フロイト
[Uncyclopedia|▼Menu]

どくいり きけん よんだら しぬで
この記事には毒が含まれており、読むことで不快感に襲われる場合があります。
スーパーフロイト(この写真は彼が宇宙よりやって来た人間である事の証明である)

ジークムント・フロイト(Sigmund Freud、1856年5月6日 - 1939年9月23日)とは、20世紀最大のオーストリア生まれのドイツユダヤ系の性犯罪者偉大なる総統である。現代心理学の父であるとともに、人間心理の≪全て≫を男根に追い求めた偏狭者である。フロイトは常に男性の(特に少年の)下半身から離れられなかったが、その晩年その思想を肛門と広がりをみせるものの、彼が作り上げた学問体系は自己の抑圧されたショタコン傾向から逃れることはできず、イギリスに逃げてしまった。「フロイト先生も爆笑だぜ!」
? フロイト について、キョン
フロイト思想

彼の思想の最大の特徴は人類は皆母親とセックスする(エディプス・コンプレックス)というものであり、多くの人がその考えに共感した。彼は、「陰茎=心」という内容のリビドーの学説を唱えた。彼には多くの子供がいたが、実験として全ての子供を性的に虐待した。

もともとは彼もロリコンであったが、世界的なロリコンの権威であった、ウラジーミル・ナボコフが彼の事を「ウィーンの藪医者」と呼んだため、報復として世界から追放し命を狙った。ナボコフの思想書物は発禁処分とされ、児童ポルノ法という法律が制定され、21世紀に入る前に児童ポルノは全滅した。

彼は幼児性欲としてSM、覗き、露出、同性愛などを幼児・児童に推奨させた。また、肛門に性感帯が存在し、アナルセックスで感じる事を証明した(肛門期)。また、口にも性感帯がある事を発見しオーラルセックスで感じる事を証明した(口唇期)。これらの発見は後にアダルトビデオ業界によって引き継がれていく事になる。

その考えに対して、友人のアルフレッド・アドラーは呆れて逃げ出してしまい、弟子のカール・グスタフ・ユングさえもフロイトに嫌気がさしたと言われている。
他の発見

さらに、彼の考えはの領域にまで到達した。彼は催眠術により女性とセックスする事が出来る事を発見した。これにより、多くの精神分析医が来た女性を催眠により操りセックスを行うことが可能となり、多く問題視されている。エロゲー業界に一大旋風を巻き起こした。

さらに、彼は性的エネルギーのその壮大なる力を証明した。彼の弟子のヴィルヘルム・ライヒは性的なエネルギー(オルゴン)によりUFOを撃墜し、世界に大洪水を引き起こした。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ジークムント・フロイト」の項目を執筆しています。ジークムント・フロイトが放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/学者」へ収録されています。

心理学

カール・グスタフ・ユング - 彼の弟子

アルフレッド・アドラー - 彼の友人の一人

メタルギアソリッド



更新日時:2017年7月3日(月)21:28
取得日時:2020/03/26 11:24


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5596 Bytes
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef