ハイブリッド車
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ハイブリッドカー」の項目を執筆しています。

ハイブリッドカーとは、燃費向上のためにガソリンに加えてレアメタルも消費して走る新種のエコカー (?) である。
「ぶぅ?んぶぅんぶぅんぶぅ?????んぶうぅぃいぃぃぃぃぃ????ん」


目次

1 概要

2 メカニズム

3 ハイブリッドカーが出来るまで

4 主な車種

5 関連項目

概要

そもそもハイブリッドカーとは、二つの異なる種類の動力を用いて動く車のことである。現在市販されているハイブリッドカーは、ガソリンエンジンもしくはディーゼルエンジンと電動モーターの二種類で動くものである。ハイブリッドカーが開発された理由は、ミニ四駆好き少年から「自動車にもハイパーダッシュモーターをつけて」というの熱い要望が出たためである。この少年はのちに「こども店長」としてトヨタに雇用される予定だった。現在市販されているハイブリッドカーはガソリンでエンジンを動かし、エンジンで発電した電気は電飾に使い、モーターは単三電池で駆動するが、繰り返し使えるニッカド電池はレアメタルも消費している。以降、ガソリンエンジンと電動モーターの組み合わせのタイプについて記述する。
メカニズム
エンジン
モーターがあるから駆動には使わない。エンジンは電飾にしか使わないので、そこら辺にあるガソリンエンジンをパワーダウン、若しくはそれを補うために排気量をアップさせてまで使用する。
電動モーター
ミニ四駆用モーターを500個使用する。1000本の単三電池でレアメタルを消費しながら走行する。
発電機
エンジンの出力で電気を作る。しかし、重量増加に役立っているから本当なら燃費が悪化しているが、モーターで走るから資源は食うけどなにやらエコっぽい。
単三電池
レアメタルを高騰させ、本来なら燃費悪化に繋がる重量増を引き起こした戦犯。ニッケル水素やリチウムイオンといった最新電池は使わず、ニッカド電池を使うことによって
男らしさを強調している。
ハイブリッドカーが出来るまで

単三電池に使われるニッカドは長野県からタンカーで重油を消費しながら愛知県へ運ばれ、港からトレーラーで軽油を消費しながら単三電池の加工工場へ運ばれ、出来上がった単三電池はまたトレーラーで軽油を消費しながら車の工場へ運ばれる。そして出来上がった車は一般的なガソリン車と同様に大型フェリーで全国各地もしくは全世界の港まで搬送されて、港からディーラーまで車載トラックで運ばれてディーラーで「環境に貢献している俺様カッコイイ」と勘違いしているオーナーの手元に届く。
主な車種[編集 6476 ] 代表車

日産自動車

ティーノ

フーガハイブリッド

シーマ

セレナ S-HYBRID

スカイライン

エクストレイルハイブリッド

ノート e-Power


トヨタ自動車

プリウス

プリウスα

アクア

クラウン

エスティマハイブリッド

ハリアーハイブリッド

アルファードハイブリッド

ヴェルファイアハイブリッド

SAI

カムリ


レクサス

LS600h

GS350h

HS250h

CT200h

RX450h


本田技研工業

インサイト

シビックハイブリッド

CR-Z

フィットハイブリッド

フィットシャトルハイブリッド

フリードハイブリッド

フリードスパイクハイブリッド


関連項目

自動車

エコ替え

エコカー減税

環境

地球温暖化

ハイブリッド思想

電気自動車


この「ハイブリッドカー」は、マイナーチェンジの案が出ています。マイナーチェンジして下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)


更新日時:2017年8月4日(金)14:33
取得日時:2021/03/01 22:02


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:7665 Bytes
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef