ハルビン・大連間高速鉄道計画
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…建設方法[編集]東を3枚、北を2枚と、1?9まで同じ種類の数牌を1枚ずつ集める。他家からの牌の移転が禁止されている場合もあるが、完成時には大々的に自家の優れた独自技術により建設されたと宣伝してよい。
技術支援

現在、日本の「東」受け入れにつき打診中と報道されている。また、ドイツフランスとも交渉中の模様だが、現地の地理的な問題から、上家のドイツから移転を行うとの観測もある。現在、ドイツは、中国東北部と同様に寒冷地であるロシアの高速鉄道建設に技術支援を行っている。
課題
政治的問題点

植民地時代に大規模な工業化投資がなされ、一方で北朝鮮のように朝鮮戦争更地になったわけではなく、ましてや日本が撤退時に都市を完全破壊する焦土戦術を行ったわけでもなかったが、中国の一地方都市に過ぎない東北地方に新幹線を導入することが投資として適切かどうか議論の対象となる。しかし党上層部が絶対的に必要と主張しており建設に際してのウラガネの配分も終わっているため、反対者は全員銃殺して建設にあたる予定である。

また、ライセンス生産に関して、紫禁城?上海間の東海道新幹線建設の際には、適当に積み上げられた牌を片付けるにあたって先進国各国からかなり有利な条件で技術支援を受けていたが、JR朝鮮海などは技術流出と称して技術支援をボイコットしており、今後同様の事例が広がったり、より不利な契約を強いられる可能性がある。
技術的問題点

世界でも有数の寒冷地に鉄道を通すにあたっては、永久凍土や台車の凍結など様々な問題が予想される。

内モンゴルのハイラル地方などは未だに匪賊やスライム(モンゴル語でボト・ビトなどと呼ばれる)が都市以外のあらゆる場所に出没する未開の地であり、満州も決して治安がよいとはいえない。満鉄で用いられたようなNRAなど警備用武装列車の配備が必要になるともいわれる。

また、一気通貫は大抵が数牌が揃わず片上がりとなるため、単なるツモ混一色役牌のみになるというgdgdな結末を迎えるという予想もある。特に数学的な技術支援を求める際には、支援者が上席につく必要があるため、面子にこだわる中国人がそれを認めるかという問題も生じる。

そもそも中国ルールではドラ命であり、役満は技術的にあがりにくいわりに、あまり高得点にならないのではという指摘もある。
日本での取り扱い

日本人の大半は、一気通貫混一色役牌と呼んでおり、最大で7飜となる。一部の地域では役満貫となるが、ルール上の有り無しによる格差が大きいため、貧困者の多い地区を中心に、ハネ満や倍満として扱うこともある。

近年、東北新幹線にオールグリーン車を設けるとの報道がある。アメリカの技術を使用して建造され、車内には草が生え、緑あふれる安らぎの空間を実現するとのことである。しかし、東や北を河に投棄したうえ、三号車を除く全ての車両を偶数車にする必要があるなど、多大なコストがかかると予想されている。収入も定価ならば大差がないことから、採算を疑問視する声が冷蔵庫などから聞こえてくる。

更新日時:2018年12月20日(木)10:53
取得日時:2020/05/26 23:06


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:7785 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef