ブラスレイター
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…15]で構成される特殊部隊。その待遇は、公安9課並だとか……。但し、ザーギンらの謀略により組織は崩壊。既に用無しとみなしたツヴェルフは、この行為を全力を挙げて見逃した。現在は、ウォルフを首班とするデモニアック軍団が新生XATを名乗って暗躍している。
ツヴェルフ
ヴィクターとメイフォンが所属する、XATを設立し且つ利用した挙句捨て去った謎の神教系組織。どうやら、ザーギン対策に好都合な事からか、ジョセフを影から支援しているらしい。残念ながら、トンデモ技術を沢山所持している事とザーギンらと対立している事以外は、一切が不明な組織である。
XXXX
ザーギンが総帥を務める、謎の組織。どの位謎かと言うと、「組織名がXXXX」な位。
メカニック編
ガルム
とある世界の転生者が四菱と結託して作り上げた、飛行能力まで搭載されたトンデモバイク。どうやら、製造に加担したぴーの都合により、このマシンはジョセフが所有者となっている。なお、ぴーに強奪された666の予備パーツが装備され、現在は実質的に「ガルム改」となっている。
パラディン
とある世界の転生者から入手した技術を転用して作り上げた、装甲バイクからロボットに変形する可変マシン。複数存在が確認されており、アマンダも自分専用機を所持している。
アポカリプスナイツ
ツヴェルフが開発した、オーバーテクノロジーてんこ盛りの3機セットの戦闘兵器。但し、余りにもオーバーテクノロジーてんこ盛りし過ぎた為、常人は搭乗不可となっている。
666(トリプルシックス)
強化されたジョセフの為にツヴェルフが開発した、ガルムの後継トンデモバイク。間抜けな事に、ぴーに奪われてしまっている。なお、独創的飛行形態からとある世界の転生者の技術協力が示唆されている。


うるさいうるさいうるさい! 「ブラスレイター」は、か、書きかけなんだから! 討滅されたくなかったら、さっさと書きなさいよ!べ、別に無理しなくていいけど…… (Portal:スタブ)

メディアミックス
アニメ

ゴンゾとの共同制作の形で、2008年4月から独立UHF系及びAT-Xで2クール(全24話)の構成で放送された。上記の様に、優秀なスタッフ陣の協力もあり、ゴンゾ名物・不評の声は少ない様である。

因みに、主題歌はOP・ED共に好評を博しており、特に谷山紀章が熱唱する前期OP・『デタラメな残像』は人気が高く、「何で後期から栗の子に変更なんだよっ!」と不満を述べる御仁も少なくない。
コミック版

2008年1月号より、数多くの伝説を作り出した月刊誌チャンピオンREDから、『BLASSREITER -genetic-』(ブラスレイター・ジェネティック)のタイトルで連載開始。なお、チャンピオン系のお約束・『原作とは別物のコミカライズ』[16]は忠実に実行しており、一部では好評を博している。
ライトノベル版

2008年7月に『ブラスレイター ?ジャッジメント?』のタイトルで、角川スニーカー文庫から発売。なお、作者の名前が前歴不明な事から一時期偽名説が有力視され、その正体として小林女史の知人等の名前が挙げられていたが、どうやら本当に新人だった模様である。
脚注^ 実は、主人公の中の人の代表作・電磁戦隊メガレンジャーにも、脚本家として参加していたりする。
^ 実は、幼少時の中の人三瓶由布子だとか……。
^ 事実、第三話にてビッチ(仮名)の邸宅でヘルマンの前でゲルトの事を「バケモノ」呼ばわりしたが、何故かヘルマンは怒ったりはしなかった。
^ 黄泉帰りを果たした直後から、部分的な記憶喪失状態に陥りウォルフの謀略に加担。
^ 少なくとも意図的では無かった様だが…。
^ 娘達の為に主要な臓器のいくつかを献体した為。
^ 広島県民でツヴェルフに入ったのは家族の為の莫大な資金と、同組織の内偵の為。
56ba ^ チーフライターの関係上、意図的にそうしなかったのだと思われるが…!?
^ 茶山莉子に非ず。
^ 西園寺世界……もといジル・ホフマンと言うちゃんとした名前がある。
^ 但し、融合体に変化する直前に見た幻覚がゲルトの顔だった事や、第一話冒頭でゲルトに「逃げろ!」と言っている事から、その良心の呵責分だけビッチ(仮名)よりかはマシな変化を遂げられたものだと推察出来る。結局前述のような運命を辿ってしまったが……(´・ω・) カワイソス
^ その為、「前世はジュリエットで無いか?」と述べる者もいる。
^ 但し、これに関しては彼女にも充分責任があり、単なる内部攪乱の為の捨て駒として認識していたヘルマンが結局比較的位階の高いブラスレイターに変化した事、そしてアポカリプスナイツの戦力の高さを若干軽視していた事等々、決してウォルフの所為だけであるとは言い切れない向きもある。
^ 所謂、裏設定と言う奴であろう。
^ 物語途中(登場は第10話)から3班が登場。
^ 実際は外伝要素が強く、スクライド程の別物状態では無い。

関連項目

エクストリームスポーツ

チャンピオンRED - 当作品の漫画版を連載するヘンタイ月刊誌

仮面ライダー龍騎 - 当作品の雛形1号

バッカーノ! - 当作品の雛形2号

ストライクウィッチーズ - 当作品の提携作品?

超時空シンデレラ☆ランカちゃん - 監督の朋友が同時期に制作した作品。

斬魔大聖デモンベイン - テレビアニメ化されたニトロプラス作品1号

CHAOS;HEAD - テレビアニメ化されたニトロプラス作品2号

Phantom ?Requiem for the Phantom? - テレビアニメ化されたニトロプラス作品3号

魔法少女まどか☆マギカ - 当作品の続編


更新日時:2018年4月30日(月)09:48
取得日時:2020/07/07 07:16


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:50 KB
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef