ハンバーガー
◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[Uncyclopedia|▼Menu]

独自研究:この記事や節の内容は独自研究であるとする見方もあるようですが、ここアンサイクロペディアで笑いを取るためには自分のアイデアを記事に注ぎ込む事が不可欠です。自己言及的なページにならない程度に我が道を突き進んでみてください。
首脳会談の間でもハンバーガーを食べ続けるオバマ大統領「見ろ!!手が汚れてしまったではないか!!」
? ハンバーガー について、海原雄山「ハン・バー・ガーは、生姜醤油で食べる!!それが決まりなんだっ!!」
? ハンバーガー について、海原雄山「アメリカ人好みのあさましい食べ物だ!」
? ハンバーガー について、海原雄山

ハンバーガーとはアメリカ人が定期的に摂取するサプリメントである。人体に不可欠な糖質、タンパク質、脂質が豊富に含有されている。なお購入時にはコーラフライドポテトの同時摂取を販売員から推奨されることが多い。
目次

1 歴史

2 主な販売場所

3 主なハンバーガー (マック)

4 効能

5 年表

6 栄養

7 関連項目

8 外部リンク

歴史 ハンバーガーちゅぁーん?(ただし、彼はこれを食べきれずに、ハンバーガーと店に対して検閲により削除の一言を吐いて出てった。)

ハンバーガーの歴史は古代エジプトまで遡る。古代エジプトでは、人々が飢饉に襲われて食物がなくなったとき、共食いが盛んになっていた。しかし、人間を生で食うことはあまり気分がよくなかったため、人々は人間をいかに美味しく食べようかと悩んでいた。そのときに開発されたものがケツ毛バーガーである。ケツ毛バーガーは人間のケツにソースやトッピングをするだけで美味しく手軽に召しあがれるため、エジプトでは大人気となった。これがハンバーガーの祖先である。

現在では、ハンバーガー、チーズバーガー、ダブルバーガー、などが主流であるが、てりやきマックバーガー、フィレヲフィッシュ、などの希少種などが発見されている。さらに、クォーターパウンダー・チーズなどの進化系もある。

最近の調査で人語を話すペンギンの仲間にハンバーガーの姿をしたペンギンが発見された。見かけによらず強力である。この強力な力はハンバーガーの栄養で出来ていると思われ、現在も調査が続いている。また、このペンギンはすでにドナルドに洗脳されているので子供向けアニメに出演してハンバーガーをさらに子供に広めようとしている。
主な販売場所

教会王室などで販売。なおKFCモスバーガーロッテリア、ファーストキッチンなどの店もある。教会はこれらを少数派 4003 カルト宗教として迫害している。そのほか、各地には更に少数派の店舗もある。

ゴールデンスキリット - 昔は各地にあったらしいが今は北海道紋別市にのみ存在する(2010年9月末に閉店)。

 但し根室にてゴールデンスキリットフライドチキンなるものを販売している店舗は実在する。

サッテリヤ - 泉こなたが幼少の頃、実父にここでハンバーガーを買ってもらった事があるらしい。彼女の実母同様、今は存在しない。

らりるれろ - 佐賀県長崎県を拠点とするハンバーガーチェーン。何故らりるれろかは謎。

A&W(エーアンドダブリュ) - 琉球王国の国民食。飲むサロンパスことルートビアが名物。東京にも出店していた時期があったらしいが、「沖縄へ帰れ!」と追い出されたらしい。

ウェンディーズ - 金髪おさげのロリータが主に首都圏で売っていたが、2009年12月31日にアメリカへ一時帰国、2011年に再び来日してロリコンを喜ばせた。

KFC - マクドナルドに対抗しようとメニューにハンバーガーがあり、世界中で愛されている。しかし、あれは日本が最初だとかいわれている。

Wcdonalds - 通称はワック(関西圏ではワクド)。不特定多数の漫画・アニメに登場するが、正体は不明。

主なハンバーガー (マック)

筆者はマック以外のハンバーガーをあまり食った事がないため、食った事がある人は是非加筆してもらいたい。
ハンバーガー
名前の通り、元祖ハンバーガーである。中身はいたってシンプルで、肉
(パティというらしい)を主軸に据えた布陣で今日もマックの未来を背負っている。肉以外の中身として、ピクルスが挙げられるが、はっきり言って不人気極まりない。デブでも敬遠する奴がいるくらいである。これにより酸味で味覚が破壊される訳だが、更にケチャップ・マスタード連合軍によって相乗効果を増している。これらの酸味攻撃によって玉ねぎなどの味はかき消される上に、肉の味までも減退させている。かといってこれらを抜きにして食うと、ハンバーガーを食った気分にならない。つまりハンバーガーとは、「あ、あんたなんて私には必要無いんだからねっ!!えっ、行っちゃうの?ちょっと待ちなさいよ!!」というこの世の真理を突いた崇高・神聖なる食品なのである。日本ではこのようなゴミ神聖食品であるにも関わらず、かつては50?60円という、名前の通りのゴミのような値段でお手頃な価格で売られたこともあったが、中学生・小学生らの「昼時ハンバーガー100個買いの乱(詳しくは該当ページを参照)」など、悪用が絶えなかったため、現在では「100円マック党」を設立してマックシェイク・マックポークらと共にメニューの主軸を担っている。また、上位互換親子のような関係にあるチーズバーガー(無論ハンバーガーが親である)とは対立関係にある。理由としては過去にチーズバーガーとハンバーガーは同じ値段で売られたことがあり、当然チーズ抜きのハンバーガーの需要は急落。それまでは子のパワーアップを喜んでいたハンバーガーであるが、これを機に絶縁した。


是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:22 KB
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE