ママチャリ
[Uncyclopedia|▼Menu]

Notアダルトな記事この記事は多少えっちだけどYahoo!きっずやキッズgooでも見れる記事だよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。
これでエロいとかってんなら、魔乳秘剣帖を規制してみやがってください。お願いしましたよ。
ウィキペディア専門家気取りたちによって「ママチャリ」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ママチャリ」の記事を執筆しています。

ママチャリとは、妊娠中又は妊娠予定のある女性や育児中の女性向けに作られた自転車の一種。目次

1 概要

2 特徴

3 脚注

4 関連項目

概要

ママチャリは分類上シティサイクルの一部として扱われるが、用途は女性向けに特化しているのが特徴である。元々日本では自転車に女性が乗ることを良いことと思わない風潮があり[1]、女性向け自転車というものは長く存在していなかった。しかし第二次世界大戦後、体制変化を悲観し男性の多くが使い物にならなくなると[2]、女性にも家事育児仕事と多方面において機動力が必要となり「女性向け自転車」の開発が進められるようになったのである。

更に自転車という高度なバランス力と体力を求められる乗り物は、搭乗する女性が心身ともに健康で生殖能力に長けている事をアピールしうる格好の素材ともなった。妊娠適齢年齢に達している女子中高生や、結婚し子作りに励んでいる主婦らがママチャリを好む理由もそこにある[要出典]。
特徴

フレームに曲線を取り入れたダブルループフレームや、U字(またはL字)フレームを採用しているものが多い。これは乗り降りの際に股を拡げる必要がないよう配慮されたもので、スカートでも余程の事が無ければ中が見える事はない。それが逆に男性の性欲を刺激し、セックスアピールとなるのである。更に妊娠中及び出産後は運動能力が低下しており、股を拡げた事でバランスを崩し転倒する可能性もあるため、事故防止の為にもこういうフレーム形状の自転車が望ましい。またロングスカートの裾などが後輪に巻き込まれるのを防ぐドレスガードを備えると共に、オイルやグリスによる汚れを防ぐ為にフルカバースタイルのチェーンガードを備える[3]。自転車での移動を追えて即ホテルデート、という流れでも勝負服が汚れていて気分が落ちるという事はない。

サドルは余裕を持った大きさで、陰唇部へのくい込みを減らして過度の性感を防止すると共にや恥骨への負荷を軽減し、長時間の使用にも耐えられ? 4e76 ?ようになっている。また、防臭や撥水加工を施す事でナプキンや尿漏れシート由来の汚れを軽減する働きもある。これに加えてスカートの尻部分を敷く形で座れば[4]、体調に関わらず快適な走行が可能。

前部にカゴを着けているものは育児中によく使われ、荷物や子供[5]を乗せても使用される。移動中の負荷を軽減する目的での事である。逆に変速機など複雑な機構は、ホルモンバランスの乱れにより思考能力が低下した状態では使いにくい為オミットされる場合が多い。
脚注^ 乗り降りの際に大きく股を開く所作がはしたない、サドルが密着することで陰唇部などに過度の刺激がかかることから不感症になる、などとされていた。
^ 俗に「戦後、女とストッキングは強くなった」というが、実際には男性の弱体化が著しかった。
^ その分タイヤ交換などが面倒だが、女性は大抵自転車屋にいくか近くの男に命令してやらせるので問題はない。
^ そもそも一般的に、直パンでサドルに座るのは好ましいとは言えない。
^ 後部に子供用の座席を後付けする場合もあるが、目が届かない為危険度が上がる。

関連項目

自転車

ママ

育児


この項目「ママチャリ」は、執筆者自身は結構気に入っていますが、どう見てもクソの山です、本当にありがとうございました。ダチョウ倶楽部に訴えられないうちにとっとととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)


更新日時:2021年3月23日(火)19:30
取得日時:2021/04/18 18:38


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6638 Bytes
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef