バールのようなもの
[Uncyclopedia|▼Menu]

秀逸になりたがっている記事この記事は秀逸な記事になりたがってるよ。だけど今のままだと秀逸な記事になれないみたい。秀逸にするため誰か助けてあげてくださいね。お願いしましたよ。

バールのようなものとは、住居のようなものや金庫のようなものの扉のようなものを誰にも見つからずに開けることができるような道具のようなものである。
目次

1 概要のようなもの

2 用途のようなもの

3 機構のようなもの

4 バールとの関連があるようなもの

5 伝承のようなもの

6 脚注のようなもの

7 関連項目のようなもの

8 おまけのようなもの

概要のようなもの

バールのようなもので開けられた扉のようなものは全て、まるでバールを使って開けられたかのような痕跡のようなものを残しているが、実際にバールのようなものを使って扉のようなものを開けている様子のようなものがはっきりと目撃された例のようなものは報告されていないようである。従って、このバールのようなものには誰にも見つからないような何らかの機能のようなものが付与されているように考えられているようである。なお、当初バールのようなものが使用されたようだという誤った判断のようなものが下されたようであるが、後になって実は別の道具のようなもの(例えばバールなど)が使われたことが判明することもある。バールのようなものの起源のようなものは、今現在でおそらくではあるが、MIT卒の某研究所のようなところに所属する理論物理学者のような者F氏が自分の手足のようなものの如くこよなく愛用したようなことが始まりのようなものではないかと思われるようだ。真珠のようなもののことではないので宝石店のようなところに行っても売っていない。

追加事項のようなものとして人のようなものを殴るような時にも使えるとでも書いておk(ボカッ、バキッのような音)      そんなことは確認されていない
用途のようなもの

扉のようなものをこじ開ける。その際、あたかもバールで付けたかのような跡が付くのが特徴。

木箱のようなものを破壊する。その際、あたかもバールで付けたかのような跡が付くのが特徴。

ATMのようなものをこじ開ける。その際、あたかも金銭目的の犯行であるかのような跡が付くのが特徴。

人のようなものを殴る。その際、あたかもバールで殴ったかのような跡が付くのが特徴。

宇宙人のようなものを殴る。その際、あたかもバールで殴ったかのような跡が付くのが特徴とされるが、殴られた宇宙人自体が未確認の存在である。

エアコンのようなもののスイッチを入れる。その際、あたかもバールでエアコンを破壊してるようにしか見えないのが特徴。

釘のようなものを抜く釘を抜くのはバールであるが、釘のようなものを抜くのはバールのようなものである。

レーザーサイトのようなものを取り付ける。

宇宙人のようなものに殴られる。

ガッポイ

ゾンビのようなものを殴るその際、あたかも生き残る為に仕方なく殴ったような跡が残るのが特徴。

実装石のようなものを虐殺する

斬鉄剣

彼氏のようなものを殴る(撲殺)その際、あたかも(殴った方が)ヤンデレのように見えるのが特徴。

絶体絶命なときに、様々な意味で使用する。バールのようなものであればなんでもいいらしい。

イタリアに16万軒以上存在するバールのようなものだと、カフェを楽しめるらしい。

中西学にニードロップ

なつみ

阪神タイガース→バース→(藁)

暴れ狂った腐乱がおぜうさまの豆腐にめり込ませる。

この時、サー銭と言っておけばいいらしい。

機構のようなもの

誰にも見つからない機能については研究者たちによって以下のような機構が提唱されているが、未だ確認されていない。
消失
扉のようなものを開けた後に自らを融解または蒸発させることによって消失させる。例えば材料として
のようなものを用いる方法や、スパイ活動に多用される自動的に消滅するテープのようなものと同じ機構を提唱する研究者もある。但し、液体や蒸気のようなものという痕跡が残されることが予測されるにもかかわらず、そのような痕跡が検出された例はない。また、使用中の様子を見られないことは、これのみでは説明が付かない。
記憶操作
発見者のような者の記憶のようなものを操作して目撃されたことを隠蔽する。過激な方法として発見者のような者を死に至らしめる機能のようなものを提唱する研究者もある。但し、使用者のような者がどのようにしてこの機能のようなものから身を守っているのかなど解明すべき点のようなものは残されている。
ステルス迷彩
ある一定時間使用者のような者が現れな場合、自らを米軍・ロシア軍・東京大学の研究者(金子勇氏)のような者の共同開発による光学迷彩のようなものによって隠滅する方法。まだ、世界的に知られていない隠滅方法なので警察のような者も容易に発見することはできないとされる。実はバアルのようなものである可能性も懸念されており、そうであった場合は普通に姿を消す能力を持つのでなおの事発見は困難になる。
バールとの関連があるようなもの

呼称が類似しているため誤解されやすいが、バールとバールのようなものとは別のものである。なお、バールはマスメディアのようなものに登場することはほとんどなく(まれに金、銀、バール一緒にプレゼントされることもある)一部では既に絶滅しているようなものと見られる。同じような環境で生息するバールのようなものが、その旺盛な繁殖力のようなもので勢力のようなものを拡大したためと推定されている。バールは環境省の「レッドデータブック」で「絶滅器具種」に指定されており、バールのようなものは「外来種規制法」のようなものによる規制のようなものの対象とすることが検討されている。因みに、バールのようなものは、90年代初頭は、『コジアケール』などの商品名で、ホームセンターなどでインドホシガメやガラパゴスリクガメと並んで販売されていることもあったが、現在では、上のような事情から限られた少数の業者のような者しか取り扱わなくなったため、入手は困難である。安堂なつみ[1]も使った事があるらしい。プロレスラーのグレート・ムタが膝にバールのようなものを忍ばせ、中西学にニードロップを食らわせた事がある。
伝承のようなもの

バールのようなものは太古の昔より存在していたようで、伝承の中にもその名が登場する。

レメゲトン 第1部ゴエティア 序列1 バアルのようなもの

東方を支配する魔王のような者の一番の配下にして序列1の大悪魔のような者として表される。剣術の達人のような者であり、力と全てを見通す知のようなもの、そして姿を透明にする能力のようなものを授けると記載されており、特徴がバールのようなものに酷似していることから、バールのようなものとは同一の物であると見られる。
脚注のようなもの^なつみSTEP!を参照

関連項目のようなものナニモノかがウィキペディアに「バールのようなもの」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨の暗躍により削除されてしまいました。ウィキペディアではこの項目「バールのようなもの」は曖昧さ回避になっています。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「バールのようなもの」の項目を執筆しています。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「バール」の項目を執筆しています。この記事「バールのようなもの」は何故かアンディクショナリーにも項目がありダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。この記事「バールのようなもの」は何故か「のようなもの」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。この記事「バールのようなもの」は何故か「パールのようなもの」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

…のようなもの

ゲバ棒

パールのようなもの

バースのようなもの

パンツのようなもの

刃物のようなもの

鈍器のようなもの

ハニリイトのようなもの

小麦粉のようなもの

キャベツのようなもの

アンサイクロペディアのようなもの

共同宣言みたいなもの

清水義範

イシュヴァール

FPS症候群

ゴードン・フリーマン

這いよれ! ニャル子さん

バエル

ベルゼブブ

自動車のようなもの

おまけのようなもの

おう“バール”持って来い。

更新日時:2019年9月24日(火)20:47
取得日時:2019/11/27 09:06


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:14 KB
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef