ファッションモデル
ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[Uncyclopedia|▼Menu]
ファッションモデルには、どんな衣服でも着こなす抜群のセンスとスタイルの良さが求められる

ファッションモデル (fashion model) とは、「ファッションブランドの衣服や装飾品を身に付け、ブランドのイメージとして広告やファッション雑誌の被写体、あるいはファッションショーなどに出演することを職業としているモデル」というのが建前だが、本音ではファッションの出来の悪さを隠蔽するのも大事な職業である。
目次

1 概要

2 異人種登用

3 西洋では

4 関連項目

概要

ファッションモデルは、その商品の看板となるにふさわしいビジュアルを持った人物でなければならないため、それに適合しない不細工な者はどこかの美容整形大国でなくても身体(特に顔)に大規模な補修工事を施さなければならない。「格好良い、美しい、その人のようになりたい」と見た者に対してそう思わせ、そのモデルのスタイルを真似したくなり、そのモデルが着ている無駄に値段の高い服や靴を買いたくなるような、そういう魔力を持った人物だけがファッションモデルになることができる。

しかし、「ファッションモデルの真似をしたというのに、ちっとも美形にならない」という読者の不満は絶対に絶えることがないだろう。そのため、非西洋諸国では以下のような必殺の対策が施されている。
異人種登用

中国台湾,韓国や日本といった極東諸国では「憧れ」や「美の象徴」が欧米人(金髪碧眼で細身長身の白人)であるため、ファッションブランドの広告や雑誌の表紙を飾るモデルは白人であることが非常に多い。また、下着モデル(lingerie model)については「女性向け下着の通販カタログ等での着用写真には白人女性が起用されることが多い」という一般論[[1]]もある。白人にどういう訳か下着姿を禁じている新聞で、堂々とこうした下着写真が公開されており、白人男性が提示する世界観に対する抵抗意識を読み取ることができる。

さらに、ブライダルモデルも「真っ白なドレス+白人」が定番であり、アクセサリーやコスメのモデルも同様である。美しい白人が身に付けると、例え100均のおもちゃのジュエリーでも高級でエレガントに見え、いくら高価でも手に入れたくなってしまうのは、日本人が「白人コンプレックス」という名の快感と禁断症状を伴う中毒性の依存症に侵されているからである。

また、日本人女性がファッション雑誌で白人モデルを真似るねらいは「そのコーデが失敗であっても私のせいじゃない。なぜならば、モデルが自分と全然違う人だから(異次元の生物だから)。」みたいな屁理屈、いわゆる「保険」的なネタにする目的が多々にあり、そのことによって旦那の給料の無駄遣いを正当化できるため、白人モデルは買い物依存症の女性らの「神」になり得る。自分が真似ようとするファッションのモデルは、自分に似た人物であるよりも、自分に全く似ていない遠い世界の人物である方が都合が良い、そのような消費者(出費)が圧倒的多数である。そのことが東アジアのファッション雑誌に本来無縁のはずの白人モデルが多用されている要因の一つとなっている。

ちなみに、その傾向は女性に限った話ではない。男性でも同じことが当てはまる。しかし、男性の方はそれほど気にしていないということはなく、今日も西洋人固有の風俗たる背広に身を包んで白人の衣装を眺めている。
西洋では

西洋では、対照的に人口面で圧倒的多数である白人のために、人種差別という批判などどこ吹く風と白人がモデルを務めることが多い。参考出典「jezebel」  ⇒[2]

そのため、「ファッションモデルと同じものを着ているのに同じ美貌にならないのは商品詐欺だ。損害賠償だ」という訴訟が続発している。アジア諸国の関係者はその教訓に学び、これからも白人モデルの登用を進めるべきである。モンゴロイドにその役をさせたら、同じ訴訟に巻き込まれることだろう。

西洋は今こそ東洋の知恵に学んで、非白人モデル 4b92 にファッション雑誌の主役を譲り渡すべきである。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ファッションモデル」の項目を執筆しています。

ファッション

拒食症

欧米

白人

白人コンプレックス


この項目「ファッションモデル」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。 ⇒より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2016年5月11日(水)09:39
取得日時:2017/05/26 10:36


ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:7119 Bytes
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE