リョナ
[Uncyclopedia|▼Menu]

この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません。「君たちが苦しむほど…楽しいから…。」
? リョナ について、ゴ・ジャラジ・ダ「でもそれって僕の愛なの」
? リョナ について、撲殺天使ドクロちゃん

リョナとは、女性がダメージを受けている姿を見ることで興奮するというネタにならないレベルでヤバい変態性欲の筆頭的存在である(個人的にはスカトロジストネクロフィリアの方々よりはいくらかマシだと思うのだが、一般人から見れば同じ穴のムジナでしかないだろう)。

定義が非常に曖昧且つ幅が広い事でも有名であり、それが原因なのか長らくユーモア欠陥症患者の百科事典には記事がなかった。

紳士達もそのあたりのことは分かっているのか、近年(2011年現在)では「ソフトリョナ」「ハードリョナ」などといった言葉を用いてカテゴリーの明確化を図っている。

最近ではかわいい男の子、イケメン、果てはマッチョおじさんなどがダメージを受けている姿に興奮することを趣旨としたリョナ(通称ショタリョナ、ホモリョナ)も隆盛してきており、リョナ市場に確実に規模を拡大している。
目次

1 由来と語源

2 定義

2.1 「一般的な」定義

2.2 リョナ

2.3 リョナラー


3 分類

3.1 ソフトリョナ

3.2 ハードリョナ

3.3 中間

3.4 ヒロピン

3.5 悪女・敵女やられ

3.6 モブリョナ


4 偉大な方々

5 発症のメカニズムとリョナニズム

5.1 メカニズム

5.2 リョナニズム


6 コミックヴァルキリーについて

7 他の性癖との関連性

7.1 サディズムとの関連

7.2 陵辱との関連

7.3 グロとの関連

7.4 スカトロとの関連

7.5 ノンセク、Aセクとの関連


8 奇行集及び代表作

9 脚注

10 関連項目

由来と語源

リョナという言葉が生まれたのは、2chの【きゃあっ】萌える悲鳴のゲーム【あんっ】といういかにもアレなスレの下記のレスであった。652 名前:ゲーム好き名無しさん[sage] 投稿日:03/08/20(水) 23:40 ID:??? バイオやRPGなどで喘ぎ声をあげながら死んでいく光景で 自慰する行為を猟奇オナニーと命名する 657 名前:ゲーム好き名無しさん[sage] 投稿日:03/08/21(木) 23:30 ID:??? 猟奇オナニーを略してリョナニーと命名する。

発祥の地がゲーム系スレのためか、ゲームリョナは今でも根強い人気を誇っている。YouTubeなどでryonaとローマ字で検索すると海外の同志たちによる研究報告という名のスナッフフィルムプレイ動画等を閲覧することができるほどに世界中で認知されている。まさにHENTAI☆NIPPON。後述の通りマルキ・ド・サドなど、リョナ的性癖を持つ人物は有史以来世界中にいた[1]が、そのあまりの異常さゆえにマイノリティの中のマイノリティとして白眼視と弾圧と無視の対象となっており、体系化されることは決してなかった。それを「リョナ」という呼称の元に一種の分野として体系化したのが日本である。

猟奇という言葉のせいでグロオンリーだと勘違いする人が多いらしく、一部のソフトリョナラーから反感を買っている。

しかし「猟奇」とは「奇怪・異常なもの」という意味なので、腹パンチなどのいわゆるソフト系であっても「異常でない」と断言できるかは微妙なところであるため誰も気にしない。腹パンチなどは二次元の物理法則がいい加減な世界ではソフトリョナに分類されるが、現実に腹パンチなんかやったら内臓破裂する危険性があり、最悪の場合死に至るので「どこがソフトリョナなんだ、ハードリョナにカテゴライズするのが適切だ」という見解もあり、特にPTAなどサブカルの目の敵にしている階層の人々からは敵意を向けられている。

近年ではリョナと男性的な暴力を強引に牽強付会させ、リョナは暴力的な男性社会、女性抑圧の象徴として児童ポルノと併せて規制、駆逐するべきという思潮がポリティカルコレクトネスの中で醸成されつつあり、リョナラーにとっては厳しい時代を迎えつつあるとか。
定義

独自研究:この記事や節の内容は独自研究であるとする見方もあるようですが、ここアンサイクロペディアで笑いを取るためには自分のアイデアを記事に注ぎ込む事が不可欠です。自己言及的なページにならない程度に我が道を突き進んでみてください。
最低でも対象にはこの程度の見栄え(+若さ)は必要とされる。
「一般的な」定義

めんどくさいのでまずはここ以外の百科事典的サイトから概要を引用してみる。広辞苑wikipedia?あるわけがない。wikipediaは後に作られたが。引用の逸脱?そんなことは気にするな。

・・・いや待てよ。「こんなクソ記事に引用されるなんて…くやしい…ビクンビクン」と悶えるウィキぺたんか・・・悪くない。もちろんリョナ的な意味で・・・気にしよう。いや大いに気にする!

はてなキーワード
テレビゲームやアニメ、映画などで戦う女性がやられた時の苦痛の声やピンチシーンに対して、性的興奮を感じるシーンを指すネットスラング。直接的な性行為や性的表現を伴わないが、とにかく女性が悶絶する姿が良いらしい。

ウィキペディア
主に2次元の女性キャラがやられている状態に興奮する性癖をさす言葉であるが、そこから派生して三次元でのやられやグロティシズムに近いものまで「リョナ」と呼称することもある。(中略)'「女性が精神的または肉体的にダメージを受けている状態(に興奮する性癖)」であるという部分は全ての用法で共通している。

ニコニコ大百科
リョナとは、主に女性である対象が痛めつけられる描写(悲鳴等を含む)を見て読み手側や視聴者側が興奮する現象を指す。作品の形態やジャンルによっては対象が少年を含む男性であることもある。

ピクペディア
キャラクター(主に女性)が戦闘で劣勢になったり、拷問を受けるなどして苦痛を味わうシチュエーションのこと。

リョナ2板
テレビゲームやアニメ、映画などの戦う女性がやられた時の苦痛の声やピンチシーンについて語るのをテーマとした板です。住民の数だけいろんな好みがあるのが特徴です。

リョナ漫画まとめwiki
女性が肉体的な苦痛を受けている様子

女ザコ・敵女・悪女情報wiki
可憐な女性(定義は本ページの『女』の項目参照)などが傷つく様に性的興奮を覚えること。本来は「猟奇オナニー(りょうきおなにー)」の略称。

ニジエ大性典
主に二次元の女の子を虐めて楽しむ性癖である。(中略)元々戦うヒロインがピンチになるヒロピンから発展したジャンルのようだが、現在ではオナニーするしないに関わらず女の子にひどいことをするジャンルという意味になっている。

以上のように、リョナの定義はとても広く曖昧である。「あなたがリョナだと思えばそれがリョナです」なんて言葉もあったような気がしないわけでもないってくらい曖昧である。しかしながらそれではこの項の意味が無い。とはいえ、そういう曖昧な存在と言われている現状を踏まえた上で我々アンサイクロペディアンは下記のように定義づけをする。
リョナ 彼らにとっての天からの授かり物の一例。対象となる人物(主に女性)が精神的あるいは肉体的な苦痛を受けている場面を見たり、想像したりすることで興奮する性的嗜好のこと。リョナ性癖を持つ紳士の事をリョナラーと言う。一般的なエロの要素は皆無あるいは少量であることが多く、その点で「陵辱」とは差別化される。しかしながら、一概に「エロが含まれるものはリョナではない」とも言い切れず、エロよりダメージに重点を置いたものならばそれはリョナであるとされる。対象となる相手は二次元、三次元を問わず、年齢等の好みも多岐にわたる。ボリューム層は二次元および三次元の10?20才あたりだと思われ、マニアックなところでは獣人やラミアなどの人外系がターゲットとなることもある。また、対象が男性の場合は逆リョナと呼ばれる。ダメージの加減も幅が広く、下は悲しそうな表情から、上はぐちゃぐちゃひき肉まで様々である。近年(2011年現在)では肉体ダメージを基準として、軽めのものを「ソフトリョナ」、重めのものを「ハードリョナ」と呼ぶ。
リョナラーリョナ性癖を持つ変態紳士の総称。格ゲーのダメージボイスで抜くことができる上級者や、それ以上の猛者(どう見ても着ぐるみの仮面ライダースーパー戦隊の女怪人で抜きまくれるような連中)が大半を占める。リョナの定義が曖昧なこともあってか、人によってその好み? 3076 ??果てしなく細分化されておりピンポイントでマニアックである。そのためかリョナという枠組みの中であってさえ自分好みのシュチュエーションを探すのは一苦労だという。先天型(物心ついた頃からリョナで興奮していた者)と後天型(ある程度の年齢になってから自覚する者、目覚める者)がおり、前者の場合は一般的なエロ耐性を持たない者が多いらしい。



分類 プロから見れば、このレベルでもソフトリョナ扱いされる。
ソフトリョナ肉体ダメージ皆無の精神攻撃全般から、少々の出血を伴う中程度のダメージ辺りまでをソフトリョナという。具体的には、女の子が悲鳴をあげたり、涙を浮かべたり、縛られたり、電撃で痺れたり、ぶん殴られたり、顔を踏まれたり、腹やおっぱいを殴られたり、鞭打ちされたり、三角木馬に乗せられたり、異物を挿入されたりする等のシュチュエーションが該当する。リョナというと何かにつけて攻撃的なイメージがあるが、ソフトリョナの場合その攻撃性すら存在しないこともある。一例をあげるなら、「小公女」や「マッチ売りの少女」はたまた「楽園の塔(FAIRY TAILのアレ)」などのいわゆる“可哀想な境遇”系全般である。(薄幸“萌え”程度ならそこそこ認められてる感じがするが、ガチ興奮となるとある意味ハードリョナよりヤバい気がしないわけでもない)
ハードリョナ ちょうど中間点くらいのレベルのリョナの例。貫通や切断、激しい拷問等の、時にはグロをも含むド派手なダメージ全般をハードリョナという。(一般的なグロとの違いは後述)具体的には刃によっての胸貫通手足の切断激しい殴打による叩き潰し内臓ぶちまけ激しい出血、蜂の巣、一刀両断絞首巨大or群体生物による捕食手足のへし折り爆破乗り物との衝突および轢断転落死圧殺ビームや火焔による炎上白骨化石化溶解首折り同化吸収、握り潰し、首引っこ抜き凍結(及び粉砕)などが該当する。「猟奇+オナニー」が語源のせいか、リョナといえばこちらを思い浮かべる人も多いだろう。VIP等でリョナスレが立つと一定数はこの手のグロ系で埋まるため、ある者は歓喜し、ある者は困惑する。同じリョナラーであってもグロ耐性には差があるので気をつけよう。米国ドラマなどではしばしば拷問好きの快楽殺人者がネタにされることがあるが、この性癖がバレると周りの人間からそいつらと同一視されかねないので細心の注意が必要である。なお『名探偵コナン』(及び、その発想の元となった『金田一少年の事件簿』)は子供向けでありながら様々なハードリョナを堪能できる。しかも珍妙な死体に変わり果てたその後の姿[2]も含めて愉しめることから子供のホモ、もとい子供のリョナラーに極めて顕著な需要を得ている。むしろコナンが20年続いたのはハードリョナ好きの子供のリョナラーのコアな支持があったおかげとも言える。ただし男しか死なない回や女どころか誰も死なない回もあり、そのような残念な話になった時は、子供のリョナラー達は「死神ちゃんと仕事しろ」とブーイングを飛ばす。世界は広く、架空の世界のリョナでは満足できなくなってしまった、変態の成れの果てが度々社会に現れる。彼らは、三次元、現実の世界でのリョナを求め、殺人に手を染めてゆく。かくして生まれたのが切り裂きジャック等のシリアルキラーである。また、彼らシリアルキラーの蛮行は、2次元リョナでは満足できなくなってしまった殺人鬼予備軍にリョナのオカズを提供し、間接的にではあるが殺人鬼予備軍のリョナラーの凶行を抑圧していた。稀に、女性のハードリョナラーもいる。彼女達は男のリョナラーが美少女が酷く殺される場面で興奮するように、首を切断されたり爆死させられたりする美少年を見ては悶絶している。中には二次元のリョナで我慢できなくなって、三次元で人殺しに走るのも当然いる。阿部定は2次元のハードリョナで我慢できなくなって3次元で殺ってしまった好例と言える。
中間[ 7ff9 編集]ソフトとハードの中間地点である。ソフトもハードも明確な線引きなどはないので、そののどちらにも該当しない、あるいはどちらに属しているのか判断しづらい場合も多々あるだろう。そういう場合は単にリョナと言えば良いのである。まあそもそもがソフト、ハード共に「軽めのものが好き」「重めのものが好き」程度の意味合いでしか使われていないので、あまり気にすることもない。それでもあえて中間地点を定義するなら、中程度以上のダメージ且つグロの要素を含まない物、となるのだろうか。具体的には骨折や斬りつけ、比較的軽めの拷問などがここにあたるだろう。
ヒロピン物語を進めていく側での主役やその周囲の人物に関するリョナ行為(ヒロインピンチ)の総称。詳細は該当項目参照。このタイプのリョナラーの多くは幼少期に特撮番組(スーパー戦隊など)や少年漫画等を見た際に悪者がヒロインをいじめているのを見てコーフンしてからはまったクチであることが多い。後述するクリムゾンなんかもある意味ではヒロピンの一つと言える。リョナラーの中では一番多い派閥かと思われる。
悪女・敵女やられ 敵女嗜好者を発見したガチリョナラーヒロピンとは対照的に、主人公側と明確に敵対する相手に行われる制裁行為のこと。クリエイター側も勧善懲悪の大義名分のもと好き勝手できる免罪符として利用することが多い。リョナラーの中では少数派(ヒロピンを魏とするとぐらい)だが、間違いなく一番危険かつ過激なリョナラーの集団であり、内部は悪・即・斬を座右の銘とするハードリョナ派(通称シーネ派)と殺すな、憎むな、許しましょうを教義とするソフトリョナ派(通称スンナ派)がきのこ・たけのこ戦争の如く苛烈な戦いを続けており、その戦いは腐女子の攻め・受け論争よりも長く激しい。そして、リョナラーでもないくせに悪役の女性キャラが好きな少数派が勝手に入り込んでボコボコに叩き返されるという修羅道の如き危険極まりないコミニュティと化している。はっきり言ってここに足を踏み入れるのは、餓えたワニの群れの中に全裸でダイビングするより、宇宙空間を生身で泳ぐより、和田アキ子チカンするより危険である。ちなみに悪女・敵女やられから主人公たちと和解してまた危ない目に遭う(ヒロピン)というケースもある[3]
モブリョナ敵対はしてないけど、これと言って重要でもない人物へのリョナの事。ヒロピンを魏とすると蜀くらいの勢力。サスペンス系やホラー、パニックものなどが該当するほか、昔の特撮(仮面ライダーなど)だとけっこう多かった。
偉大な方々

歴史に名を残したリョナラーたち。ここも参照のこと。
ジル・ド・レイ (1404年9月10日 - 1440年10月26日)
フランスの貴族であり極度のハードリョナラー。百年戦争に参戦し、あのジャンヌ・ダルクと共に戦った。戦いには大いに貢献し、一時期は「救国の英雄」とも呼ばれていたのだが……ジャンヌ処刑後はなぜか黒魔術にハマりだしダークサイドに身を落とすことに。黒魔術と言ってもこっくりさんのような生やさしいものではなく、少年少女(主にショタ)を何百人と誘拐してきて城に閉じ込め好き放題に虐殺するというリアル『城の中のイギリス人』をやらかしたことが問題だった。ついでに言えばその虐殺行為に性的興奮を感じていたことも問題だった。むしろ黒魔術は建前で虐殺がやりたいだけだったというのも(ry
バートリ・エルジェーベト(1560年8月7日 - 1614年8月21日)
ハンガリーの貴族にしてギネスにも載ったハイパーリョナラー。「血の公爵夫人」の異名を持ち、領地の若い処女をさらってきては鉄の処女などを使って600人ほどを殺したと言われている。彼女の功績として、処女の生き血で満たされた浴槽に浸かることで美容と健康を保つエステの考案が挙げられる。黒魔術にも精通し、後にオーストリアを恐怖に陥れた吸血鬼カーミラの召喚に成功している。なお、2009年にフランスの女優ジュリー・デルピーの監督、脚本、音楽及び主演で彼女の生涯が映画化された。
マルキ・ド・サド(1740年6月2日 - 1814年12月2日)
フランスの作家。リョナ意外にもあらゆるアブノーマル性癖に成通したド変態であり、サディズムの語源であるこの人はやはり外せないだろう。エロゲの原作にそのまま流用できそうなサド系妄想を書き散らし、小説として発表した。……が、そのあまりの変態ぶりに狂人認定され、色々あった末に精神病院へ投獄されてしまう。それでも創作意欲は衰えず、犯罪推奨☆悪趣味小説を獄中執筆した愛すべき馬鹿リベルタンでもある。
アンドレ・ピエール・ド・マンディアルグ(1909年3月14日 - 1991年12月13日)
フランスの作家。さらってきた美少女を城内に閉じ込め拷問の限りを尽くすステキ文学『城の中のイギリス人』の著者として有名。他にもSM文学の筆頭O嬢の物語序文や、三島由紀夫の戯曲『サド侯爵夫人(上記の変態の嫁さんである)』のフランス語翻訳も手掛けた。エロスは黒い神なのです!は彼の残した名言である。
澁澤龍彦(1928年5月8日 - 1987年8月5日)
日本の小説家であり、フランス文学の翻訳、紹介者。サド伯爵の奇書をノリノリで翻訳していたら、ヘンタイすぎるとの理由で罰金刑を喰らった不遇な人物である。サドの作品にはリョナ要素意外にも哲学的な語りが多く含まれているためそれだけでリョナラー認定することは出来なかったが、数あるフランス文学の中からアンドレの『城の中のイギリス人』や『O嬢の物語』なんかを選び出して翻訳しているので疑惑は確定的なものとなった。
アンドレイ・チカチーロ(1936年10月16日 - 1994年2月14日)
ソ連随一のハードリョナラーにして元祖マジキチスマイル。52人のロリショタホモ淑女などをトントンと粗めに切り刻み数々の殺人芸術を披露したが、見る目の無い警察にとっ捕まえられ銃殺刑。犠牲者をすぐには殺さずいたぶり、絶叫を聞きながら射精する真性。三次元不干渉を破りリアルに手を出したリョナラーが社会的に抹消された例。バキシリーズに登場する死刑囚スペックのモチーフと言えばその恐ろしさも分かるだろう。

……フランスって変態が多いのか?
発症のメカニズムとリョナニズム リョナの存在を初めて知った者の反応の一例。
メカニズム

リョナという特殊な性癖の発症はサディストからの派生というのが一般的であったが、フランスの評論家、ソレナンテ・エ・ロゲにより真相が解明し、その発表は全世界を震撼させた。というのも、これはそれまで定説とされた「リョナはサディストの派生」という説を真っ向から覆すものであったことと、なにより10歳未満の児童、特に男性ならば誰にでも心当たりがある、一般的な行動こそがリョナの原点だったからである。それまで自分たちがヘンタイと忌避していた行為に類するものを、自分たちがしでかしていたという現実を突き付けたロゲの発表で全米が泣いたという。これを読んでいるアンサイクロペディアン諸兄にもおそらく心当たりがあるだろう。

所謂「構ってほしくて好きな子にちょっかいを出す」というアレである。

勿論、思春期どころかアソコに毛も生えていないような10歳未満の児童が性的欲求を求めるはずもなく、行動の原理は前述したとおり「かまってほしい」という至極単純なものであり、思春期の到来よりも数年早くこういった行動は自然となくなっていく。しかし、それをきっかけに数年後、或いは素質のあるものならばその時に、彼らは自分の中に沸々と湧き上がるドス黒い感情に目覚める。

「なんかこう・・・ムラムラしてきたっ!(或いはするっ!)」と。

つまりリョナの発症のメカニズムとは、10歳未満の誰にでもある行動から素質のある者たちがリョナに目覚めるというものだったのである。
リョナニズム

加虐的指向に目覚めた者たちはさらに自らの性癖を追求していく。サディズムを追求した者たちはサディスト、逆にマゾヒズムを追求した者たちはマゾヒスト性的行為に結びつけた者たちは凌辱と、各方面へと枝分かれしていくのである。

そんなある意味暗黒面に堕ちた者たちと袂を分かち、あくまでも異性の苦痛に喘ぐ声やしぐさ及びその感情、いわゆるリョナニズム(ソフト・ハード・グロを問わず)のみを追求したリョナラーにはもっとも純粋なるリョナニズムの求道者として「リョナニスト」という称号が与えられる。このリョナニズムには「三次元不干渉」という原則がある。これはリョナニズムが提起された当初から、成人向け雑誌やアダルトビデオなどにリョナニズムを求めるのは邪道であるとされたことによる。そもそも映像も音声もないただの写真ではリョナニズムは感じられず(グロ画像で喜ぶのはただのグロフェチである)、ビデオに求めるとなると今度はそういったモノは大抵やらせであり、特撮などのメジャー作品を見れば放送コードにより惜しい所でオアヅケ。エロを追及した作品を手に入れようが、セリフの棒読みAV女優大根役者振りによってリョナニズムが感じられないためである。かといって現実世界でリアルなリョナニズムを求めればほぼすべて犯罪行為であり、実際行動に移した者たちは社会的に抹殺されている。よって今も一般社会でひっそりと、只々己の道を進む謙虚なリョナラーたちは凡そ二次元妄想のみにリョナニズムを求めて日夜リョナニストを目指し活動しているのである。ロゲ曰く、「まさに紳士」である。 口もきいてくれない…「ただひたすらに己の信念を貫き通す彼らの姿はまさに紳士。紳士と呼ばずしてなんと呼ぶのか!」
? リョナニスト について、ソレナンテ・エ・ロゲ 「ド変態 だろ」
? ↑の問いかけに対して について、一般人




コミックヴァルキリーについて

コミックヴァルキリーとは2006年7月に創刊した、キルタイムコミュニケーション発行の漫画雑誌である。2012年に紙媒体から撤退、現在は無料WEB配信。コンセプトは「闘うヒロインオンリー漫画雑誌」、キャッチコピーは「18禁ではないからこそ表現出来るドキドキがある!」。

上記二つを見ても分かるとおり、発刊当時はまさにリョナラーのための雑誌として期待されていた。またその期待を裏付けるように公式サイトにおいて「リョナピンチ」なる表現を使用した事は(一部で)有名。商業誌もとい公的な存在がリョナという単語を用いたのはこれが初めてのケースであり、そのためか当時は割と話題になっていた気がする。しかしながら、いざ出てみればリョナラーからの評価はパッとしないようである。リョナというかピンチを切り抜ける為の自傷も多く、興奮するほどのシチュは少なかったりする。拘束から抜け出す為に脚を自ら切り落としたりするものの、切断シーンは暗転で次のコマでは既に脱出したシーンに繋がってしまったり。

普通の漫画雑誌としてもそれほど面白いわけでもなく、なんだかダメダメな印象だったが最近になって「フリージング」がまさかのアニメ化。ヴァルキリーのテレビCMまで放送された。そのフリージングはハーレムラブコメ+リョナバトルという感じではあるのだが、アニメではリョナバトル演出をやたら強化。第一話では血飛沫舞い肉片飛び交い、腕は千切れ落ち胸切り裂かれるとリョナスキー歓喜。ついでにパンモロおっぱい目当てのエロガッパも歓喜した。シナリオは…うん。リョナ目当てで見るアニメなんだし気にすんな。

ついでに言えば、同じくキルタイムコミュニケーション発刊の「二次ドリ」系列のレーベルは“戦う女性”をテーマにした陵辱系エロが有名であったりする。18禁コミックだが二次元ドリームマガジン系アンソロジーでは、一冊丸ごと脳姦だったりとエッジが効きすぎた構成が売りである。
他の性癖との関連性
サディズムとの関連

そもそもサディズム(サディスト)とは相手(動物も含む)に身体的、精神的な苦痛を与えることや、そのような行為を想像することで性的に興奮してしまう最強クラスの紳士のことを言うのであって、単純に暴力的な人や意地の悪い人のことを指す言葉ではない。なので、サディズムはリョナを内包していると言える。実際、リョナラーの多くはサディストでもある。[4]しかし、本来の意味で言うならばサディスト≠リョナラーである。分かりやすく言うと、目の前で「こので私を、この卑しい豚を打って思い切り罵ってください!」とを差し出されたとする。加虐行為をしている自 8000 分にもサディストは興奮するので、喜んで打つのがサドで、絶対に打たないのがリョナである。[5]サディストは暴力を振るうこと自体に興奮し、目的が達成されるため、相手が喜ぼうが打つ(相手が嫌がってたら更に興奮するが)。しかしリョナラーは相手を喜ばせることは目的の達成と相反するため打たない。つまり、純粋な意味でのリョナラーにとってサディズムは手段とは成り得るが目的ではないのである。
陵辱との関連

陵辱とは暴力によって女性を犯す行為であり、具体的にはレイプ等がこれにあたる。一般に陵辱系と言えば、暴力の絡むエロを描いた漫画や小説、ゲームなどのイメージが強いだろうか。女性に何かしらのダメージを与える事が必須条件であるので、リョナとは似た立場にあるだろう。リョナは陵辱を内包していると言っても過言ではないかもしれない。

しかしながら、陵辱はダメージ(暴力)の目的が性交やその他のエロに直結している場合が大多数であり、それに対してリョナは多くのケースに置いてダメージ(暴力)は性交やその他のエロに直結しないのである。簡潔に言い換えれば、陵辱はエロがメインであり必須だが、リョナはダメージがメインでありエロは必須でない。そのため陵辱をリョナのジャンルの一つとして捉えることは可能かもしれないが、リョナ全体の特徴からはややズレている感じも否めない。で、あるので、陵辱オンリーの紳士は変な誤解を避けるためにもリョナラーを自称するのはやめたほうがいいだろう。

……そもそもの話、陵辱はリョナと違って立派にエロの一ジャンルとして活躍している。コミュニティ等もリョナより充実しているので、陵辱の話がしたければリョナ系コミュより陵辱系コミュに行ったほうが無難だろう。そのためか、リョナ系スレでも陵辱系の話題が出ることは稀である。まあ、どちらもあまり感心できた趣味とは言えないのだが……。
グロとの関連

前述の通りハードリョナはグロの側面を大いに含む。しかし、2chのブラクラ等でよくある「単純なグロ画像」とはさすがに区別するべきであろう。この辺りも線引きが難しい所ではあるが、具体例を上げるなら、エルフェンリートや(極一部の)陵辱系エロゲのグロシーン等はハードリョナであり、単なる交通事故画像や内蔵ぶちまけ画像などはただのグロであると言える。傾向としては、二次元のグロはハードリョナ、三次元のグロはただのグロとして扱われることが多い。

また同じ表現技法であっても、時代や国によりグロになるかどうかは異なる。例えば丸呑み(英語でいうとボア)は、日本では歯を立てず生きたままズルンッと全身を飲み込むのが主流だが英語圏では流血や部位欠損を伴うものが主流である。前者の場合はリョナではあるがグロさはあまり感じられない[6] 。また機械人間への損壊行為もかつては「ただ部品が外れるだけ」だったが、20世紀後半からは血飛沫(に見せかけたオイル)や内臓に見える内蔵部品晒しなどグロを伴う表現になることが多い。[不要出典]
スカトロとの関連

リョナの中でもソフトリョナの場合は「恐怖による失禁」が、ハードの場合は「内臓ダメージによる失禁[7]」が描かれることが多い。そのためかリョナとスカは相性が良いものとして扱われることが多いが、実際にはあくまで「リョナの結果としてスカに行き着く」ということであり、両者はまず交わる事がない。漏らさせる事自体が目的ではなく、ダメージや羞恥で悶える姿が見たいのである。リョナプレイの結果盛大に漏らして全身汚液に塗れる事はあるかもしれないが、そこはゴールではない。
ノンセク、Aセクとの関連

ノンセク、Aセクとは極簡単に言えば「性的欲求を持たない人」のことである。「リョナってる時点で性的欲求持ってんじゃねーか馬鹿」と思われるだろうが、ここで言う性的欲求とは一般的なエロ話の事であるため基本的にリョナは含まれない。平たく言えば異性の胸や陰部を見たりして興奮できるか、SEXしたいと思うかどうか……といった所であり、まあ、要するに18禁のエロコンテンツで興奮できるかどうか、という事である。

「出来る!」と答えた方、あなたは一般的な人間です。

「出来ない!」と答えた方、あなたはノンセクまたはAセク、あるいは性嫌悪の疑いが高いでしょう。

ノンセクについて詳しくは各自ググッてもらうとして、なぜそんなことをここに書くのか?それは、リョナラーのノンセク率は一般人のそれよりずっと高いであろうと思われるからである。ソースは2ch系リョナスレにおいての自己申告やアンケであり、肝心の「世界人口におけるノンセクAセクの割合」が大雑把にすら分からないため完全な憶測でしかないのだが……。ノンセクの人間がホモと同じ5?10パーセント程度は存在すると仮定するなら、リョナラーのノンセク率は15?30パーセントは硬いと思うので、一般人に比べ約2、3倍である。まあ、憶測100パーセントなのでWikipediaに乗せたら2秒で消される程度の情報だ。参考程度にもしないほうがいいだろう。
奇行集及び代表作

一つでも共感できたら要注意、二つで危険、三つ以上で変人。ただのあるあるネタにしか見えないようなら貴方はリョナラー確定である。
ゲーム
ちなみにコレはSNKの「龍虎の拳2」。当時としては最高峰のリョナゲーである。

女キャラをフルボッコにするorさせる。男は瞬殺。

ゲームオーバーでむしろ歓喜。ゾンビ等に攻撃され喘ぎながら死んでいくさまを眺めて楽しむ。(バイオハザード、無双シリーズなどの、所謂TPS)

トレーニング(練習)モードで対戦相手に女性キャラを選び、延々と同じ技を繰り返す。(鉄拳、ストリートファイター、MUGEN[8]等の格闘ゲーム)

女ザコ』で検索しまくる。2?3秒しかない瞬殺シーンをコマ送りで再生→停止を繰り返し悦に浸る。

女ボスや女ザコの登場するステージの前(または女性主人公でプレイして強い敵キャラの出る前)でセーブし、何十回とプレイし直す。また、そのためだけにゲームを購入する。

ヒロインが泣いたり悲鳴をあげるシーンのボイスを何度も再生。(ときメモアマガミCLANNAD等、所謂ギャルゲー

女性キャラのダメージボイスや断末魔を録音する。

アニメ・漫画


たった二秒のリョナシーンを何度も再生。さらにコマ送りで一枚一枚画像をキャプチャー。(アニメ)

たった数コマのリョナシーンを何度でも読み返し、付箋を貼ったりページの端っこを折り曲げたりしてすぐに開けるようにする。さらに気に入ったリョナシーンを集めた動画や切り抜きを作成[9]する。(漫画)

敵の組織に美女が出てきたら歓喜。死んだらもっと大歓喜。命乞いするシーンで飯がイケる。

ヒロインのピンチに駆けつけてきた主人公にマジギレ。

「くっ、女は殴れぬ」というセリフに大激怒。

出血や打撲、石化などのコラ画像を作る。

たった数ページしかないリョナ描写目当てに書籍を購入する。
代表作はBLEACH[10]エルフェンリート[11]RAVE[12]とある魔術の禁書目録[13]スペースコブラ[14]等。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:55 KB
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef