ボーイング747
[Uncyclopedia|▼Menu]

ボーイング747(B747)とは、巨大な多目的航空機である。「ジャンボ」の由来は、アフリカ・スワヒリ語の挨拶「ジャンボ」から来ており、遠くアフリカまで路線を延ばそう、という希望のもとに名付けられたとされる。しかし、当時のアフリカは暗黒大陸であり、滑走路がまったく見えなかったため、アフリカへの乗り入れは失敗に終わっている。人気は高いが、燃費の悪い時代遅れの航空機とされている。(3発機よりは良い)また、最大のライバルはエアバス社の空飛ぶメタボアザラシである。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ボーイング747」の項目を執筆しています。
目次

1 開発の経緯

2 特徴

3 海外さいたま旅行を身近にした747

4 派生型

4.1 窓のある機体

4.2 窓の無い機体


5 その他特筆すべき派生型

5.1 SR型

5.2 -400D型

5.3 AL-1


開発の経緯 他のジェット機とは比べ物にならない程大きい。

機種番号である「B747」の先頭に「B」が付いていることから分かる通り、当初爆撃機(bomber)として開発された。当時のボーイング社のある幹部は「これ一機あればジャップの島を石器時代に戻せるぜイェーイ」というコメントを残している。しかし、そのまま量産に移行した場合、コストがフロリダ半島3本分にものぼることが分かり、不採用となっている。その後、プロジェクトは紆余曲折、右往左往、上を下への大騒ぎを経て旅客機計画に転用された。1969年に初飛行。

当時設計に携わっていたボーイング社のモグタンと岡まゆみは、未来の1990年代へとタイムスリップして「さいたま海外旅行は夢ではない。さっさと747を作っちゃえ。」と当時に戻り設計をいぞぎ747をヒットさせた。 
特徴

機体を横から見た場合、操縦席の上方が盛り上がったような機体形状になっている。これは「アッパーデッキ」と呼ばれ、この部分は一般人は立ち入り禁止となっている。アッパーデッキの内部は一般人には非公開とされ、推測に頼る面が多い。近年の中国人スパイらによる調査から「珍宝」「噴射」「」と内部資料に記載されていることがわかった。いくつかの証言を総合し推測されるアッパーデッキ内部の概要を以下に記す。本機がもともと大きいことから、一見小さく見えるこの空間も実はかなりの室内容積を持つとされる。そして、その室内容積を活かし、運航乗務員と客室乗務員が業務の合間に卓球やフットサルを楽しむためのレクレーションスペースとして利用されていると言われている。VIP搭乗時にはここにVIPも招かれ爽やかなを流すという。日本政府が政府専用機として導入したのも、皇族や閣僚がアッパーデッキで体を動かせると言う点が大きく、特に天皇が搭乗する際はこのアッパーデッキで天皇杯、天皇賞といった権威あるスポーツ大会も開催されるという。
海外さいたま旅行を身近にした747

世間の人々は「ああ、あのパンナムのでしょ?」と答える人おおいが、実はもう一つエールフランスがある。これは、パネルクイズアタック25のOPで登場。最後も優勝しある人物のクイズに正解して「さいたまパリ・カンヌ7日間の旅」の時に747が着陸するシーンもあった。ただ、司会者だった児玉清氏が天国へフライトしてしまったのでアタック25存続も危ういことも発覚。
派生型

大きく分けて「のある機体」と「窓の無い機体」に分類される。
窓のある機体 テクノカットの一例(主翼の端)。これが時代の最先端である。

窓のある機体は、クラシックジャンボとテクノジャンボに分類される。これは、機内の音楽放送サービスで流される音楽のジャンルの違いである。

クラシックジャンボはB747-100?-300までの枝番で、バロック音楽、ロマン派音楽、古典派音楽、新古典派音楽などのサブジャンルに分類されている。

テクノジャンボは-400の番号がつけられている。テクノジャンボは、主翼の端が垂直に折り曲げられた形にカットされたものが多い。これはウィングレットといい、俗に「テクノカット」と呼ばれる。トランスワールド航空、日本トランスオーシャン航空、トランスアジア航空といった航空会社名は、その会社のテクノジャンボではトランスをメインとして盛り上げていく、ということを表している。

窓の無い機体 護送業務に就いている窓の無いB747。このタイプの機体からの脱走はほぼ不可能である。

主に犯罪者の護送用に使用される。また、全席ワーストクラスの便に使用されることもある。このタイプの機体は通常の旅客機型から改造される。犯罪者が窓から逃走するのを防ぐため、窓は操縦に必要な最小限の窓を残して塞がれている。また、警備上の問題から通常旅客機が駐機するスポットとは離れた場所に駐機される。空港の外れを良く探してみると、これらの機体の周りで犯罪者が貨物運搬の重労働に就いているのを見ることがある。日本では塗装を行っていない機材を充当する航空会社もあるが、これは護送業務の収益が良くないため、塗料代をケチった事が理由である。
その他特筆すべき派生型
SR型

戦略偵察型。SRは戦略偵察を表す英語Strategic Reconnaissanceの頭文字を取って名付けられた。もともと本機は大型ではあるが高速が発揮できる爆撃機として設計されていたため、偵察機としての性能も優秀であった。日本にもかつて航空自衛隊所属の数機が存在したが、機密として扱われていた為正確な導入年度は不明。2001年にマスコミ報道により存在が発覚し、国会で問題になった。その後野党と世論の反発の高まりを受け、2006年に日本のSR型は全廃された。また、国際救助隊を呼ばなければいけないぐらいの大惨事を起こした張本人であるが実際は悪漢フッドの仕業である。
-400D型

400型の改造型で、「D」はドメスティックバイオレンス(domestic violence, DV)の略である。型名が示す通り、この型の機内ではありとあらゆる種類の家庭内暴力が横行している。日本国内線のみに使用されている。本型のような機体が大手を振って日本の空を飛び回っていると言う現状が、「人権後進国・ニッポン」の悲しき現状を物語っている。最高速度はマッハ15で、東京?大阪間をカップラーメンができる時間で結ぶ。ただし、燃費はすこぶる悪く、燃料がフルでもわずか10分で浪費する。
AL-1

米国が開発中のミサイル迎撃機。敵国上空まで飛行し、搭載された大出力レーザーで弾道ミサイルを撃墜するとされている。しかしジャンボジェット+レーザー、という荒唐無稽な機体の開発計画が存在するとは現実的には考えられず、SFTVゲームから発生した都市伝説ではないかと考えられる。

更新日時:2019年7月17日(水)13:14
取得日時:2019/08/13 02:16


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:10 KB
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef