問題発言をすることがあるという形でそれは反映されている。
ローマの名物

上記した通り、プライドが高いものが多く暮らしているせいか、本当はただ金がなく修理できないのが真実であるのに、「過去の経緯を示すために崩壊したままの姿で残してあります」という説明がなされている廃墟が多々市内に存在している。以下がその代表である。 ローマの代表的な「廃墟」、コロッセオ

コロッセオ

かつての競技場。


カラカラ浴場

かつての公衆浴場。


パラティーノの丘

かつての高級住宅街。


フォロ・ロマーノ

かつての議会場。

また、かつての街の備品へ偽った伝説を付与し、観光名所に仕立て上げたものもある。以下はその代表である。

真実の口

マンホールの蓋にそれっぽい伝説を付け加えて観光名物としたもの。

また建てかえる費用がないのか、その他の建物でも建設されて数百年が経過し、だいぶ老朽化も進んでいるのに、だましだまし補修を加えながら現在も使用しているものが結構多い。「Rome was not built in a day.(ローマは一日にして成らず)」という世界的に有名な諺があるが、これは「老朽化した建造物も『歴史の遺産』としてみてば、うちらは間違いなく世界一だ」という、ローマ市民の単なるへ理屈が募ってできただけの代物なのかもしれない。

その他の観光名所としては、以下の様なものがある。

サン・ピエトロ大聖堂

贖宥状をヨーロッパ中で乱売しまくった挙句に完成した、無駄に豪勢なローマ教会の本部。イタリアからかつて存在した教皇領のほんの一部を奪回する形で成立したヴァチカン市国に位置する。


トレヴィの泉

ローマ帝国時代、その酒池肉林生活を描くような形で成立した泉。それゆえ無駄に豪勢である。後世になって改修等が施され、その無駄度には拍車がかかった。東洋の日本で2000年代になって建設された「トリビアの泉」は、このトレヴィの泉の無駄な豪華さを揶揄したものであることはいうまでもない。


ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂

民間人のジュゼッペ・ガリバルディに助けられてようやくイタリア統一を達成したという、いまいち頼りなさそうなイタリア国王のヴィットーリオ・エマヌエーレ2世を称えるために造られた記念堂。過度にその実績を評価する傾向があるのもローマ人の特徴である。


ローマに関する著名な言葉

Rome was not built in a day.(ローマは一日にして成らず)

既に記した通り。他にローマの建造物は、怠け者のローマ人・イタリア人では長期間かけないと到底完成しないであろう、ということを揶揄した言葉ではないかとも言われている。


All roads lead to Rome.(全ての道はローマに通ず)

ローマ人の奢りを象徴した言葉。ここからも中華思想に似た匂いを感じ取ることができる。


When in Rome, do as the Romans do.(ローマにおいてはローマ人のように振る舞え、郷に入りては郷に従え)

前述したとおり、ローマでは「他から来た人間には何をしても構わない」という思想が根付いているので、そこに滞在する際はまるで現地人のように振る舞わないと、何をされるかわからずとうてい己の身が持たないぞ、ということを揶揄した言葉だといわれている。


Roman Holiday.(
ローマの休日

酒池肉林生活をかつて送っていた名残で、今なお仕事をさぼってばかりのローマ人やイタリア人を日本人やドイツ人などが揶揄した言葉。「ローマに平日はない」と言い換えられることもある。他、古代のローマでは休日になるとコロッセオで奴隷の剣士を戦わせる見世物をしばしば行っていたことから、「人を苦しませて享楽を得る」という意味で用いられることもある。


関連項目

ローマを含めてイタリアの五大都市

ミラノ


ヴェネツィア

フィレンツェ

ナポリ

同じく首都が観光の街

パリ

ロンドン

ウィーン

プラハ


この項目「ローマ」は、執筆者が何事も続けられないヘタレのため、クソの山記事です。ユーモアあふれ、ヘタレを戒められるプロの執筆者を求めています。 (Portal:スタブ)



更新日時:2016年3月20日(日)20:50
取得日時:2019/12/11 03:14


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:11 KB
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef