モーニングスター
[Uncyclopedia|▼Menu]
典型的なモーニングスター 起こすために創意工夫された改造例

モーニングスター(morning star)は、朝に人間の起床を促すために作られた道具の一種。類似したものに、釘バット(くぎばっと)と呼ばれる強襲用凶器がある。
目次

1 概要

2 歴史

2.1 東洋の伝承


3 用法

4 武器への転用

5 関連項目

概要

殴打用棍棒であるメイスの一種で、朝の起床時間(morning)になっても寝ている人間に対し、これを全力で殴りつけることによって、殴られた人間が星の幻覚(star)が見えるほど強烈な一撃を受けることが道具の名称の由来となっている。この道具の特徴として、先端部が様々な方向にむけトゲ状の凶器がむき出しになっている。
歴史

古来から自堕落な性質をもつ人間は、早朝に起きることを拒み、家族や恋人でもない隣の異性の幼馴染などの手を煩わせた。起床を促すために生み出された数々の道具の中でも、とりわけ効果があるとされたのがこのモーニングスターである。この効果的な凶器の発明によって、多くの人間が寝過ごすことなく救われた。ドイツ語ではモルゲンシュテルン(Morgenstern)と呼ばれるが、当然のことながら「Guten Morgen(おはよう)」の言葉からの由来である。
東洋の伝承

日本の昔話や伝奇などに現れる、モーニングスターに酷似した「鬼の金棒」がある。これは、鬼同士がノリツッコミや挨拶などコミュニケーションを取る際に全力で殴りつけあっていた得物で、一説によると、人間がこの鬼の行動を真似て朝の起床用に転用したのではないかと言われている。
用法

以下の使用上の注意をよく読み、用法・力量を守って正しくお使い下さい。

攻撃する前に、必ず宣戦布告
を行う。(マナー)

3度の警告を発した後、攻撃態勢を取る。

祈る。(宗教別に様々な方法があるため、方法は省略)

気合の発声と共に、対象者に向けて振り落とす。(頭部が望ましい)

武器への転用

釘バットは、モーニングスターから発想を得た凶器で、非常に安価で強力な武器であると、世界中のならず者たちから親しまれている。マニュアルいらずの扱いやすさと、創意工夫次第で様々に改造できる作成の安易さから、古今東西を問わず活躍している。ソマリアヨハネスブルクなど交戦が日常的な場所では、一人三本以上は必ず所持していると言われている。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「モーニングスター」の項目を執筆しています。

目覚まし時計

布団叩き

フライパン


更新日時:2011年1月20日(木)19:46
取得日時:2020/03/30 23:18


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:4721 Bytes
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef