バンプ
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「バンプ」の項目を執筆しています。

バンプ(Bump)とは、プロレス用語の一つで「受け身の事」或いは「相手の技を受ける事」である。
概要

プロレスと呼ばれるスポーツは他の格闘技とは異なり、「相手の全てを受け止めて、屈服させる」というのが最強の証明であると信じられており、またそれを実践するレスラーも多い。この為に組体操と揶揄される事もあるが、このバンプの巧さが即ち強さの証である、として断言しても過言ではない。

実際、どれだけ痛めつけても立ち上がってくる敵というものは恐怖であり(例えばホラー映画などで登場するゾンビなどの「生ける屍」と言われるようなものも、同様の恐怖を煽っている)、これにより相手の心までをも折ってしまう事で、二度と立ち向かう気力を起こさせない事が出来るわけである。
FAQ

なぜプロレスの人って相手の技をわざわざ喰らっているの?
この疑問はプロレスに対して無知であり
ナンセンスです。そのような人はまず心にバンプを養うよう努める事を勧めます。

なぜプロレスの人って最初から必殺技を出さないの?
必殺技を最初から繰り出し、相手がKOされてくれなきゃ必殺と言えないのではないか?という逆質問をもって回答とします。

プロレスって本当は手抜きしてるんじゃないの?
単純におとーちゃんから拳骨、おかーちゃんから張り手を喰らっただけでも相当に痛いです。それを思いだして下さい。アムロでなければ解るはずです。

なぜプロレスの人って丸っこいの?
相撲取りと一緒です。若手は痩せてたりする訳で、動ける状態のままで太ろうとすると、なかなか簡単でもないようです。

鳥、特にニワトリとは関係ないのですか?
関連項目を参照下さい。大いに関係あるように見えて、あまり関係ないかもしれませんが、それは扉の向こうの話です。

ウィキペディアではそのニワトリの方の紹介だったけれども、なぜこちらは単独記事なんですか?
それはあちらの方針とは全く関係ないからです。高級フランス料理の店で純和風の懐石料理を期待するようなもので、無意味な期待はしない方がいいです。

ところで、バンプを鍛えると良いことがありますか?
プロレスラーと言われる人達がテレビに映る時、簡単に挑発に乗ったりして一見すると煽り耐性が非常に乏しい人に見えたりしますが、本当はとても穏やかで礼儀正しい人ばかりです。煽り耐性に強くなるどころか、煽った相手も巻き込んで新たなパフォーマンスが出来るようになったりするので、とてもユーモア溢れる人間になれると思います。

他に、バンプが素晴らしい人達って居ませんか?
欽ちゃんファミリーと言われる人達がそれです。彼らは何かを振られたら必ず返すように教育されており、そのバンプ力は松本人志も認めています。
関連項目

BUMP OF CHICKEN

プロレス

この項目「バンプ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2012年10月25日(木)19:07
取得日時:2021/01/14 18:03


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:4132 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef