マツダ
[Uncyclopedia|▼Menu]
このページに対し、一部の利用者から「アンサイクロペディアのユーモア精神にそぐわない」として削除の提案が出ています。詳しくはこのページのノートを見てください。なおこのページおよびテンプレートは削除に関する投票・議論が終わるまで削除はしないでください。議論の結果削除が決定した場合、管理者は削除の前に履歴とリンク元を確かめてください。
※{{削除依頼}}を貼った場合は会話ページに{{削除議論}}を貼り、削除を依頼する理由を書いてください。
※また、議論終了時は会話ページの{{削除議論}}の指示に従って、テンプレートを貼り換えておいてください。

マツダ株式会社
MAZDA Motor Corporation種類株式会社
略称マツダ
本社所在地日本
730-8670
広島県安芸郡府中町新地3番1号
設立1920年1月30日
業種製造業
事業内容乗用車・トラックの製造・販売
代表者代表取締役社長 山内孝
資本金1486億4302万6687円(2006年9月30日現在)
売上高単体2兆0321億円、連結2兆9198億円(2006年3月期)
総資産単体1兆3956億円、連結1兆7887億円(2006年3月期)
従業員数単体1万9893人、連結3万6626人(2006年4月1日現在)
決算期毎年3月
主要株主フォード・モーター (33.9%)
主要子会社株式会社 マツダオートザム
関係する人物松田重次郎(創業者)
外部リンクhttps://www.mazda.co.jp/
特記事項:1950?1980年代前半当時の社名は「東洋工業」だった。

マツダ株式会社 (マツダかぶしきがいしゃ、MAZDA Motor Corporation、漢字表記は「松田株式会社」)は、日本にある自動車製造会社である。
目次

1 概要

2 経営難とその脱出

3 車種一覧

3.1 現行車種

3.2 過去の主な販売車種

3.2.1 スポーツ型

3.2.2 大型

3.2.3 中型

3.2.4 小型

3.2.5 SUV型

3.2.6 ファミリー型

3.2.7 商用型

3.2.8 軽量型



4 脚注

5 関連事項

概要

世界で唯一ロータリーエンジン(社運をかけたエンジンであり、開発したのは「ロータリー47士」と呼ばれる集団で、そのリーダーだった人は、後にマツダの社長にまで上り詰めた。)を搭載した自動車を量産している企業。マツダが本来得意とする日本人離れしたスタイルと、誘惑性を重視した独自の商品戦略で幅広く好評を得ており、長期にわたって低迷していた業績のV字回復を果たした。特に海外諸国で販売好調が続いており、2005年度の営業収益は1,234億円と大きな記録を残した。
経営難とその脱出

かつてロータリーエンジンのバスまで作るくらいロータリーエンジンに専念していたマツダは日産・いすゞ同様、1990年代に多チャンネル化の失敗によって経営が困難な状態になっていた。日産のように手を差し伸べるものもおらず大変だったが、1996年に大衆車「デミオ」を発売し経営難を脱出したとされている。しかし今でもマツダは「パッとしない車の会社」と評されておりデミオ以外の車が一般ユーザーに知れ渡っていないという。
車種一覧

かつて商用車はマツダ自体が製造していたが、現在はトヨタからのOEMに切り替えられた。また軽自動車は以前マツダ製であったが、現在はスズキからのOEMとなっている。

最近は車名を数字で統一するようになり、完全にBMWのパクリであることが証明されてしまった。しかしロードスター(と商用車と軽自動車)の名だけは守るらしい。
現行車種

車種初登場年現行型備考
発表マイナーチェンジ
セダン(サルーン)
MAZDA3 5b61
MAZDA3セダン2003年2019年5月24日旧アクセラ。ファミリアの後継。3代目ではトヨタからハイブリッドシステムを付与したハイブリッド車も追加された。
MAZDA6MAZDA6セダン2002年2019年5月28日(4代目)旧アテンザ。カペラの後継。デザインがBMWっぽいとちらほら。
ハッチバック
MAZDA3MAZDA3ファストバック2003年2019年5月24日旧アクセラスポーツ。ファミリアS-ワゴンの後継。3代目では2.2Lのクリーンディーゼル車も追加された。
MAZDA2MAZDA21996年2014年9月11日(4代目)2019年6月16日旧デミオ。レビューの後継。CX-5が出るまでの顔はこれ。
SUV/クロスカントリー
CX-8CX-82017年2017年9月14日大型SUV。名前が中二病臭い。
CX-5CX-52012年2016年12月15日 (2代目)中型SUV。日本におけるCX-7の後継。コンセプトカーの「勢(みなぎ)」をベースにしている。最近のマツダ車共通の顔はここから始まった。
CX-3CX-32015年2015年2月27日2018年5月17日超小型SUV。小さすぎて小人しか乗れない車。
ステーションワゴン
MAZDA6MAZDA6ワゴン2002年2019年5月28日(4代目)旧アテンザワゴン。カペラワゴンの後継。これもデザインがBMWっぽい。
クーペ
ROADSTERロードスター1989年2015年5月20日(4代目)RX-8と同じスポーツ系だがロータリーエンジンは搭載していない。ロードスターにロータリーエンジンを無理やり搭載し無免許でラリーをやらかすという糞漫画があったが、内容が糞過ぎたため当然のように打ち切りとなってしまった。このせいもあってか、ロータリーエンジン搭載計画は頓挫してしまったようである。しかし、2シーターとしては販売台数としては世界一を誇る。
ROADSTER RFロードスターRF2016年2016年11月10日ND型で新たに加わったファストバック型コンバーチブル。先代NCまでにも同じようなモデル(ロードスターRHT)は存在していたが、この代ではより上質なオープンカーを目指すべく、明確な派生モデルとして登場した。屋根をメタルトップにしたためデブになってしまったが、エンジンを2Lにすることで走行性能を確保している。この2Lエンジンは通常のロードスターへの搭載も期待されている。
商用車
TITANタイタン1971年2007年6月下旬(5代目)旧Bシリーズ。マツダの代表的な商用車。現在はいすゞ・エルフからのOEMであるが、いずれはトヨタ・ダイナからのOEMに切り替えられる予定。
BONGOボンゴ1966年1983年10月末日(3代目)2003年中こちらもマツダの代表的な商用車。近く、トヨタ・タウンエースのOEMに切り替えられる予定。
SCRUMスクラム1989年2015年3月6日(5代目)マツダ版エブリイ、キャリイ。
軽自動車
CAROLキャロル1962年2014年12月25日 (7代目)現・マツダ版アルト。同じ自動車生産会社のスズキから提供されている。1962年に登場した初代キャロルはマツダオリジナルで画期的デザイン機能な軽自動車だった。
FLAIRフレア2012年2017年2月23日 (2代目)マツダ版ワゴンR。AZ-ワゴンの後継。
FLAIR CROSSOVERフレアクロスオーバー2013年2019年12月20日 (2代目)マツダ版ハスラー。
FLAIR WAGONフレアワゴン2012年2017年12月22日 (3代目)マツダ版スペーシア。登場からわずか1年足らずでパレットからスペーシアベースにフルモデルチェンジ。
SCRUM WAGONスクラムワゴン1999年2015年3月6日(3代目)マツダ版エブリイワゴン。

過去の主な販売車種
スポーツ型

RX-8:最新鋭のロータリーエンジンを搭載。RX-7(後述)と紹介されがちだが、公式は「従妹ぐらいの関係」とされている。後部座席は大人二人が入っても大丈夫なように、RX-7の取って付けたようなヤツよりは大きめにとられている点などスポーツ車としての機能が高い。最近ではエンジンと水素との相性が良いらしく、展開によっては天下を奪える可能性もある。

RX-7:ガチで走りこむために専用のロータリーエンジンを搭載した日本史上最強クラスのスポーツ車。スペック的には日産・スカイラインGT-Rトヨタ・スープラといったライバルには劣るがハンドリング性能は特筆に値し、何よりバランスが50:50と絶妙で多くのマニアの支持を受けた。復活を望む声も多いが「今の時代にあの雰囲気を再現するのは無理」と悲観的な見方をするものも多い。

サバンナRX-7:RX-7の前身。

コスモ:ロータリーエンジン車の元祖。最終モデル[1]は3ローターを搭載。踏むとリッター2キロとかバブルの頃はよかったなぁ・・・。

MAZDASPEED AXELA:264馬力の前輪駆動のMT6速のグレード。

大型

ルーチェ
:マークIIローレルと張り合っていた時期もある。後にセンティアに改名された。

クロノス:MAZDA6(アテンザ)のルーツ。5ドア版はアンフィニ・MS-6と呼ばれている。

ロードペーサー:オーストラリアのホールデン車のボディにロータリーエンジンを詰め込んだ、いわゆる「高級スポーツ車」。

中型

ランティス
:大きなお友達にはおなじみもここでは絶版。

カペラ:MAZDA6(アテンザ)の先祖。

ペルソナ:外見はそれほどでもないが中がすごい。

ベリーサ:カペラをハッチバック化させたもの。

小型

ファミリア:MAZDA3(アクセラ)の先祖。今はプロボックスのOEM車種だが昔はファミリーカーだった。湾岸ミッドナイトではファミレスにもなっている。

レビュー:コンパクトセダン。MAZDA2(デミオ)の先祖。最大のライバルは言うまでも無くWill Viだがこっちの方が数段可愛い。あまりにも可愛すぎたせいで人気はなかったが、後にデミオの元となったことを考えるとマツダの隠れた救世主である。

キャロル600:600ccエンジンを搭載した贅沢なキャロル。

SUV型

CX-7
:トリビュート?(いやいや、一応は後継ですよ)

プロシードマービー:プロシード(後述)をSUV化したもの。

AZ-オフロード:マツダ版ジムニー。

ファミリー型

プレマシー
:海外ではMAZDA5として販売を継続。

MPV:巨大化したプレマシー。

? 39fd ?アンテ:プレマシーとMPVの中間型。

ボンゴコーチ:ボンゴを乗用向けに改造したもの。後にボンゴワゴンに改名。

商用型

ボクサー
:タイタンの大型バージョン。別名「マツダ版レンジャー」。

クラフト:こちらはタイタンがやや縮んだもの。旧ロンパー。

プロシード:ルーチェをベースにして作ったピックアップ。

ボンゴブローニイ: ボンゴのバリエーションの一つ。ボンゴより実用性が高く、ワゴン仕様も用意されている。[2]

軽量型 この看板に要注意だ。

R360クーペ:マツダが初めて製造販売した軽自動車。

シャンテ:当初は軽自動車にロータリーエンジンが詰まれる予定だった。

スピアーノ:数少ない女性オーナーを増やすために、スズキ・アルトラパンのOEMとして開発された。軽量型としては性能がそこそこ良い。

AZ-1:ミッドシップマウントのターボエンジンで動く軽自動車だが、ライバルのホンダ・ビートやスズキ・カプチーノよりは売れ具合が悪かった。ボディパネルがプラスチックだった為、販売当時は死亡事故率が全国産車中一番高かった。[3]



脚注^ ユーノスコスモと呼ばれている。
^ 現在はトヨタ・ハイエースのOEMとして継続販売されている。
^ 本当は軽自動車の中で一番速い車である。

関連事項ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「 ⇒マツダ」の項目を執筆してくれています。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マツダ」の項目を執筆しています。長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「 ⇒マツダ」の項目を執筆しています。

ロータリーエンジン

ユーノスロードスター

トヨタ自動車

レクサス

ダイハツ工業


日産自動車

いすゞ自動車

スズキ

フォード・モーター

フィアット

アルファ・ロメオ

 ・話・編・歴 自動車メーカー・ブランド

日 :トヨタ自動車(レクサス) - SUBARU - ダイハツ工業 - 日産自動車 - 39ca 本田技研工業 - マツダ
韓 :現代自動車 - 起亜自動車
独 :アウディ - オペル - BMW - フォルクスワーゲン - ポルシェ - メルセデス・ベンツ
英 :アリエル - ケーターハム - マクラーレン
伊 :フェラーリ - ランボルギーニ - ランチア
仏 :シトロエン

この「マツダ」は、マイナーチェンジの案が出ています。マイナーチェンジして下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)


更新日時:2020年7月1日(水)22:24
取得日時:2020/07/07 18:34


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:20 KB
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef