マツダ・RX-7
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マツダ・RX-7」の項目を執筆しています。

マツダ・RX-7は、マツダが過去に生産販売していたスポーツクーペ。
目次

1 概要

2 前史

3 サバンナRX-7

3.1 初代(SA22C)

3.2 2代目(FC3S)


4 RX-7(FD3S)

4.1 販売


5 祭りの後

6 脚注

7 関連項目

8 関連しない項目

概要

マツダと言えばロータリーエンジン、ロータリーエンジンと言えばマツダ、ということで、むやみやたらとロータリーエンジン搭載車を出しまくっていたマツダであったが、その代表格がコスモシリーズと、このRX-7シリーズである。

現在ではロータリーエンジン搭載車と言うと、RX-8というマイルドな味付けでファミリーカー化を目指したスポーツカーのみであるが、惜しまれながら2012年6月に販売が終了された。ちなみに、マツダはバブル経済華やかなりし昭和時代を中心とした、全盛期にはバリバリのスポーツカーを次々と出していた。

その中でもRX-7は極めつきで、あの悪口大好きな2ちゃんねらーをして日本車としてはあらゆる意味で別格とまで言わしめたほどである。

しかしその歴史は平坦ではなかった。

これはRX-7のたどった数奇な運命の物語である。
前史

時は1960年代。当時の日本の工業力は非常に立ち後れており、外国製品のコピーや安物を生産して、それを海外に輸出して外貨を稼ぐような悲惨な状況であった。つまり現在の中国と全く同じポジションだと思えばわかりやすいだろう。

一方その当時は、レシプロエンジンの性能が今ほどよくなかったため、ロータリーエンジンは小さく軽量のエンジンからありえないハイパワーを絞り出す、まさに未来のエンジンとしてもてはやされた。世界各国各社競ってロータリーエンジン搭載車を研究していたが、いち早く日本企業であるマツダが実用化に成功した。この快挙は日本中を沸かせ、多いに日本人を元気づけた。当時のジドーシャ少年たちは目を輝かせてロータリーに憧れた。ちなみに1968年には、日本は西ドイツを抜いて世界第2位の経済大国へと成長した。まさしく現在の中国を思わせる状況であった。

この評判に調子に乗ったマツダは、次々とロータリーエンジン搭載車を市場に送り出した。そしてとうとう1968年には、ファミリーカーであるファミリアにまでロータリーエンジンを載せるという暴挙に及んだ。しかしいくらなんでもそれはあまりに空気を読まない行為であった。何せ現代の軽自動車と同様のサイズ・車重の自動車に、国産乗用車用としてトップクラスの馬力を誇るエンジンを搭載してしまったのだ。後のマツダ・AZ-1の誕生には、このような伏線が存在したのである。

やり過ぎを反省したマツダは、1971年にはファミリアのロータリーエンジン搭載車を、こっそりと「サバンナ」あるいは「RX-3」(輸出版)と改名して、全く別のスポーツモデルであるかのごとく偽装した。しかしその「サバンナ」にレシプロエンジンを搭載した安物バージョンには「グランドファミリア」の名前をつけてしまったため、嘘はバレバレであった。しかし、そんなマツダの滅茶苦茶ぶりをよそに、サバンナ/RX-3は結構な売り上げを記録したのである。
サバンナRX-7
初代(SA22C)

サバンナのヒットに気をよくしたマツダは、「だったらこんな普通の乗用車みたいなスタイルじゃなくて、スーパーカーみたいな形で作ったら売れるんじゃね?」

と安易な発想のもと、第一次スーパーカーブームに乗っていかにもーなデザインの車を製造、これを「サバンナRX-7」と名付けた。

実はスーパーカーのようなボディを乗っけたおかげで車重が増して、サバンナより遅くなってしまったのだが、これは空気を読んだ行為である。

そして実際に、けっこう売れた。

そしてマツダの空気を読まない悪い癖が出てきて、ターボを搭載して再びパワーアップしてしまった。

思えばこれが全ての始まりであった。
2代目(FC3S)

かつては排ガス規制の追い風もあってロータリーエンジン開発に躍起になっていた各社も、マツダに先を越されてやる気を無くした事に加え、オイルショックでガソリンを馬鹿食いするロータリーエンジンにそっぽを向き始め、次々と開発から手を引いていった。そこで代わって、ツインカムやらターボやらで各社はエンジンのパワーアップを図っていった。そんな風潮の中、かつては空気が読めないほどの大パワーとされたマツダのロータリーエンジンも、段々影が薄くなっていった。上述の通りターボを搭載してパワーをあげたが、如何せん足回りの構造が古すぎてとてもじゃないが大パワーを受け止める代物ではなかった。

しかし、なぜかマツダはロータリーにこだわり続け、ついにリアの足回りにマルチリンクを導入したターボモデル、2代目RX-7を誕生させるという暴挙に出た。なにがあったんだマツダ。

ちなみに名前はやっぱり「サバンナRX-7」である。ちょっとは考えろ。

せっかくだから贅沢に作っちゃおうぜ、とばかりに遊びまくったこのRX-7は、確かに徳大寺有恒をうならせ、911に迫る高性能を示したが、同時にいろいろ専用設計だった。メーターパネル周りは特に、ああ、バブルってこういうことなのね、というくらい専用設計で、普通の神経では思いつかない配置のスイッチ類は、初めて乗った人は間違いなく操作方法がわからない。

専用設計はこれだけではなく、あまりに細かく専用部品が並んでいるため、後にこの型のRX-7に乗った人は、社外パーツのリストの中から「マツダ用(FC3Sは除く)」の記述を次々と発見して愕然とさせられるのであった。

また車の味付けとしては見事なまでのツンデレであった。いや「ツンツンツンツンツンツンツンデレ」くらい、その扱いに困る超ピーキーな味付けで、結局、そこらの素人の手に負えるもので無いことには、いっこうに違いがなかった。

しかし、その見事な「ツン」ぶりに萌え死に寸前のカーマニアたちにはウケが良く、しかもロータリーならなんでもいい、というロリータロータリー信者の勢いもすさまじかった。さらに、1200kg台の軽量ボディに185馬力(後に205馬力、一部215馬力)のエンジンの組み合わせは当時としては超ハイパワー、後に日産・スカイラインGT-R(所謂、R32)という、グループAに勝つためだけに、競技用車両に保安部品をくくりつけた状態で売ってホモロゲ獲得した上で、開発費は下位グレードで回収するという空気読まない車が登場するまでは最強のスポーツカーの一つであった。

そして時は折しもバブル経済真っ盛り。こんな車が売れないはずがなかった。
RX-7(FD3S)

これに気をよくしたマツダは、「もっと力を入れた車を出せばもっとバカ売れじゃね? う?ん、俺って頭良い!」

と安易な考えのもと、2代目サバンナRX-7の販売からわずか数年で開発チームを編成、これを別室に隔離して「おまいら、何でも良いから好きなように作りやがって下さい」と放置プレイに走った。 バブル的詰め込みで肝心のおますびエンジンは奥に追いやられて...

好きにしろと言われた開発チームは、風洞実験を好き放題やりまくって空力を研究したり、アメリカに渡ってゼロ戦の実物(第二次大戦時代に飛んでいた本物の動体保存機)を見せてもらうといったちょっと意味不明な旅行をしたりと、まさにやりたい放題であった。

おまけにシーケンシャルツインターボという「金さえかければ何でもOK」の元凝りに凝ったシステムを日立製作所に依頼したが、「エンジンもう1基載せられるほどコストかかったけど耐久性?何それ?」と見切り発車が行なわれた。このシステムが原因でエンジンブローした例は数え切れないし高橋啓介の「セカンダリータービン止まってんじゃねーのか??」という名台詞は本当に回らない車が現在普通に中古として流通しているので事実を述べているだけである。

また、サバンナRX-7は車体価格300万円台前半であったが、軽量化というお題目の為サバンナより全体で10kg増という薄い鉄板をアルミと嘘コイて使用して、どうやら400万円に手が届きそうな見込みであった。しかし「バブルだからいいんじゃね? 売れるよ、売れる」と誰も気にしなかったが10年後にはオーナー全てが錆との戦いを強いられる羽目となった。

かくして、いくつかの改良のために255馬力になったエンジンを搭載した新型の車は、まさにバブリーという言葉をそのまま形にした仕上がりであった。1200kg台前半の軽量ボディがもたらす優れた推力重量比、4輪ともR32がマルチリンクを採用したので意地になって放棄して変則アルミで折れやすいダブルウィッシュボーンという奢った足回り、乗降すら困難なほど低いボディとそれによる低重心、板金修理なにそれ美味しいの?的な曲面多用ボディ、そしてもちろんスーパーカー世代が泣いて喜ぶがすぐにカバーが割れ、浮いて半目になるリトラクタブルヘッドライトと、スポーツカー好きはもちろん、スペック至上主義のオタクたちまでも満足させる驚くべき車が仕上がり、FD3Sの型式のもとで販売されることになったのである。
販売

こうして満を持して生まれたアンフィニ・RX-7(後にマツダ・RX-7[1])は、さらに加速するバブル経済に乗ってバカ売れする予定であった。

が、予定は未定とはこのこと、さぁこれから販売というまさにそのとき、なんとバブルが崩壊しちゃったのである。

慌てたマツダは、数度にわたるマイナーチェンジでほとんどの部品を省略、価格を下げる作戦に出たが、如何せん、オプション次第で400万を超える車体価格を少しくらい下げたところでどうにもならず、しかも実用性皆無のこの車は見事に売れなかった。

後に265馬力(中期型)、280馬力(後期型)とパワーアップを図るも、結果エンジンブローの原因をつくっただけで、その販売時期は見事にバブル崩壊の不景気と一致しており、さらに排ガス規制と対人安全基準の強化に対応できなくなって、ついに平成13年に販売終了となった。
その販売台数は、歴代のRX-7シリーズの中で最悪であったという。

祭りの後

こうして、バブルという一つのお祭りの中でナナメ上を突っ走り続けたRX-7であり、冷静になって考えてみると、いろいろ使えない車であった。

肝心のロータリーエンジンも、気が付いてみればマツダ1社しか作っておらず、この状態でたいした進化を望めるはずもなかった。実際、パワー面も燃費面も頭打ち、性能面でレシプロに追い越され、マフラーから火を吹く芸しかない手詰まり感満々のこのエンジンにこだわり続ける理由と言えば、せいぜい趣味の世界(具体的に言うと筑波サーキット周辺)くらいであろう。

キャビンは狭い低い暑いの三連発、体を折り曲げた無茶な姿勢でしか乗れないこの車は女の子には逃げられること確実である[2]。それだけではない。燃費は最悪な上、オイルが燃える、冷却水も燃える。そして数千キロごとにプラグを交換しなければならない。しかも、お値段4本でなんと9千円と高額である[3]。ただ走らせるだけでも、マフラーからお金と火を猛毒をまき散らしている。そしてマツダお得意のパワーウィンドウが上がらない、勝手にブザーが鳴る、配線ショートで炎上など電装系故障の連発とバケツをひっくり返した様な水漏れ。車体価格の高さも合わせて、とにかく金がないと乗れない車の代表格となった。

そして、その乗り味は高級車とは正反対で、足回りは固くピーキーでマンホールの蓋に乗ると2車線は吹っ飛ぶアクロバットぶり、低速トルクがスカスカ、市街地走行はむしろ拷問である。金持ちはこんな車に乗らない。肝心のスポーティな乗り味も、高速走行に的を絞ったおかげでそれを実感する機会は珍しく、宝の持ち腐れとることのほうが多い。

未だに若者に人気のこのRX-7であるが、こうした恐ろしい事情を思い知ってすぐに手放す人も多い。また、ある程度の年齢になるとこんな車に乗るわけには行かない。ターゲットとする層(車好きの若者)は買えず、買える層(経済的に余裕のある中高年)にとっては魅力がない、はっきり言って、どの年代でも乗れない意味不明な車である。

いや、上記に上 12a1 げた理由は、ポルシェやフェラーリだって全く同じ事。しかしポルシェやフェラーリを買うような物好きは、そんな事情は百も承知で買うのである。RX-7の場合は国産車だからと思って買ってしまうから、後で思いっきり裏切られるのである。

浮かれたバブリー思考の大半を「運動性能」と「外装の格好良さ」に浪費し、あまりに偏った作り込み故に、宙に浮いた存在として伝説と化したこの車は、バブルの遺産として遠くから眺めているのが正しいのかもしれない。(レッドブルが危機遺産として雪上ドリフト用に保護したことが記憶に新しい。が、さっそく刺さってフロントバンパーを落としたらしい)

そして、スポーツカーがステータスとなった現代だから少なくとも言える、「こんな車はもう二度と出ないだろう」と。
脚注^ このあたりの詳細はクロノスの悲劇を参照のこと。
^ それでも助手席に乗ってくれるようなら、その娘のことはもう心配しなくて良いだろう。もちろん、その後ヨメになった瞬間に「こんな車捨てろ!」と怒鳴れることになるが。いや、ポルシェやフェラーリなら嫁を黙らせるオーラが存在するが、RX-7にはそんなものは無い。
^ ロータリー用プラグは特殊な設計のため、普通のプラグの2?3倍の値段がする上、普通のお店では売ってない。

関連項目

マツダ

ロータリーエンジン

スポーツクーペ

マツダ・RX-8

関連しない項目

頭文字D

湾岸ミッドナイト


更新日時:2019年8月4日(日)08:58
取得日時:2019/09/21 00:58


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:16 KB
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef