レンコン
[Uncyclopedia|▼Menu]


蓮根(れんこん、英:Lotus root)とは、ハスの地下茎が肥大化したものである。しかし日本中国などの一部のアジア地方では、現在も食用に使用されている。原産地は中国もしくはインド、孔が多く開いていることから、フリーメイソンが世界の情報を収集するために製造した植物型盗聴器であるという説もある。 レンコン

はすね、蓮茎、藕、孔開大明神などの別称がある。

いくつかの節に分かれており、その長さは品種によってちがう。主に日本では、輪切りにすると貫通孔が多数空いていることから、「未来を見通す」という縁起物として扱われ、御節料理などに入っていることもある。
目次

1 原産地

1.1 フリーメイソン説

1.2 中国説

1.3 インド説

1.4 その他の説


2 産地

3 調理例

3.1 からし蓮根

3.2 煮物

3.3 酢レンコン

3.4 その他

3.4.1 天ぷら

3.4.2 蓮根チップス



4 亜種

4.1 蓮舫

4.2 野田佳彦

4.3 オクラ

4.4 大賀ハス


5 集合体恐怖症患者破壊兵器としての転用

5.1 集合体恐怖症と蓮根(ハス)


6 関連項目

原産地

諸説あり、よくわかっていないが、ここでは有力な3つの説を主に記述する。
フリーメイソン説

フリーメイソンが世界中の情報を収集するために作った植物型盗聴器であるという説である。台湾人の全部はこの説を信じており、ほかにも世界中に支持者がいるため、支持者は多い。台湾人はフリーメイソンの陰謀を阻止するために蓮根を食べる。この説は蓮根にたくさん孔が開いており、それが地下で広範囲に広がっていることから、地上の音声を収集し、孔を通じてフリーメイソンが世界を監視しているのではないかと発想を飛ばしたものであるが、蓮舫がいきなり言い始めた根拠のないものである。蓮根の原産地に関する説では最も信じられている。蓮舫はこのことについて「2位じゃダメなんでしょうか」と発言している。
中国説 レンコンを使って水銀を飲む中国人。

中華人民共和国で食用に利用されていたのが始まりだという説である。これは『常陸国風土記』(718年)に蓮根に関する記述があることを証拠とする。『常陸国風土記』には「神より伝わりし泥に生うる蓮根、味美しく、集合体恐怖症に患かりし者を粉と化す。」という記述がある。また、中国始皇帝はこれを「不老不死の薬」である水銀を飲むためのストローのようなものとして使用した。というか今も使っている。
インド説

インドで栽培されていたのが始まりだという説である。インドでは、宗教的な花として蓮がよく鑑賞されていたので、それに伴って蓮根も大量に生産された。また、宗教的禁忌を犯した者への処刑にも使われたという文書が残っていることもこの説の根拠とされる。その文書の中での処刑方法は多彩で、大量の蓮根を束ねたもので撲殺する、蓮根を折った時に出てくるネバネバを集めて喉に詰めて窒息死させる、中国の始皇帝に蓮根を献上しに行って水銀を分けてもらって飲むなど、残虐な方法であった。
その他の説

その他には、古代エジプトで栽培されていたとか(後にスイレンと混同されていたことが判明)人々の魂を集めたものであるとか、人々の怨霊が集まったものであるとかドジョウであるとかいろいろな説があるが、全ては支持者が非常に少ない。みんなの党とかそういった存在。
産地

日本では茨木 茨城県チバラギ共和国にて盛んに栽培されており、洗うのが面倒くさいので泥が付いたまま出荷し、全国のスーパーなどを困惑させている。さすがイバラギは違うな。また、通常の蓮根の孔の数は8つであるが、茨城 茨木県チバラキ県と同じく盛んに蓮根を栽培している山口県岩国市の蓮根は孔が9つであり、これはフリーメイソンが岩国市を重点的に監視するためであると考えられている。食用としての蓮根は中華人民共和国で多く生産されている。日本は大量の蓮根を中華人民共和国から水煮状態で輸入しているが、中華人民共和国が海外に輸出している蓮根は全て始皇帝の使用済であるため、水銀と唾液が付着している。
調理例

ここでは日本における蓮根の調理例について記述する。
からし蓮根

蓮根をたわしで磨き、穴になんか黄色いものを詰めたもの。熊本の伝統的な文化。
煮物

輪切りを煮ただけのもの。生きたドジョウと豚と人間を一緒に入れると合成生物「野田佳彦」が完成する。
酢レンコン

薄い輪切りにして酢につける。電車の中に放置しておくことによって 4291 酢テロを起こすことができる。ちらし寿司に乗っている。
その他

常陸国風土記によると、「油を使ひし物にする者は味を美しくしつつ集合体恐怖症患者を粉と化す。」らしい。
天ぷら

串カツなどに加工できる。ソースに2回つけることによって大阪人の攻撃力を2倍にすることができる。
蓮根チップス

ポテトチップスのパクリ。揚げればいい。簡単だろう?
亜種

蓮根には亜種が複数存在する。ここではそのうちのいくつかを掲載する。
蓮舫

蓮舫は台湾人であり、純粋な人間である。…というのは表向きの姿で、実際は野田佳彦と同じように作られた蓮根と人間のDNAを掛け合わせた人造人間である。やたら上着の襟を立てるのは蓮の葉をイメージした本能である。また、脳も蓮根の影響で所々空洞である。後に人間型ドジョウと同じように政治の世界へと入り、日本で2番目の人間になるべく暗躍するが、蓮舫を作った科学者がサボっていたせいで台湾籍が抜けておらず、それを追及され失脚。現在は日本で2番目どころではない最底辺の存在である。前述したフリーメイソン説の提唱者であり、この説を信じている者をコントロールして再び日本で2番目の人間になろうとしている。
野田佳彦

チバラギから選出されている衆議院議員、野田佳彦がドジョウと人間のハイブリッドであることは周知の事実であるが、実はこの元となったドジョウには蓮根のDNAがブレンドされており、彼はドジョウと豚と人間と蓮根のハイブリッドであるといえる。東日本大震災の後に日本の内閣総理大臣に就任した。このことについて蓮舫は「2位じゃダメなんでしょうか」と発言した。その後は安倍晋三に蹴落とされるも、蓮舫が民進党代表となったときは自分と同じ蓮根のDNAを感じ、自らを蓮根と化すことにより彼女にエネルギーを与え続けたが、彼女の失脚と共にもとのドジョウに戻った。現在は蓮舫よりはちょい上にいる。
オクラ

別名「陸蓮根(おかれんこん)」と言われている通り、蓮根の亜種である。蓮根を折った時に出てくるネバネバを極限まで強めることによって日本中の子供たちを窒息死させるために作られた植物であるが、殺すにはネバネバが弱すぎた。ちなみに作ったのはジュラル星人なんDA☆。
大賀ハス

日本で発見された千葉県千葉市の縄文時代の地層に埋まっていたハスの種とその成体の通称。千葉市民はこれに狂喜乱舞し、これを市の花に指定したりして、「我々は東京よりも崇高で歴史的な神の都市だ」として、東京との同化計画を進めている千葉県と争い続けている。厳密にはハスそのものだが、日本にハスが伝わったとされる奈良時代より古い時代の地層に埋まっていたことから、多くの科学者を混乱させた。多分日本で一番古い蓮の種。これについて蓮舫は「2位じゃダメなんでしょうか」と発言した。
集合体恐怖症患者破壊兵器としての転用

こんな感じで使用される。ここでは気持ち悪さを押さえたマイルドバージョンを掲載しているが、ガチのやつが見たいのならググれ



集合体恐怖症と蓮根(ハス)

集合体恐怖症とは、トライポフォビア(trypophobia)とも呼ばれ、小さな孔や粒々の集まりに嫌悪感を感じる症状のことである。

十数年前から「蓮コラ」という、ハスの実などを人体に合成した画像がネット上に出回ることにより、集合体恐怖症患者数千人が死亡してきた。このように、集合体恐怖症と蓮根(厳密にはハス)の間には密接な関わりがある。

Google検索で「蓮コラ」と検索すると、殺傷能力の高い画像が複数出現する。このことから野田佳彦は「アメリカ政府とGoogleが共謀して日本人を殺そうとしている!」と主張した。アメリカ政府は否定したが、台湾人の全部はこれを信じているし、蓮舫は「この説は蓮コラに関して最も信じられている説だ。しかし、2位ではダメなんでしょうか」とコメントしている。
関連項目

野田佳彦

蓮舫

大賀ハス

オクラ

フリーメイソン

中国

インド

チャージマン研

千葉県

千葉市


更新日時:2018年1月2日(火)18:22
取得日時:2019/07/22 19:52


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:14 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef