ボケて
[Uncyclopedia|▼Menu]

このサイトは著作権を侵害しています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはJASRACか何かの関係者ですか?
ボケてに投稿されたとある画像の例ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ボケて」の項目を執筆しています。ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「 ⇒ボケて」の項目を執筆してくれています。同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「bokete」の記事を執筆しています。

ボケて(Bokete)とは、インターネット上に生息している暇人達が、ネットから画像をテキトーに探し拾い、それにまた多数の暇人がテキストによる「ボケ」を投稿する、自称「大喜利サイトもどき」である。また、典型的な著作権侵害の温床でもあり、アンサイクロペディアのパクりサイトでもある。
概要

アンサイクロペディアと同様の「ユーモアサイト」を自称しており、面白さという点でアンサイクロペディアのライバルを気取っている。しかしこのサイトは、所詮は「ツッコめない人間の楽園」であるため、「アンサイクロペディアの劣化二番煎じ」に過ぎない。このサイトであれば、ネタは画像として与えられるうえ、アンサイクロペディアとは正反対に、どんなにつまらない場合であっても、簡単な条件さえ満たせば基本的に削除されることはない(ただしエロいものや暴力的・猟奇的なものは除く)。そのため、バカにとっては正に天国私の友人エラスムスの友人で、私の名前の元ネタになった彼に言わせれば、ユートピアである。彼らにとっては、どんなに自己満足できる幸せな場であろう。そのため、アンサイクロペディアから追い出された人間(場合によってはウィキペディア からも追放された人間)は、その後ボケてへと辿り着き、暇つぶしをするケースも多いという説もある。
問題

このサイトの問題点は多数あり、全て挙 4ebe げるとキリがないが、最も深刻なのは著作権の侵害である。このサイトに投稿されている画像はほぼ全てが、インターネット上の他のサイトや、人気漫画などからの無断転載であるということである。まさに著作権侵害の温床だ。ボケてを運営する側も、サイトに広告を貼っているため、違法な著作権侵害画像で運営会社は儲け稼いでいることになる。にも関わらず、運営側は利用規約として「何か問題が起きたら全てユーザーの責任」と明記し、自らの犯罪行為を棚に上げて、責任逃れの文言を並べている。もちろん、投稿者にも罪はあるが、運営側の卑怯さにも流石に呆れるだろう。

なお、前述の通り、著作権侵害以外にもこのサイトの問題は多数ある。以下に例あげる。

運営側は、著作権は無視するくせに、エロいものや暴力的・猟奇的なものにはやたら厳しく、予告なく削除する。

使用できない「禁止ワード」が多すぎて、暇人やネタ探し人の欲望を束縛している。(禁止ワードの例:オナニーうんこ日本死ね、他多数)

ボケは5分に1度、画像は1時間に1度しか投稿できず、待つのが苦手な人の欲望を束縛している。

前述の通り、アンサイクロペディアをパクったニセモノのユーモアサイト。

そもそもサイトそのものがアンサイクロペディアのパクりであるくせに、他人が投稿して人気になったボケをパクって盗作(これをボケて民は「さの」と呼ぶ)するユーザーを中傷するユーザーがいる。こういった中傷を行うユーザーは「さの警察」と呼ばれ、新型コロナウイルスでお馴染みの「自粛警察」のようなもの。また、自分が投稿した画像でボケた人(いわゆる自演)を中傷する「自演警察」もいる。

関連項目

UnBooks:アンサイクロペディアは何故過疎化したのか (ボケてについての言及)

この項目「ボケて」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2020年10月19日(月)21:55
取得日時:2021/01/18 23:10


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6969 Bytes
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef