ボウケンジャー
[Uncyclopedia|▼Menu]

画像提供依頼:この項目「轟轟戦隊ボウケンジャー」は、記事の内容を説明する画像や、記事の内容に即したバカな画像を募集しています。画像をちょ?だい! ノートも見てね。

轟轟戦隊ボウケンジャーとは、東映制作のスーパー戦隊シリーズ第30作。モチーフは冒険。
目次

1 概要

2 登場人物

2.1 轟轟戦隊ボウケンジャー

2.2 その他のサージェス関係者

2.3 ネガティブシンジケート


3 ボウケンジャーの巨大戦力

3.1 ダイボウケン

3.1.1 ダイボウケンを構成する基本のビークル


3.2 スーパーダイボウケン

3.2.1 スーパーダイボウケン用+マルチ合体用のビークル


3.3 アルティメットダイボウケン

3.3.1 アルティメットダイボウケン用のビークル


3.4 ダイタンケン

3.5 サイレンビルダー

3.5.1 サイレンビルダー用のビークル


3.6 ダイボイジャー

3.6.1 ダイボイジャー用のビークル



4 ボウケンジャーの装備

5 用語

6 関連項目

概要

スーパー戦隊シリーズ第30作記念作品。なお、普通ならここで30作記念作品と30周年記念作品を兼任するはずだが、そうでないのは誰も気にしない。「冒険」というモチーフの通りにいっつも「プレシャス」とかいう宝を探しており、時折個人の所有物であるそれを奪うこともある闇の深いヒーロー。また、敵組織は3つ(途中から4つ)同時に存在し、それらの組織の首領は総じて歴代スーパー戦隊のマニアということも大きな特徴である。この作品の戦隊は「サージェス財団」と呼ばれる組織に属する特殊部隊という位置づけであり、第一目標は敵組織を壊滅させることではなくやっぱり宝探しである。
登場人物
轟轟戦隊ボウケンジャー

明石暁(あかし さとる)/ボウケンレッド

ボウケンジャーのリーダー。口癖は「ちょっとした冒険だな」で、もしかしなくても冒険オタ。かつて「不滅の牙」と中二病を患ったような異名を持った伝説の泥棒トレジャーハンターだったが、とある仕事の最中に柾木紫郎とキョウコという仲間(なぜキョウコだけ片仮名なのかは謎)を失い、その後牧野森男の暗躍によりサージェス財団へ加入。肩書がトレジャーハンターからボウケンジャーに変わったがやっていることはそんなに変わっていない。

伊能真墨(いのう ますみ)/ボウケンブラック

上記の冒険オタと同じようにサージェス加入以前からの泥棒トレジャーハンターだが、本人によれば少年時代からそれを生業としており、明石とのキャリアの違いを主張する場面が多々ある。以前遺跡で泥棒を働いていた際、遺跡で間宮菜月を発見し、何もかもを失った菜月に文字の読み書きなどを教え、それ以来相棒となった。第一話では菜月と共にボウケンジャーへの仮入隊という位置づけで、しょっぱなから2004年の赤いあいつを彷彿とさせる裏切りをやらかし、そのままアクセルラーを返上し泥棒生活に戻るかと思いきや死にかけで明石に助けられ、結局負け惜しみを言いつつボウケンジャーに加入。

最上蒼汰(もがみ そうた)/ボウケンブルー

女好きの気さくなムードメーカー。元はフリーのスパイでかつてあらゆる国の情報を盗み取ったとかいうやべーやつ。現在は廃業しているが、度々そのキャリアに通ずるポテンシャルを遺憾なく発揮する。敵である風のシズカに対しても女好きっぷりを発揮し、とある回ではシズカにナース姿のコスチュームで踏まれたり、カメラワークを操り完全にプレシャスを露出させるなどやらかした別の意味での冒険者。

間宮菜月(まみや なつき)/ボウケンイエロー

2年前にとある遺跡でキャストオフ状態で倒れているところを真墨に発見される。その後真墨に読み書きなどを教えられ、それ以来行動を共にする。第一話で真墨に連れられ共にボウケンジャーをルラギるときには躊躇うなど、心優しい天然キャラ...という位置づけだが、ある回では巨大ロボで等身大の怪人たちと戦うとどうなるのかという戦隊のタブーに罪悪感一つ持たず切り込むこもあったりするこれまた別の意味の冒険者。

西堀さくら(にしほり さくら)/ボウケンピンク

ボウケンジャーのリーダー代理を務めることもある真面目なキャリアウーマン。西堀財閥(規模は不明)令嬢+元陸上自衛隊という驚異のキャリア保持者で、かなりのエリート。当初は「可笑しくもないのに笑えない」というダイヤモンドのような硬さの悩みを持ち、笑顔を作れず誤解を招くこともあったが、後にその悩みを克服した後では大物俳優のマネージャーとして芸能界に潜入し、「は?い♪西堀さくら子で?す♪」という迷台詞を発することもある隠れネタキャラ。イメージ野菜はニンジン。

高丘映士(たかおか えいじ)/ボウケンシルバー

代々「アシュ」と呼ばれる魔物を退治することが使命の高丘家の末裔で、自称「アシュの監視者」。初めはボウケンジャーとは別の第三勢力であり、途中で彼そのものがアシュと人間のハーフであるという本末転倒な事実が発覚する。その後アシュの血に目覚め、危うくサージェスの装備を振るいながらアシュの仲間になりかけるが、明石が胸ぐらを掴みながらの熱すぎる説得を施した事により、どうにかボウケンシルバーとなってボウケンジャー6人目の戦士となった。名刺の代わりに野菜を渡すという驚異のベジタリアン。その魂はブレイブなグレーの戦士へと受け継がれ行った。
その他のサージェス関係者

牧野森男(まきの もりお)

ボウケンジャーのメカニック担当。なぜかDXガオキングとDXアバレンオーを所持しており、それを参考にしてボウケンジャーの巨大戦力を作ったと言われている。明石をサージェスに誘った張本人でもある。焼け焦げたズバーンを約一分で修理し現地まで運んだりするなどの驚異的な技術を持つ。また、見ず知らずの女子高生を蒼汰へ用があるからという理由でボウケンジャーの基地へ入れさせるなどの問題人物。変装の名人。

ミスターボイス

いつもボウケンジャーの基地のモニターに映し出されているとんがりコーン。時々KYな言動を繰り返すやべーやつ。最終回にてその正体が明かされる。

大剣人ズバーン

大昔に栄えたという「レムリア文明」によって作り出された黄金の剣。封印を解くと人型に変わる便利なかわいいやつ。巨大化能力を有し、時々カプセル怪獣の要領で呼び出される。第一級食塩購入職人。終盤に近付くにつれ扱いの軽くなる苦労人プレシャス。
ネガティブシンジケート

本作の敵対組織の総称。ネガティブなのは名前だけでほぼ全員がポジティブ思考。

ゴードム文明

ゴードムの心臓とかいうプレシャスで40000年前に海を支配してたやべーやつら。全体的に灰色。ネガティブとしては真っ先に名前が挙がるが実態は大神官ガジャ+同人制作のインスタント戦闘員+でっけーのといった有様であり、実は一番しょぼい。
大神官ガジャ
人呼んでガジャ様、ビッグワン。第一話で黒い人と黄色い人に叩き起こされ、そのままインスタント戦闘員と石の塊を引き連れて第一話の咬ませ犬となった。本作のラスボスを務めるが、結局死なずにまた石になったおっさん。推し戦隊は主に秘密戦隊ゴレンジャーと超力戦隊オーレンジャー。
カース
知能の低さに定評のあるゴードム文明の戦闘員。石を投げれば出現する、正真正銘のカプセル怪獣的なの。ガジャ様の開発であり、カスタマイズによっては色を変えたりできる。ボウケンジャーのヒロインを縛る変態も存在するが個性は薄い。
巨神
ガジャ様制作の巨大ロボ。基本的に石でできているため、強度には難があると思われる。一体はクエスターに分捕られた。
ゴードムエンジン
ガジャ様制作のカラータイマー的なやつ。パラレルエンジンに干渉しボウケンジャーのスーツをただの布切れにする。




ジャリュウ一族

恐竜の遺伝子を体に埋め込んだやべーやつら。基本的に赤い。ゴードムと同じような構成だが、戦闘員の質が良いことで有名。いっつもほかの組織に媚びを売っている。
創造王リュウオーン
元人間。元々は森田順平似の学者だったが、レムリア文明を調べてたら財宝に目が眩んだ仲間に裏切られて人間に絶望した豆腐メンタル。部下に対する扱いはそこそこ冷酷。推し戦隊は主に恐竜戦隊ジュウレンジャーや爆竜戦隊アバレンジャーなどのワイルド系。兜に変身してボウケンジャーの基地に侵入するも、結局爆死。その後部下によって生き返るも再び爆死。一説によると、子孫が
未来を奪うブラック企業を設立したらしい。
邪悪竜
リュウオーンが同人制作したいわゆる今週の怪人。基本的に強化版のジャリュウだが、明石の運勢を最悪にしたり、どっからどう見てもただの着ぐるみだったりと、遊び心のある個体もいる。シリーズ全6体。
竜人兵ジャリュウ
ネーミングはそのままな戦闘員。カースに比べるとそこそこの質で、実はリュウオーンのクローン。こいつらが殺し合いをして生き残った奴が邪悪竜になれるとかいう仮面ライダー龍騎さながらな世界にいる。ダイノブレスは持っていない。
大邪竜
リュウオーン製作の巨大ロボ的なやつら。全て名前が「ド」で終わる。これぐらいしか特記事項はない。




ダークシャドウ

名前が中二病の忍者集団。考えていることは主に儲けで、プレシャスの回収の目的は。表向きには「DSカンパニー」を名乗る。
幻のゲッコウ
どっからどう見てもフクロウな爺さん。基本的に人間の滅亡は考えずが第一の人間臭い鳥。菜月との入浴シーンを妄想するなど、実は変態。推し戦隊は忍者戦隊カクレンジャーと忍風戦隊ハリケンジャー。
闇のヤイバ
顔に三つの切れ込みが入っている、渋い声のプロテクターおじさん。度々ダークシャドウの存在が世間にバレるような不祥事をしており、正月早々菜月との入浴シーンを妄想していたゲッコウに呆れかえりダークシャドウを離れた。その後真墨の心の闇に付け込んで世界征服を目指すも、そんなことはできなかった。
風のシズカ
ダークシャドウの幹部が軒並みフクロウ、プロテクターおじさんときたところに癒しを届ける唯一の顔出し幹部。ダークシャドウの紅一点で、時折二人から雑用を押し付けられる苦労人。上述の通り、蒼汰を縛ってナースのコスプレ姿で踏みつけるといった朝7時半からとても放送できないことをやらかした冒険者。
カース
ダークシャドウに貸し出された個体がいるためここに記す。




クエスター/アシュ

炎神猿人が進化の過程で別の進化を辿った種族。人間以外の動物と交尾した種族と思われ、要するにそういう性癖を持つ種族と思われる。計五人が登場し、うち二人はガジャ様制作のゴードムエンジンによって準レギュラーに昇格した。クエスターとはその際ガジャ様につけられた名前で、クエスターとしてのメンバーは二人だけという驚異のぼっち
(クエスター)ガイ
言動が粗暴なやべーやつ。映士の父親を殺したという死亡フラグの持ち主で、主に戦闘を担当する体育会系。ボウケンジャーからはウザがられ「一番戦いたくない相手」と言われた。推し戦隊は五星戦隊ダイレンジャーや百獣戦隊ガオレンジャー。自身もダイレンジャーのロボのコスプレ
(クエスター)レイ
言動が粗暴な相方とは違い、割と理知的な感じのクエスターの同人制作担当。ただしその裏では人類をガイと同じように憎んでおり、同じようにめんどくさい性格。推し戦隊は主に昭和の戦隊全般で、コアなマニアと思われる。
ヒョウガ
アシュ時代のガイの部下。存在感は薄い。
オウガ
クエスターの中での関西人で、自称・西の一族の長。想いを寄せていたケイを人間である映士の父親に取られたことに嫉妬し狂った残念な人。腹いせに映士に勝手に代弁したケイの言葉を浴びせ殺そうとするが、映士はそんなにチョロくなかったため失敗。やけくそで巨大化するも映士の黒魔術的なやつによって倒され、それでもなお映士を石にして夢の世界でケイに扮し映士を幻惑するが、結局成仏する。
ケイ
映士の母 3ea4 親。顔に海苔がついていることが難点だがそこそこの美人。
ボウケンジャーの巨大戦力

通称・ゴーゴービークル。サージェスが開発したビークルたち。ゴーゴージェットまでのビークルはプレシャスによって稼働するパラレルエンジンを搭載している。(後にゴードムエンジン対策によってすべて入れ替え)
ダイボウケン

ボウケンジャーの主力ロボ。下に記した五台のマシンが合体する。菜月一人でも運転できることから、操縦の難易度は低いと思われるがガジャ様とリュウオーンは操縦できなかった。
ダイボウケンを構成する基本のビークル
ゴーゴーダンプ
ボウケンレッドが搭乗するくそでかいダンプ。ダイボウケンの大部分を構成する。荷台がアームに変形することが売りで、むしろこっちが本業。
ゴーゴーフォーミュラ
ボウケンブラックが搭乗する黒いF1カー。そのくせに中央でパカッと割れてミサイルを発射する。
ゴーゴージャイロ
ボウケンブルーが搭乗する若干妙な形のジャイロ機。
オスプレイをイメージしていただけると分かりやすい。
ゴーゴードーザー
ボウケンイエローが搭乗するブルドーザー。黄色のメインカラーと相まって違和感はない。
ゴーゴーマリン
ボウケンピンクが搭乗する潜水艦。潜水艦のくせに地上を走れる。第一話以外で目立った活躍無し。
スーパーダイボウケン

上の五台+下記の四つのビークルが合体してできる強化形態。話が進むにつれどんどん影が薄くなる。
スーパーダイボウケン用+マルチ合体用のビークル

主にダイボウケンなどの腕に装着される専用性のあるビークル。
ゴーゴードリル
聞いただけで用途がわかるドリル型ビークル。凡用性の高さから多用される売れっ子。
ゴーゴーショベル
水色のショベルカー。
孫の手とは親戚関係。
ゴーゴークレーン
割と普通のクレーン車の形をしたビークル。特記事項無し。
ゴーゴーミキサー
ミキサーと言っても野菜ジュースを作るアレではなく、ミキサー車の方。敵の動きを固めることが可能なことからそういった性癖向けと思われる。
アルティメットダイボウケン

上記の九台+下記の一台が合体して完成するダイボウケンの最終形態。空を飛べるが必殺技はその機能は関係ない。
アルティメットダイボウケン用のビークル
ゴーゴージェット
アクセルラーで呼び出せる最後のビークル。ゴーゴージャイロで事足りると思うが何故作ったかは不明。
ダイタンケン

ゴーゴーダンプ?ゴーゴーマリンまでのビークルををハブって完成する番外ロボ。登場回数は劇場版・TV本編合計で驚異の三回という不遇ポジション。
サイレンビルダー

災害救助用に作られたロボ。必殺技はハイドロポンプ。当初からゴードムエンジンに干渉されないネオパラレルエンジンを搭載しているが、Task.41にてネオパラレルエンジンを臨界点を超えて出力すると大爆発するという欠陥が判明。
サイレンビルダー用のビークル

全て緊急車両がモチーフ。
ゴーゴーファイヤー
ボウケンシルバーが搭乗する、消防車
型のビークル。攻撃手段は放水。明らかに火力不足。ジャッキアップという変形機構を有し、むしろ災害救助より戦闘向き。
ゴーゴーエイダー/ゴーゴーポリス
前者は救急車型、後者はパトカー型の無人操縦ビークル。特に活躍する場はなかった。
ダイボイジャー

あまりにも攻撃的過ぎて「冒険」という番組の趣旨がズレるのではないかと危惧したサージェスによって封印されていたロボ。アルティメットダイボウケンを上回る性能を持つという設定だがそんなことはない。
ダイボイジャー用のビークル

なお、この五台はまとめてゴーゴーボイジャーと呼ばれる巨大戦艦にも合体する。
ゴーゴーコマンダー
ボウケンレッドが搭乗する、妙な形の小型戦闘機。ゴーゴーボイジャーの艦橋になる。ただし一番小さい。
ゴーゴーキャリアー
ボウケンブラックが搭乗する、名前ではわかりにくいが空母。カーキャリアーではない。
ゴーゴーファイター
ボウケンブルーが搭乗する戦闘機。特に役割はない上にイエローと被っている。
ゴーゴーアタッカー
ボウケンイエローが搭乗する戦闘機。ブルーのものとは違い攻撃手段を持つデキるやつ。
ゴーゴーローダー
ボウケンピンクが搭乗するロードローラー。おそらく一番でかい。ダイボイジャーの両腕になっているのは一目でわかる。
ボウケンジャーの装備
アクセルラー
ボウケンジャーへ変身させる機能を持つほか、ハザードレベルと呼ばれるプレシャスの危険度を測定したりゴーゴービークルを呼び出したりできる万能携帯。契約会社は不明。
ゴーゴーチェンジャー
ボウケンシルバー専用ブレス。元々明石が使う予定だったが明石が嫌がり映士が使うことになった。機能としてはアクセルラーと同じ。
サバイバスター/サバイブレード
剣にも銃にもなる便利な一品。ボウケンジャーの標準装備。
ボウケンボー/ボウケンジャベリン
ネーミングセンスを疑うボウケンレッド専用の槍。性能では
竹槍に劣ると思われる。
ラジアルハンマー
ボウケンブラック専用のハンマー。ピコピコハンマーのような風貌だが本人はいたって真面目に使う。
ブロウナックル
ボウケンブルー専用の扇風機兼ナックル。飛行が可能というチート装備。
バケットスクーパー
ボウケンイエロー専用の両手用ナックル。ショベルカーについてるアレが一番近い。
ハイドロシューター
ポケモンの技のような名前の放水銃。水鉄砲とか言うんじゃない。
サガスピアー/サガスナイパー
ボウケンシルバー専用の金属探知機。槍と銃を兼ねる。金属探知機 2912 としての性能は伊達ではない。
アクセルテクター
Task.6より登場したプレシャス内臓の強化テクター。デュアルクラッシャーと合わせて使うと吉。
デュアルクラッシャー
なんだかよくわからない形状の大型ライフル(?)。使用者がアクセルテクターを着用+五人で支えあって使わないと反動で吹っ飛ばされるというトンデモ装備。
大剣人ズバーン(剣モード)
胸のロックを戻すと変形するズバーンの剣形態。普通に使える。主にレッドが使用。
開運フォーム一式
Task.27に登場した。リュウオーンの生み出した邪悪竜によって運勢を最悪にされた明石が着用した幸運を呼び寄せる品の数々。しかし着用した直後引火。
用語
プレシャス
古代や近代に作り出された驚異的な技術やエネルギーを持つ財宝。一見したら
ガラクタにしか見えない何かから喋る岩まで様々なものが含まれる。ゴードムの心臓ガジャ様が扱えば巨神一体操れる驚異のエネルギー機関。東京電力もびっくり。三国覇剣三国志に登場する、三つ揃うと百万の軍勢をも打ち倒す剣。ドラクエの世界からの漂流物と思われる。虹の反物一切れで猫を女子高生に変身させる驚異のコスプレ道具。コミケでの有効活用が望まれる。闇の三つ首竜持った者の心の闇を増幅させる小さめの置物。国会議事堂に持っていくと大惨事である。レオン・ジョルダーナの画帳ルネサンス期のてぇんっさい科学者、レオン・ジョルダーナ[誰?]の遺した画帳。見ればパラレルエンジンの製造が容易に可能になることからここここに目をつけられている。メルクリウスの器中にプレシャスをぶち込むと巨大怪人を製造できる画期的な器。三賢者の杖フラビージョとメーミィとかが杖になった姿。賢くはない。
ハザードレベル
アクセルラーによって測られる、プレシャスの危険度。「悪用され、なおかつ最悪の事態になったとき」を想定しているため、ただのガラクタでも意外に高かったりする。
サージェス財団
プレシャスや失われつつある世界の財宝を保護し、保管することが目的の民間財団。組織としては問題がある。
レムリア文明
ゴードム文明よりも前に栄えた超古代の文明。非常に高い科学力を有し、数多くのプレシャスを作った。全体的に黄金で、一説では足利義満がいたとされている
関連項目

戦隊ヒーロー

東映

テレビ朝日

正義

グディーンヅゥー!今見ている「轟轟戦隊ボウケンジャー」はスーパー戦隊書きかけの項目だ!
どうしても加筆したいなら、この俺に頼むと良いぞ! (Portal:スタブ)
 ・編・歴 スーパー戦隊シリーズ

歴代の戦隊ヒーロー :秘密戦隊 | 電撃隊 | J | 電子戦隊 | 太陽戦隊 | 大戦隊 | 47c5 科学戦隊 | 超電子 | 電撃戦隊 | 超新星 | 光戦隊 | 超獣戦隊 | 高速戦隊 | 地球戦隊 | 鳥人戦隊 | 恐竜戦隊 | 五星戦隊 | 忍者戦隊 | 超力戦隊 | 激走戦隊 | 電磁戦隊 | 星獣戦隊 | 救急戦隊 | 未来戦隊 | 百獣戦隊 | 忍風戦隊 | 爆竜戦隊 | 特捜戦隊 | 魔法戦隊 | 轟轟戦隊 | 獣拳戦隊 | 炎神戦隊 | 侍戦隊 | 天装戦隊 | 海賊戦隊 | 特命戦隊 | 獣電戦隊 | 烈車戦隊 | 手裏剣戦隊 | 動物戦隊 | 宇宙戦隊 | 快盗戦隊VS警察戦隊 | 騎士竜戦隊
伝説の戦隊ヒーロー :キャプター | 非公認戦隊 | 愛國戦隊 | 現代戦隊 | 洗脳戦隊 | 素元波戦隊 | ババァ戦隊 | サッカー戦隊 | 皇国戦隊 | 円盤戦隊 | 悠長戦隊 | トラック戦隊 | プリキュア戦隊 | 究極戦隊 | 正義戦隊 | 戦隊ジャー


更新日時:2019年6月20日(木)13:42
取得日時:2019/07/14 20:34


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:31 KB
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef