メディアミックス
ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[Uncyclopedia|▼Menu]

メディアミックスとはある媒体で行っていた商業活動を、他の媒体でも行う事である。角川書店を実質的な創始とし、性格やスクールカーストによって愛好するメディア媒体が大きく異なる日本人のメディア界では広く行われていることではあるが、しばしばミックスの仕方が杜撰だったり余計なものがミックスされたりして「原作破壊」という悲劇を起こしている例は少なくない。
目次

1 例

1.1 漫画

1.1.1 漫画→アニメ

1.1.2 漫画→実写版

1.1.3 漫画→ゲーム

1.1.4 漫画→小説


1.2 アニメ

1.2.1 アニメ→漫画

1.2.2 アニメ→実写

1.2.3 アニメ→ゲーム

1.2.4 アニメ→小説


1.3 ゲーム

1.3.1 ゲーム→漫画

1.3.1.1 超展開の例


1.3.2 ゲーム→実写

1.3.3 ゲーム→アニメ

1.3.4 ゲーム→小説


1.4 小説

1.4.1 小説→漫画

1.4.2 小説→実写

1.4.3 小説→アニメ

1.4.4 小説→ゲーム


1.5 評判

1.6 関連項目



漫画
漫画→アニメ

漫画作品のアニメ化の場合、一番の問題となるのがアニメの進行状況が早すぎ、漫画作品の先まで行ってしまう事である。また原作が終了していない場合でも、アニメのほうは最終回を設けなければならない事例もあるため、まとめ方で難儀することもある。

これを防ぐために、アニメ会社はオリジナルストーリーを挟んだり、区画を設けての分割や尺伸ばしをするのである。どうしてもそれができない場合は、「俺達の戦いはこれからだ」となる。ただし分割する場合に際しては、個々の最終回はそうとは言いがたい中途半端な内容になる事例や、余りにも強引な展開を見せることもしばしばある。
漫画→実写版

漫画の実写化の問題は、役者の問題が存在する。下手なメンバー(代表例:香取慎吾)を当てると原作のイメージを壊しすぎるのでかなり注意が必要だったりする。メインターゲットが青年向け以上の作品だった場合、深夜アニメ版と実写版が競争すると、やる前から実写版が大勝し、大衆に記憶されるという暗黙の掟(実例あまりに多数)が存在する。
漫画→ゲーム

簡単そうに見えるが、意外と難しかったりする。ゲームバランスが明らかに崩壊していたり、原作自体がゲームに向いていないことなどがあるので、その問題を解決しないといけない。
漫画→小説

想像力を介する必要性が他より高く、他より売れなさ? 3fef ??うな小説版をわざわざ展開するのは、少しでも図書館を住みかとする老人層の目に留めさせるためである。しかし、図書館はなかなかこうした漫画原作のノベライズ版を置いてくれない。
アニメ
アニメ→漫画

アニメ作品を漫画化する場合、一番の問題は掲載速度である。どうしても週刊で放送するアニメに対して、休刊があったり処理速度の問題から漫画作品が遅れる事が多いので、色々と簡略化される事が多い。また、ネタバレを避けるためあえて漫画独自の要素や展開を採用し、結果ほぼ別作品になってしまう例も多い。
アニメ→実写

アニメ原作のオリジナルを実写化すると、子供でも大人補正をある程度受けたキャラクターを無理やり大人に成長させた感が丸出しになり、大人の出演俳優が演技力でまだまだ子供ということが明白になる。そして、大人の観衆から「やはり子供騙しだな」と原作を1ページも読まずに総括される。
アニメ→ゲーム

アニメの設定をゲーム内で活かしきれないことが多く、クソゲー判定される確率が極めて高い。
アニメ→小説

漫画の項と同じ。こちらはますます30代以上から読まれない。
ゲーム
ゲーム→漫画

ゲームの漫画化作品ではとんでもない作品が数多く見受けられる。下手なメディアミックスの場合、超展開はマシな方で、ギャグ漫画にしてしまう事が多々存在する。ファミコンロッキーのように、ゲーム自体の漫画化ではないが作中のゲームが、作者が実際にプレイしていないことと、作品の醍醐味でもあるウソ技により、実際のゲーム中ではありえない状態になることが多く、これも遠まわしではあるが原作レイプになっている。

そもそも動きが第一のゲームを動かない漫画に落とし込むことに相当な無理があるのかもしれない。
超展開の例


◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:14 KB
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE