ファーストフード
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ファーストフード」の項目を執筆しています。

ファーストフード(ぶたのえさ)とは、家畜のエサの一種である。
目次

1 概説

2 入手方法

3 ファーストフードによる家畜への健康被害

4 関連項目

概説 ファーストフードを食す直前のヒト。

家畜には色々な種類がいるが、ファーストフードはヒトしか食べない。にも与えても効果はあるが、肉を含んでいるため、畜主を襲う可能性がある。よって、雑食であるヒトに与えるのが最も理にかなっている。非常に高カロリーで、一般的なヒトに与えると3日はエサを与えなくても問題は無い。しかし、一部の種、例えばニート種やヒッキー種などにファストフードを与えると、糖尿病などの成人病を引き起こす、肉用で無い種なのに肉用のような肥り方をする。など、出荷に問題が生まれてしまう。また、一般的なロウドウチュー種に与えるのも気をつけなければいけない。過剰に与えると糖尿病で早死にをする可能性がある。

ファーストフードは、10歳台のヒト種に与えるのが最も適当である。10歳台はファーストフードを良く好み、群れているヒトに与えると一斉に鳴き声を上げながら手に持って食べ始める。時折、喧しいほどの鳴き声を上げながら食べる場合があるが、これは本能的な行動の一種であるため、一度止めさせても数分後にはまた鳴き声を上げ始める。もし余りにも大きい鳴き声を上げ、近くのヒトに被害を及ぼすならば、保健所職員に相談しなければならない。保健所に収容してくれる。
入手方法

ヒトのエサは、他の家畜と違い専門店に行かなければ入手できないが、それはファーストフードも例外では無い。以下に主な入手方法を羅列する。
専門店で入手する
これが主な入手方法である。大手は
マクドナルドKFCなどの外資系が主であるが、スシロー、あじさい茶屋など、日本企業も存在する。専門店には大抵、専用のエサやりスペースが設けてある。もちろん持ち帰りも可能であるが、ファストフードは腐るスピードもファストなので、その場で食べさせるのがベター。
出前
これは気をつけなければいけない方法である。一般的なロウドウチュー種に与えるのは問題ないが、ニート種には決して与えてはいけない。畜舎から出てこなくなり、ヒッキー種のような行動をしてしまうと言われている。大手はドミノピザ、ピザハットなど、外資系で占めている。
ファーストフードによる家畜への健康被害 アメリカではヒトの肥大化が問題になっている。

ファーストフードはヒトに対し、高い栄養価を与える。しかしその高い栄養価を与え続けていた為に、自らがファーストフードの一種のような体に変貌する事が報告されている。特にアメリカでは、与え続けていた結果通常の種の4倍ほどの大きさに肥大した種が増え続け、出荷できない状態が続いている。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ファーストフード」の項目を執筆しています。

デブ

スーパーサイズ・ミー

アメリカ料理

生活習慣病

ドライブスルー

脂質大量放出宣言


更新日時:2013年11月19日(火)15:48
取得日時:2018/07/13 15:02


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6370 Bytes
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE