ハリウッド
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…スターたち[編集]ハリウッドからは名優や女優、監督といったスターたちが次々と生まれている。倍率数千倍のオーディションを突破したスターたちは一概に「お前たちの寝ている間に、自分がどれだけ努力していたか」を自慢するのが特技である。彼らはその言葉を金科玉条にしつつも、日々バラエティー番組に出演し、その無知ぶりを大衆の前にひけらかして、親しみやすさを拡大する活動に邁進している。

確かに、彼ら彼女らはある程度必死に努力したのだろうが、実際には自分より遥かに努力していたのにスターになれず、銀幕から消えていった役者が自分の前にいたことを知っている。しかし、そうしたライバルや先輩方の血の滲む努力の模様は記憶から消し去り、「彼らは結局何も努力していなかった」ことにするのが蹴落としをもって上等とするスターの世界のお約束である。超のつく例外的存在たるそんな彼らの発言を真に受けるのは避けるべきだ。
世界進出

ハリウッドはアメリカの文化兵器として世界に認識されている。当のアメリカ国内で、「サヨク団体のリベラル・プロパガンダ」「アメリカの公序良俗を絶賛破壊中」といくら非難されても、その地位が揺らぐことはない。

先進国でハリウッドは憧憬とコンプレックスの対象だ。コンプレックスにかかると、一作も観る義務などないのに、ハリウッド映画ばかりを鑑賞して如何にハリウッドがなってないかを腐して自国産の映画を観てもないのにやたらと褒めそやす評論家が誕生する。ハリウッドの大衆人気は高いのだから、一作も観ない方が逆に「みんなとは違う存在」になれるというのに(その程度ではまだまだ無理だけど)。こうした手合いの評論家はフランスで特に多い。そして、ただ中身を楽しんでいるだけの普通の美形から世界大で失笑を買っている。

途上国ではハリウッド映画の海賊版DVDが出回っている。ハリウッドは海外進出する時、最初の内は海賊版を黙認している。貧乏な国で海賊版を本格的に取り締まるのは、お金が逆にかかってしまい、儲からないからだ。そして、進出地が経済発展すると、突如として海賊版を根絶しなさいと厳命するようになり、作品普及に貢献した草の根の貧しい普及員たちを全員著作権の侵害容疑で逮捕しにくる。そして、関係者たちは途上国の民には到底買えない高価なDVDを売りつけて、いかに自分たちの作品が愛されているかを超富裕層の要塞のような豪邸の中で自賛する。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ハリウッド」の項目を執筆しています。

アメリカ

映画

イケメン

スター・ウォーズ

シネコン

反米


更新日時:2018年10月18日(木)04:54
取得日時:2019/09/16 15:31


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:9 KB
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef