ボケ
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…木瓜 5b7 [編集]単純な知識を問う目的で設置されるものである。この樹木と名称が一致しない場合、書店や図書館を経由してツッコミが発生する。また花も常にボケであるため、あらゆる場所にボケの象徴として掲げられている。ツッコまれることを願う証として、織田信長らが家紋に用いた例がある。
料理

簡単なものから専門的知識の必要なものまで、非常に幅広いボケを盛り込むことができる分野として愛されている。当然ながらシュールストレ? 1000 ??ングサルミアッキ、オリンピックチーズなど明らかに食物でないものはズブの素人でもツッコめるはずだが、元々奇食癖のある者が知られている以上に多く、ボケとして破綻させてしまった例も散見される。
表層的な話題

たいてい、議論の導入では単純で広く知られている話題が用いられる。こうすることで多くスキが作られ、自由なツッコミを可能にする。これはツッコミ同士を競争させることで試行錯誤を繰り返させ、より高度な技術を身につけさせるという目的もある。当然議論そのものも高度化・複雑化していくため、だれもツッコめなくなった議論がそのまま中途半端な結果におわる例は少なくない。
家庭環境

ツッコミをする者は他人の家に招待されたとき、あらかじめ心構えをしておく必要がある。そこは業界においてツッコミ登竜門と呼ばれる、プロである招待人がツッコミの程度を見極める試験会場さながらの場だからである。当然ながら難解なボケへの適切なツッコミが高く評価される。

高得点の例
「ここだけ
タイムマシンか!」といってトイレのカレンダーを一枚はがす「ポプリが臭い!」といって横に無香空間を置く「掃除ぐらいちゃんとしとけ!」と言って畳の下や額縁の裏側まできれいにする「こんなもん統一せんでもええわ!」と言って家具についている赤い紙を集めてまわる

なお初心者がやりがちなツッコミであるが、在宅中の子どもに「検閲により削除症か!」などと言ってしまったら最後。招待人から「ちょっととめて」という声とともに参加者全員があつまり、大変なことに? 1267 ?ってしまうので注意されたい。
団体ボケ

比較的規模の大きいツッコミの試験において採られる形態のひとつ。集団を前にし、どういったツッコミが効果をあげるのか充分な研究が必要である。また、団体の各個人が互いにボケを変えることがあるなど複雑で高度な試験である。

ステージで歌手としてツッコむ場合
「なんでそこで拍手やねん!」「ワルツでその手拍子をすることはリズムを狂わせる原因となりますのでおやめください」


この他にも
現金自動預け払い機や不自然なヘアスタイル、菊の花、花のつぼみ、戒名などがあるが問題点が多いため詳細は割愛する。
関連

日本ボケ協会

ボケ天下一武道会

ぼけ - その他もろもろ。

ボケ (自己言及的なページ)

老人ボケ


更新日時:2018年10月16日(火)19:18
取得日時:2021/02/20 12:09


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:7499 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef