バンコク
[Uncyclopedia|▼Menu]

この記事の正式名称は「クルンテープマハーナコーンコーシンマヒンタラーユッタヤーマハーディロックポップノッパラッタナラーチャターニーブリーロムウドムラーチャニウェートマハーサターンアモーンピマーンアワターンサティットサッカティッテイヤウィサヌカムプラシット」です。
しかし、こんなの覚えられる訳がないので記事名が「バンコク」になっています。





ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「バンコク」の項目を執筆しています。放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「 ⇒バンコク」の項目を執筆しています。


クルンテープマハーナコーンコーシンマヒンタラーユッタヤーマハーディロックポップノッパラッタナラーチャターニーブリーロムウドムラーチャニウェートマハーサターンアモーンピマーンアワターンサティットサッカティッテイヤウィサヌカムプラシット(????????????? ??????????????? ??????????????????? ????????? ??????????????? ?????????????? ??????? ???????? ????????? ???????????? ??????????????????)とはタイ首都 クルンテープマハーナコーンコーシンマヒンタラーユッタヤーマハーディロックポップノッパラッタナラーチャターニーブリーロムウドムラーチャニウェートマハーサターンアモーンピマーンアワターンサティットサッカティッテイヤウィサヌカムプラシットの夜景「しかし、我に劣らぬ長さの名前である…」
? クルンテープマハーナコーンコーシンマヒンタラーユッタヤーマハーディロックポップノッパラッタナラーチャターニーブリーロムウドムラーチャニウェートマハーサターンアモーンピマーンアワターンサティットサッカティッテイヤウィサヌカムプラシット について、ひよこ陛下「クルンテープマハーナコーンコーシンマヒンタラー…… ど、どこまで読んだか分からなくなっちゃったじゃないの!」
? クルンテープマハーナコーンコーシンマヒンタラーユッタヤーマハーディロックポップノッパラッタナラーチャターニーブリーロムウドムラーチャニウェートマハーサターンアモーンピマーンアワターンサティットサッカティッテイヤウィサヌカムプラシット について、ツンデレ
目次

1 名称について

2 正式名称の覚え方

3 国民性

4 クーデター

5 観光スポット

名称について 苦情殺到

1782年に「パンにはやっぱマーガリンでしょ」と断言する当時の王様ラーマ一世の命名でこの地の名前が

クルンテープマハーナコーンコーシンマヒンタラーユッタヤーマハーディロックポップノッパラッタナラーチャターニーブリーロムウドムラーチャニウェートマハーサターンアモーンピマーンアワターンサティットサッカティッテイヤウィサヌカムプラシット

となった。ちなみに日本語に訳すと

イン神(停車句点)がウィッサヌカム神(美酒ぬかるマシン)に命じてお作りになった、神が権化としてお住みになる、多くの対給田を持ち、臼砲のように楽しい王の都、最高・偉大な地、イン神の戦争のない平和な、イン神の不滅の宝石のような、偉大な展翅の都。

になる。なお、世界中の人々から「長すぎる」と苦情殺到のため

クルンテープマハーナコーン (?????????????)

と、公式略称がタイ政府から発表されているが「それでも長ぇよ」と思われて一般的には

バンコク(英:Bangkok)

のほうが世界的に通用する。ちなみに、この都市の名前を聞いた江戸時代の落語家三遊亭圓朝師匠が、かの有名な

寿限無 寿限無 五劫の擦り切れ 海砂利水魚の 水行末 雲来末 風来末 食う寝る処に住む処 やぶら小路の藪柑子 パイポパイポ パイポのシューリンガン シューリンガンのグーリンダイ グーリンダイのポンポコピーのポンポコナーの長久命の長助

と、いう小噺を編み出したことはあまり知られていない。参考文献民明書房「江戸時代の庶民の風俗」より
正式名称の覚え方

正式名称、クルンテープマハーナコーン ボーウォーンラッタナコーシン マヒンタラーユッタヤーマハーディロック ポップノッパラット ラーチャターニーブリーロム ウドムラーチャニウェート マハーサターン アモーンピマーン アワターンサティット サッカタッティヤウィッサヌカムプラシットを覚えたい方のために次のように覚えてください。
包んでテープ、花コーン 某ウォン(も)らったな後進、魔品鱈足らぁ結ったや尼ハア、泥ロック、ポップのっぱらっとぉ、ラー茶担任部李色む、うどんらあっちゃに上(うえ)江藤、マッハ浅田案、あ もうお馬安、泡田案サティ行っと、作家立って嫌ういっさ抜かんプラ嫉妬
-以上-
国民性

東南アジア人特有の非常に温和な性格な人々が多く住む国。2008年頃に起こった、首相はタクシンかソムチャーイ、のどちらか相応しいかで争っていたクーデター期の頃、シーロムにあるデパートではパナソニックが主催する日本祭りが開催されていた。また、バッポンやナナプラザと言った歓楽街があるサラデーン駅近郊では日本から出張で来ているであろう脂ぎったおじさん達がゴーゴーバーやカラオケからタイの女の子達を引き連れて、「さばーい、くんすぅをうぇいちゃーん」、と呪文の様に唱えながら夜の繁華街から次々と消えていく。客引きのお兄さん達も「オンナ、オンナ。カワイイコ タクサーン」、と道行く人々全てに話しかけていたりと全く国政など気にしていない様子である。

同時に、王宮の近くに所在するカオサンでは西洋人達が酒を飲んでどんちゃん騒ぎを起こしている。

タイでもケンチャナヨの精神が旺盛であると言っても過言ではない。

また、タイ王国全体ではどうかは定かではないが、クルンテープマハーナコーンコーシンマヒンタラーユッタヤーマハーディロックポップノッパラッタナラーチャターニーブリーロムウドムラーチャニウェートマハーサターンアモーンピマーンアワターンサティットサッカティッテイヤウィサヌカムプラシットに住むタイ人女性の下着はセクシーな黒色がデフォらしい。 スクンビットと言う東京の丸の内や日本橋の様なサラリーマンの聖地である会社の沢山ある場所の一角にはデカイ公園がある。そこには砂場や滑り台と言った遊具が設置されており、タイの幼い男子や幼女達がいつも楽しそうに遊んでいる。警戒心の全くないスカートを履いた幼女はいつもパンツを見せながら滑り台の階段を登ったり、ブランコをこいだりして遊んでいるが、そういった幼女でさえも明らかにブルマを履いているのではなく黒いパンツを履いている。ソープランドで働いている女性達を始め、クルンテープマハーナコーンコーシンマヒンタラーユッタヤーマハーディロックポップノッパラッタナラーチャターニーブリーロムウドムラーチャニウェートマハーサターンアモーンピマーンアワターンサティットサッカティッテイヤウィサヌカムプラシットの女性のパンツの色は黒が当たり前らしい。

カンボジア人からは、「つい1000年ほど前に中国から移り住んできた華僑達のくせになんで歴史のあるカンボジアよりも有名になってるんだよ。生意気な…」、と陰口を言われている。
クーデター 緊張感0

タイ政府は国民の生活にアクセントを付けるため平均三年に一回、陸軍の協力の下クーデターを開催している。しかし日本津波警報程度の扱いなので戒厳令が敷かれても国民には緊張感は無く、クーデターとは関係のないスクムウィットに住んでいる日本人に至ってはまたやってるのかと日本のニュースで知るくらいであるただ学校が臨時休校になってくれるので日本人学校2500人の児童・生徒はクーデターが起きるたびに歓喜する。首都であるクルンテープマハーナコーンコーシンマヒンタラーユッタヤーマハーディロックポップノッパラッタナラーチャターニーブリーロムウドムラーチャニウェートマハーサターンアモーンピマーンアワターンサティットサッカティッテイヤウィサヌカムプラシットに戒厳令の取材に来たマスコミに「こんなのクーデターってレベルじゃねーぞ!」と嘆かせている。
観光スポット  この項目にはうふふやアーン♥♥な記述があるのでチェリーな君達が見るとPTAに怒られちゃうよ。 夜な夜な検閲により削除が繰り広げられるパッポン通り

クルンテープマハーナコーンコーシンマヒンタラーユッタヤーマハーディロックポップノッパラッタナラーチャターニーブリーロムウドムラーチャニウェートマハーサターンアモーンピマーンアワターンサティットサッカティッテイヤウィサヌカムプラシットには東南アジア最大の歓楽街がありパッポン通りやシーロム通りといった場所にはうふふな姿のお? 4026 ??ぇさんが踊ってるゴーゴーバーがあり、検閲により削除次第では別料金で店外で検閲により削除ができたりする。市内各地には「マッサジ・パーラー」と呼ばれるソープランドが多数ある。店内には金魚鉢と呼ばれるスペースでうふふな姿のおねぇさんが待機している。指名して検閲により削除と、2時間程度楽しめる。ただし、日本人に対してはボラれる可能性が高いので、事前に価格などの情報を仕入れておくべきである。なお、ボラれたりヤクザに絡まれたりした場合はショーグンことオッチョに助けてもらえるが、ょぅι゙ょと寝たことが判明すると逆に殴られる。

また、新宿二丁目やサンフランシスコと並ぶ世界三大ゲイタウンでもあり、石黒竜也や阿部高和のようなお兄さんやお察し下さいのようなオカマさんが多数生息しているので素人にはお勧めできない。彼らの勢いは、アンサイクロペディアやらないかの項目があるのが日本語版とタイ語版(該当記事)だけであることからもよく窺い知れる。

ムエタイの聖地としても有名であるが、ムエタイを観に行く人は限られている。

更新日時:2018年11月4日(日)14:53
取得日時:2019/09/19 11:36


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:13 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef