ホームラン
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…に立ったオジサンの話[編集]「いやね、そうやって一発長打を狙って逆転を狙うのもいいんだけど、違う選択肢もあるんだよ。あれは二十年前・・・オジサンが甲子園の決勝に立った時だった。状況は9回表のノーアウト満塁、6-4でオジサンの高校がリードしていて、オジサンの出番が回ってきた。自慢するのもなんだがオジサンはチーム1の打率を持っていて、三番打者を任されていたんだ。その時の調子は絶好調で、監督はスクイズのサインを出していたが無視してヒットを狙いにいったんだ。初球の内角低めの球を叩いたが、打つ直前に躊躇してしまってゴロになってしまった。本塁と一塁のゲッツーで、あれが高校最後の打席だったと思うと恥ずかしくて今でも笑えるね。その後2点を加えて優勝して、監督も怒らなかったけど、底知れぬ虚無感が襲ってきたんだ。今ではこうやって社会人野球をやっているけど、どんな状況でもバントやスクイズという可能性を頭の片隅に残してプレーしているよ。」
脚注^ パワーは1で良いってーのに、過剰なパワーを求めたキヨプー(三振王)は身体を壊して、プロのリハビリストに転向した。

関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ホームラン」の項目を執筆しています。

ホームランをパカスカ打てたんで、のように敬われた人たちの一部を掲載。

バレンティン - O氏の圧力により逮捕された

王貞治

バース

落合博満

松井秀喜

バラウール

ドームラン


更新日時:2016年10月14日(金)11:28
取得日時:2020/02/24 16:34


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:8779 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef