パブロフの犬
[Uncyclopedia|▼Menu]

この項目では、「パブロフの犬」について記述しています。「パブロフのメス犬」については「パブロフのメス犬」をご覧下さい。

パブロフの犬とは、人間女性を見てヨダレを垂らす、かなりタチの悪いド変態イヌである。ロシア人生物学者、イワン・パブロフが発見した。
目次

1 生態

2 世界四大文明との関連

3 目撃例

4 関連項目

生態

パブロフの犬は、主に人間が出歩く舗装された路上を徘徊し、ミニスカートをはいたOLや制服姿の女子校生を見つけては、ニヒヒ…といういやらしい鳴き声と共に、ヨダレを垂らす。これはニヒヒ…と鳴いた際に目が垂れ下がると同時に口元が弛緩し、そこからヨダレが漏れ出すためと考えられている。一説にはこのヨダレにより湖や川ができることもあるともいわれており、現存するいくつかの地形についてその可能性が指摘されている(中国江沢民など)。なお、上記のような変態的性質から、日本の芸能界に生息が確認されている「志村犬」も、このパブロフの犬の近縁ではないかといわれている。
世界四大文明との関連

上記のように、女性の脚を見たときに分泌されるヨダレにより湖や川ができるという理論をさらに発展させたものとして、パブロフの犬は世界四大文明の発祥に関係があるのではないかという説がある。つまり、四大文明発祥の地を流域とする、ナイル川、ティグリス・ユーフラテス川、インダス川、黄河・長江はパブロフの犬のヨダレが作ったのではないかということである。さらに世界中の神話に見られる世界大洪水の伝説は、パブロフの犬を表したものではないかといわれ、多くの考古学者が真剣に研究している。ただしこの説が正しいとすれば、川ができる前に人間の女性がいなければならないということになり、女が先か、犬が先かという、「鳥と卵」のような議論がなされている。
目撃例

イヌにベルの音を聞かせてから餌をあたえていると、やがてベルの音を聞くだけで、犬に餌をあたえたくなってしまう。

この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目

イワン・パブロフ

ライカ犬

シュレーディンガーの犬

シュレーディンガーの猫

3f3b 忠犬ハチ公

平賀才人

この記事「パブロフの犬」は病気にかかっています。
どうかこのかわいそうな記事が早く治るように、治療をしてあげてください。
お願いします。 (Portal:スタブ)


更新日時:2013年6月6日(木)20:04
取得日時:2019/07/08 02:39


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5035 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef