ローマ皇帝一覧
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Uncyclopedia|▼Menu]
ローマ帝国 > ローマ皇帝一覧 秀逸な記事

この記事は秀逸な記事だよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってんなら、してみやがってください。お願いしましたよ。

ローマ皇帝一覧では、古代ローマ帝国の歴代皇帝について年代順にかいつまんで説明する。

誰がローマ皇帝であるかについては、「正統なローマ皇帝が認めた人物」「元老院が認めた人物」「実際に帝国全土を支配していた人物」と頭の固い辞書が示しているためそれに従う。テトラルキアについては東方正帝を第x代皇帝として列記することとする。
目次

1 帝国初期

1.1 ユリウス・クラウディウス朝

1.2 四皇帝

1.3 フラウィウス朝

1.4 五賢帝

1.5 五皇帝


2 帝国中期

2.1 セウェルス朝

2.2 軍人皇帝の時代


3 帝国後期

3.1 テトラルキア時代

3.2 コンスタンティヌス朝

3.3 ウァレンティニアヌス朝

3.4 テオドシウス朝


4 関連項目

帝国初期

初期が一番幸せだった。それはどんな国でも同じ。
ユリウス・クラウディウス朝

最初の5人。この5人だけで全ローマ皇帝の知名度の半分を占める。

僅か5代で途切れてしまい、これからのローマ皇帝のグダグダさ加減を暗示していた。

肖像氏名概要代 説明
アウグストゥス詐欺師初代皇帝独裁制をやめて共和制に戻すと宣言したら帝政になっていた。何を言っているか分からないと思うが、アウグストゥス以外のみんなも何されたか分かってなかった。

色々やったが、色々やりすぎててかいつまんで書けないぐらい。キケロ(偉大な思想家)やアントニウス(大将軍)という他の偉人を消費して黄金期を発動できる偉大なる詐欺師。
ティベリウス引きこもり第2代皇帝アウグストゥスの親戚であったために、扱き使われ、結婚 3fd4 していた妻と無理矢理別れさせられた挙げ句にアウグストゥスの娘・ユリアと結婚させられることになる。渋々は結婚したが。お嬢様気質のユリアとの反りも合わず、アウグストゥスに使われているだけの人生に嫌気が差し、ロードス島に引きこもってしまった。ロードス島で前妻をネタにして妄想に耽る幸せな日々を送っていたが、アウグストゥスの男性血縁者がことごく死に絶えために、「他に人が居ないから、心底残念だがティベリウスを後継者に指名する」と公言されて、無理矢理第2代皇帝にさせられた。

皇帝になってから当初は人前にも出てきて元老院で真剣に政治を議論していたが、元老院の怠けきった態度に純粋なティベリウスは嫌気が差してしまい、今度はカプリ島に引きこもってしまう。散々出てこいと言われても頑なにカプリ島に引きこもってたが、自分のやってほしいことは手紙で元老院に命令しているあたり、まさに現代の引きこもりの元祖と言える。そんな態度のため死ぬと全国民に大喝采で喜ばれた(一説によればカリグラの差し向けたスパイ暗殺されたとも)。更には死んでライフが0になった後も1000年以上叩かれ続けた皇帝。ちなみにイエス・キリストを処刑したのもこいつ。
カリグラばらまき第3代皇帝ティベリウスのの孫。幼い頃は美少年であり、「カリグラ」は幼少期に履いていた「小さな軍靴」の意味。市民の絶大な人気の中で皇帝となったが、皇帝になったご祝儀でを配ったら大層喜ばれたことに気をよくして、事あるごとにイベントを行い、金をばらまき、目的のない公共事業を始め、国民に自分を讃えさせ「俺は神だ」と調子をこき、遊び疲れて大熱が出るほど遊び、僅か4年でローマ帝国が消滅しかねないほど金を使いまくった。

で、そのことを指摘されると「やべえ!」と血相を変えて、市民から嫌われるのが余程イヤだったのか金持ちに「おめえ謀反するつもりだろ! この国賊め!」と勝手に言いがかりをつけて処刑しまくって財産を没収し財政を再建しようという、今日日子供でも考え着きそうにない金策に出る。そして、そのために騎士階級や富裕層から恨みを買いまくって近衛兵に滅多斬りにされて暗殺された。馬鹿に権力を持たせるとどうなるかという良い例。
クラウディウスうっかり帝第4代皇帝ティベリウスの弟の子供。シューティングゲームや西洋の剣とは全く関係ない。カリグラを殺した近衛兵が、そのままクラウディウスを皇帝として擁立して認められた。皇族ではあったが殆ど無名だったため、市民からは「誰?」と言う感じで受け入れられた。しかしかなり有能で、カリグラが4年で崩壊させた国家財政を数年で復活させて貯蓄まで作り上げた挙げ句イングランド征服まで始める始末。しかしそのせいで延々と続く泥沼のイングランド戦線ができあがってしまった。

皇帝職があまりにも多忙だったため、が持ってきた多数の処刑命令書をよく見ずに、うっかりサインして多数の処刑を生み出した。人が死ぬレベルのドジッ子。数年間やったら流石に気がついて離婚したが、次に結婚した(後述のアグリッピナ)が持ってきた毒キノコ汁を良く確認せずに飲んで死んでしまうことになるうっかりした人物であった。
ネロアーティスト(笑)第5代皇帝カリグラの妹の息子。芸術家になりたかったが、皇帝の親になりたかった母親のを押しつけられ皇帝にさせられてしまった。


◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:69 KB
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE