ブックオフ
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…背後に中国が関与[編集]実はブックオフの背後には、自国のアニメ漫画産業を振興させたい中国政府が関与しているという調査結果がソース不明で流れている。

90年代前半以降、中国ではアニメーション製作や漫画産業が少しづつ盛んになってきており、日本に輸出したり、アニメを中国国内のプロパガンダに利用する上で重要な存在になってきている。しかし、まだまだ日本のアニメ・漫画には質の面で及ばないため、若干苦戦している部分もある。そこで、この組織を利用し、日本の出版業界に打撃を与え、日本のアニメ・漫画産業に大きく打撃を与え、目の上のたんこぶを排除することができれば、自国の漫画アニメ産業がより盛んになる。このような考え方に基づき、中国政府は極秘にブックオフに多額の資金を提供している。…これが調査結果から導かれる真実だ。信じるかどうかは自由だが[1]

それともあれですか、「出版業界が新古書店を潰したいために流したデマではないか」と疑うあなたは、アンサイクロペディア暗黙の了解に適応できない、「出典元が明記されてないと信用できない」というウィキペディア自称専門家ですか?
日本出版界の逆襲

このように、中国の陰謀により着々と勢力を拡大してきたブックオフだったが、日本出版界も当然ながら手をこまねいているだけではなかった。2009年5月13日、日本出版界において大きな利権を持つ大日本印刷が大株主二社からブックオフの株式を買い上げ、小学館講談社集英社の三大出版社に分け与えたのである。

しかし、この対抗策は不発に終わる可能性が高い。中国はこのような敵対的買収を想定し、敢えてブックオフを東京証券取引所に上場させていたのである。上場企業の条件として、一定基準以上の大株主が存在してはならないというのがあるが、その点を逆手に取り、息の掛かった小口株主たちに株を買い取らせていたのである。もちろん、この事実を信じるか信じないかはあなた次第である。

結局、大手出版社各社が保有できたのは4.3パーセント弱であり、三社合わせてもブックオフに対する発言力を確保できなかったのである。
注釈^ なお、以上の事はアンサイクロペディアが世界800の都市に派遣している特派員のうちの1人が、信頼できる情報筋から入手した正確な情報であるという。詳細を記すと抹殺されてしまうことから詳しく書くことは出来ないが、疑う者は検閲により削除される。

関連項目

新古書店

本屋

TSUTAYA

山本昌

株式会社ブックオフは資本金が不足しています。
増資をしていただける投資家の方を募集しています。
(Portal:スタブ)


更新日時:2019年4月8日(月)13:15
取得日時:2019/07/17 13:20


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:13 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef